オルタナティブ投資

レンジ相場の見極め方や攻略法を解説

レンジ相場の見極め方や攻略法を解説
あかね

【初心者にありがちな罠】レンジ手法に詰まったらトレンドを勉強すればいい話

BO奮闘記

僕はBOをレンジ手法で始めました。最初はまぁまぁ勝てていたのですが、3ヶ月ほど経ったある日から急に勝てなくなってしまい、それまでに得た利益を溶かしてしまいました。

このままではダメだと思い、心機一転してトレンド手法で8割以上の勝率を出している人に相談してトレンド手法を教えてもらうことにしました。

そこでその人が持つ知識をいろいろ教えてもらい、トレンド手法に切り替えました。

なぜレンジ相場が分かるようになったのか

まず当然のことながら、レンジ手法はレンジ相場で使う手法です。なのでレンジ手法をレンジ相場でも無いところで使っても勝てません。

なので、まずはレンジ手法を使うためには「 どこがレンジ相場か 」が分からなければいけません。

しかし、実はトレンド手法を使うにあたって一番難しいのは「レンジ相場かどうかを見分ける」ところです。

つまりトレンド手法の仕組みよりも、どこがトレンド相場なのかを見極める方がよっぽど難しいのです。

逆に、どこがトレンド相場なのかさえ見極められるようになってしまえば、トレンド手法においては8割は切らないという状況になります。

どこがトレンド相場なのかを判断する為には、15分足や5分足などの異なる時間足を見て相場全体の「状況」を考えるマルチタイムフレーム分析の技術が必要になってきます。

結論として、トレンド相場ばかり見ていたのにも関わらずいつの間にかレンジ相場が見れるようになっていたのはこの技術のおかげでした。

トレンド相場を把握することはレンジ相場を把握すること

極論、レンジ相場というのはトレンド相場でない場所とも言えます。

勉強熱心ではあるがまだあまり相場を見極められていない人というのは、レンジ手法自体はちゃんと理解しているのに、相場全体の「状況」を読めていないので、レンジ相場だと思ってエントリーしたポイントが実はトレンド相場の一部だった。なんて事がよくあります。

たとえ1分足で見たときに値動きが非常に安定しているからといってレンジ相場だと決めつけてしまうと、実はそこは トレンド相場のほんの一部である 可能性は少なくは無いです。そこでレンジ手法を使っても勝てる訳がありません。

なので、マルチタイムフレーム分析を使ってトレンド相場を見極められるようになれば「レンジ相場だと思ったらトレンド相場だった」なんて事がなくなります。

レンジ相場の中でも特に安定している相場を選べる

トレンド相場以外がレンジ相場ということを言いましたが、トレンド相場以外だったらどこでもレンジ手法を適用していい訳ではありません。

そこで、本来トレンド手法の時にどれくらい値動きがあるかを調べるために使っていたマルチタイムフレーム分析が使えるようになれば、相場の全体の「状況」を確認する事が出来るので逆に「どれくらい落ち着いたレンジ相場なのか」を知る事が出来ます。

そのため、レンジ手法の中身はそのままでも、より安定したポイントを見極められるようになるので必然的に勝率を上げる事が出来ます。

都内のIT企業に勤める上場企業会社員。
このブログでは余裕のある生活を送るためのマインド構築や知識。その他にもyoutuberのネタやアーティストの曲紹介など、自分の好きな事をいろいろ紹介していこうと思っています! レンジ相場の見極め方や攻略法を解説
宜しければ下のボタンからTwitterのフォローもお願いします!

バイナリーオプション初心者はまずレンジ相場で取引!やり方やイメージの参考動画も。

バイナリーオプション初心者はまずレンジ相場で取引!やり方やイメージの参考動画も。

あかね

あかね

ジロー

ジロー

あかね

あかね

この記事はこんな方におすすめ

  • ツールなどを使わずに自分自身で何かバイナリーオプションのトレードのルールを作りたい方
  • バイナリーオプションを始めたばかりで、何からやればいいかわからない初心者の方
  • バイナリーオプションのトレードのイメージがあまり付いていない方

レンジ相場で勝てる可能性が高いポイントを探す

ハイローオーストラリアのトレード画面


こちらの図はハイローオーストラリアのトレード画面です。
見てもらうとわかると思いますが、為替の相場は常に上下に動きながら価格推移しています。

その中でも相場は大きく分けると、
「レンジ相場」と「トレンド相場」
というように分けることができます。

  • レンジ相場とは、波に例えるならば「凪」のような状態で、穏やかに一定の価格で上下に動くという状態。
  • トレンド相場とは「大波」のような状態で強い波のように勢いをつけて一方方向に進んでいくという状態

この、凪のようなレンジ相場に着目したのか今回の記事なのですが、 比較的上にトレードするか下にトレードするか、予測しバイナリーオプションでエントリーしやすいのが、このレンジ相場の特徴 です。

  • 登録が不要のハイローオーストラリアのデモ口座の使い方はこちらから

バイナリーオプションの取引をするっていっても、操作も何もわからない。何から始めればいいかな?そうだね。実際の資金を使う前に最低覚えたいのは取引の操作。だから、まずはハイローオーストラリア(HigLow)のデモ口座で取引で操作に慣れてみようか!この記事はこんな方におすすめ これからハイローオーストラリアでバイナリーオプションの取引を始めようと考えている初心者の方 ハイローのデモ口座で取引をしてみたが、操作方法がよくわからない方 実際の資金で取引をする前に、最低でもハイローオーストラリアの操作を練習した.

初心者がレンジ相場での取引をしやすい3つの理由

あかね

あかね

ジロー

ジロー

【FX・為替の1日】初心者が必ずチェックすべき時間別攻略法

5時から8時の為替値動き

早朝5時は、シドニーのウェリントン市場が開く時間です。

普段私たちが目を覚ますのは朝5~7時くらいですが、この時間帯は前日のNY市場がちょうど終わったあとなので、大きく動く可能性もほとんどなく、1日のうちでもっとも値動きの小さい時間帯となっています。

オセアニア通貨の動きに注目

よほどのニュースがない限り大きく動かないのですが、週末に大きなニュースが出た場合は、月曜日の朝は値動きが激しくなります。あるいは、NZドルの政策金利が発表される時があり、その時はオセアニア通貨の値動きがやや大きくなります。

また、6時(夏時間)と7時(冬時間)は各FX業者が短いメンテナンスに入ってスワップポイントを付与する時間でもあります。

木曜日の朝のように3日分のスワップポイントが付く日や、メンテナンス中に大量の注文が貯まった時は一瞬激しく動くことがありますが、朝8時くらいまでは値幅の小さいレンジ相場となることがほとんどです。

朝8時~9時 レンジ相場

次第に動き始める

8時から9時の為替値動き

朝8時になると、次第にまとまった注文が入り始めます。

さらに、 日本株や日経平均先物の気配値も8時から表示される ため、思惑で動くこともあります。

8時30分~8時50分に日本の経済指標が発表される日も

朝9時~11時30分 日経平均株価に連動しやすい

日本株の前場がスタート

9時から11時30分の為替値動き

9時になると、日本株の取引がスタートするため為替も値動きが活発になってきます。

中でも、11時は海外の株式や債券を組み入れて運用する投資信託の外貨買いが活発に行われるため、ドル買い需要が高まります。ですから、日本時間の午前中は比較的ドル高(円安)になりやすいのです。

逆に日本時間の午前中は、ユーロドルやポンドドルなどのドルストレートがほとんど動かない時間帯でもあります。この時間帯にデイトレードをしたい場合は、ドル円やクロス円が無難です。

9時55分の仲値に注目

9時55分の仲値決め

9時55分から10時は仲値決め(なかねぎめ)が行われる ため、やや大きめに動くことがあります。

仲値とは、TTM(Telegraphoc Transfer Middle rate)とも呼ばれていて、金融機関が顧客に対して提示する取引レートの相場水準になります。

この時は、 輸入企業によるドル買い注文は9時55分に集中しