初心者におすすめ

移動平均線とForceIndexとCCIになります

移動平均線とForceIndexとCCIになります
一目均衡表の使い方

MT4 最初から入っているインジケーターに何がある??

スクリーンショット 2020-11-25 17.32.44

1. Average Directional Movement Index
2. Bolinger Bands (ボリバン)
3. Envelopes (移動平均線とForceIndexとCCIになります エンベロープ)
4. Ichimoku Kinko Hyo (一目均衡表)
5. Moving Average (移動平均線)移動平均線とForceIndexとCCIになります
6. Parabolic SAR (パラボリック)
7. Standard Deviation (標準偏差)
8. Average True Range (ATR)
9. Bears Power
10. Bulls Power
11. Commodity Channel Index (CCI)
12. DeMarker
13. Force Index
14. MACD
15. Momentum (モメンタム)
16. Moving Average of Oscillator
17. Relative Strength Index (RSI)
18. Relative Vigor Index (RVI)
19. Stochastic Oscillator
20. Wiiliams' 移動平均線とForceIndexとCCIになります Percent Range
21. Accumulation/Distribution (A/D)
22. Money Flow Index (MFI)
23. On Balance Volume
24. Volumes
25. Accelerator Oscillator
26. Alligator (アリゲーター)
27. Awesome Oscillator
28. Fractals (フラクタル)
29. Gator Oscillator
30. Market Facilitation Index
31. Simple Panel
32. Accelerator (アクセレーター)
33. Accumulation
34. Alligator (アリゲーター)
35. ATR
36. Awesome
37. Bands (バンズ)
38. Bears (ベアーズ)
39. Bulls (ブルス)
40. CCI
41. Custom Moving Averages
42. Heiken Ashi (平均足)
43. Ichimoku (一目均衡表)
44. iExposure
45. MACD
46. Momentum (モメンタム)
47. OsMA
48. Parabolic (パラボリック)
49. RSI
50. Stochastic (ストキャスティクス)
51. ZigZag (ジグザグ)

InariN 移動平均線とForceIndexとCCIになります de Markets

CCIのレベル値、例えば、+-100レベルは
フィルターのように捉える方が素直な売買ができます。
シグマバンドで言えば、1シグマの感覚かな。
CCIに限りませんが:-
上がってきているのだから、買いましょう。
下がってきているのだから、売りましょう。
上がってきていたけれども、
反転したという仕草が確認できたから、売ってみよう。
下がってきていたけれども、
反転したという仕草が確認できたから、買ってみよう。

例えば、損切りできない。
例えば、きちっと利確できない。
例えば、ポジションをひっくり返せない。
例えば、あれこれ考えてしまう。そうしているつもり
であっても、実のところは、儚い人の夢を描いて
しまっていたり、もしかして、いやいやこれは、
などと、闇に包まれた希望の光を妄想していたりする
だけだったり。 どうでしょうか(笑)

「キリが良い価格」耳にしたことがあると思います。
「00」や「50」レベルです。こうしたレベルは
統計しても、売買に利用すべき、レベル、価格で
あることは明らかなのです。つまり、誰もが、
簡単に、容易に識別、理解できる種類の情報です。
従って、いきなり省略してしまいますが(笑)、
売買ポイントとして機能することになって
しまう訳で、20、40、60、80レベルはグリコや
ビックリマンチョコのおまけと言いますか、
50レベルも含め、00レベル売買のおまけ的存在です。

00レベルは、ひとつ上の00レベル、ひとつ下の
00レベルがある訳ですから、均衡レベルとなりやすい、
50レベル売買も、おまけ的存在と言えます。ただ、
50レベルは上の00レベル、下の00レベルを意識した
売買になりますので、縮小版となりますが、実質的
には00レベルと同じと言えます。捉え方は様々、色々
あって当然です。感覚も異なりますしね。当方の
場合はそうした感触、感覚が好みなので、期間という
制限はありますが、水平の期間があり、半値線も
表示させるハイローバンド系がしっくりきます。

小難しく考えさせられる情報、小難しく考えさせられる
指標(インディケーター)、たくさんあります(笑)
ので、うーん、悶々として考えが進まないような状況に
なれば、00レベルの今回のお話を思い出してください。

値動きがないと、利益は出せません。値幅が0では
困ります。マイナス金利も困りますし、勝手に
手数料を上げられても困ります(笑)
値動きがあっても、建て玉がないと、利益は
出せません。損益はイヤなものですが出るもの
です。利益>損益となっていればいいのですから、
大きな損益とならないように、異常であることに
早期に気付きやすい取り組み、仕組み、考え方を
ものにしてください。

EAつくーるでRSIの売られすぎ、買われすぎでエントリーする逆張りEAを作成

EAつくーる darkmoon1968 / Pixabay

Average True Range(ATR)
Bears Power(ベアパワー)
Bulls Power(ブルパワー)
Commodity Channel Index(商品チャンネル指数)
DeMarker(デマーカー)
Force Index(勢力指数)
MACD(移動平均収束拡散法)
Momentum(モメンタム)
Moving Average of Oscillator(移動平均オシレーター)
Relative Strength Index(相対力指数)
Relative Vigor Index(相対活力指数)
Stochastic Oscillator(ストキャスティックス)
Williams’ Percent Range(ウィリアムパーセントレンジ)

ポジション1 (マジックナンバー:1)
売買条件1 : 2本前の期間14のRSI > 30の場合、買いエントリー 移動平均線とForceIndexとCCIになります
売買条件2 : 売買条件1に加えて1本前の期間14のRSI < 30

ポジション1 (マジックナンバー:1)
売買条件1 : 2本前の期間14のRSI > 30の場合、買いエントリー
売買条件2 : 売買条件1に加えて1本前の期間14のRSI < 30
売買条件3 : 2本前の期間14のRSI < 70の場合、売りエントリー
売買条件4 : 売買条件3に加えて2本前の期間14のRSI > 70

バイナリーオプションのインジケーターで稼ぐ方法【勝率80%を目指すバイナリーオプション講義】

バイナリーオプション

このページで解説している内容

何も考えずにトレードすると、バイナリーオプションの勝率は50%に収束します。 バイナリーオプションの勝率をあげるには、 為替レートを分析するテクニカル指標 (インジケーター)を活用しましょう。

バイナリーオプションの勝率を上げるためにインジケーターを活用しています。

それでは、 バイナリーオプションのインジケーターで稼ぐやり方を 解説します。

バイナリーオプションのインジケーターで稼ぐ方法【解説動画】

バイナリーオプションのインジケーターとは?

インジケータ―とは、日本語にすると「指標」のことです。 「ハイローオーストラリア」 などのバイナリーオプション業者 では、 インディケーターの表示機能はありません。

そのため、バイナリーオプションでインジケーターを表示させるには、 移動平均線とForceIndexとCCIになります 海外FX業者「XM(エックスエム)」 などの 無料口座を開設 して、チャート分析ソフト「MT4」または「MT5」を利用すればOKです。

バイナリーオプションのインジケーターを無料で利用しよう。

バイナリーオプションのインジケーターを使うには、 まずは「MT4」または「MT5」を無料で利用できる FX業者のアカウントを開設 しましょう。

無料でMT4が利用できるFX業者の一例

OANDA(オアンダ)、XM(エックスエム)、FXDD、FXTX、ほか。

インジケーターを表示させよう。

MT4で標準装備のインジケーター

  • 平均方向性指数(Average Directional Movement Index)
  • ボリンジャーバンド
  • エンベロープ
  • 一目均衡表
  • 移動平均線
  • パラボリックSAR
  • 標準偏差(Standard Deviation)
  • ADX(Average Directional Movement Index)
  • ATR(Average True Range)
  • 売り圧力(Bears Power)
  • 買い圧力(Bulls Power)
  • CCI(Commodity Channel Index)
  • デマーカー(DeMarker)
  • 勢力指数(Force Index)
  • MACD
  • モメンタム
  • OsMA(Moving Average of Oscillator)
  • RSI
  • 相対活力指数(Relative Vigor Index)
  • ストキャスティクス
  • 3重指数移動平均線(Triple Exponential Average)
  • ウィリアムズ%R
  • AC(Accelerator Oscillator)
  • アリゲーター(Alligator)
  • オーサム(Awesome Oscillator)
  • フラクタル(Fractals)
  • ゲーター(Gator Oscillator)
  • MFI(Market 移動平均線とForceIndexとCCIになります Facilitation Index)

標準装備のインジケーターだけでも、 かなりの数 がありますね。

バイナリーオプションの無料インジケーターで勝率を上げる方法

バイナリーオプションのインジケーターには、大きく分けて2種類 「トレンド系」 と 「オシレーター系」 があります。

トレンド系は、 主に相場のトレンド(方向性)を見極める ために使われ、 オシレーター系は 主に「売られすぎ/買われすぎ」の強弱を見る ために使われるインジケーターです。

無料インジケータ―でも勝率アップは可能です。

バイナリーオプションで は無料のインジケーターを組み合わせて使うだけ でも 十分に勝率アップできます。

トレンド系(順張り系)のインジケーター

トレンド系(順張り系)のインジケーターで、 バイナリーオプションにも有効なもの を解説します。

バイナリーオプションでも有効なトレンド系インジケーター

一目均衡表

一目均衡表の使い方 移動平均線とForceIndexとCCIになります

一目均衡表の基本的な使い方として、 ローソク足が基準線の上にあり、基準線が上向きであれば、買い目線。 逆に、 ローソク足が基準線の下にあり、基準線が下向きであれば、売り目線 で入ることができます。

移動平均線とForceIndexとCCIになります

さらに、ローソク足が雲(先行スパン)の上にあるか、下にあるかで、相場の強弱を見る事もできます。

移動平均線(MA)

移動平均線の使い方

さらに、短期移動平均線と長期移動平均線の収束・拡散を見ることで、トレンド転換のタイミングを計ることができます。

バイナリーオプションでも 大まかなトレンドの方向性を掴むため に 移動平均線を使うことがあります。

ゴールデンクロスとデッドクロス

ほかにも、ローソク足と移動平均線の乖離を見る。または、 「短期移動平均線」 と 「長期移動平均線」 のクロス(ゴールデンクロス・デッドクロス)を、 「買いシグナル」 または 「売りシグナル」 として利用する事ができます。

※シンプルなインジケーターですが、様々な他のインジケーターとの組み合わせで使ったり、多くの活用方法がある、代表的なインジケーターです。

ボリンジャーバンド

価格が±1σに収まる確率:約68%、±2σに収まる確率:約95%、±3σに収まる確率:約99%

ボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンドは 、±1σ、±2σ、±3σにローソク足がタッチまたは超えた時に 、相場の強弱を見ることができる インジケーターです。

ボリンジャーバンドの主な使われ方として、「±2σ」または「±3σ」にタッチした時に「売られすぎ」または「買われすぎ」と判断して、逆張りエントリーに使われることが多いです。

※ただし、大きなトレンドが継続する時には、ボリンジャーバンドの±2σ、±3σの 逆張り手法はまったく機能しません ので、注意が必要です。

ボラティリティの変化を視覚的に捉えることができる。

ボリンジャーバンドは、ボラティリティが高くなると「拡散」し、ボラティリティが低くなると「収束」します。つまり 、 バンドの収束・拡散を見ることで、 ボラティリティの変化を視覚的に捉える ことができます。

CCIの設定の仕方と使い方(攻略法)初心者向けガイド


パラメータ設定は、MT4、MT5標準のままでOKです。

期間 14
適用価格 Typical Price(HLC/3)
スタイル 好きな色と太さにしよう!

CCIの意味

CCIとは


(グラフがCCIで、水平に3本ラインがあります。-100ライン、0ライン、+100ラインです)

値動きの激しさと、価格のばらつきを計算に入れているので、ボリンジャーバンドみたいな形の線になります。

CCIの計算式ざっくり

(ボリンジャーバンドみたいにルートとかは使いません)
パラメータ設定で出てきた「Typical Price(HLC/3)」というのは、この最初の計算のことをいっています。

CCIの一般的な使い方

±100ラインでトレンドを判断する使い方

CCIは、トレンドの方向を教えてくれます。
CCIが上のほうなら上昇トレンドに向かっていて、上の+100のラインを超えたら「買いが強い」という判断をします。
売りはその反対で-100を超えたら「売りが強い」と判断します。

0ラインでトレンドを判断する使い方

トレンドに逆らう使い方(売られすぎ買われすぎ)

売られすぎだから「買い」
買われすぎだから「売り」

ダイバージェンスを見る


(ダイバージェンスはいろいろ線をひくとよくわかります)

CCIバイナリーオプションでの使い方

トレンドに逆らう使い方で短期取引

ボリンジャーバンドと一緒に使う


同じ標準偏差を使ったインジケータなので、一緒に使うと相性がいいといわれています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる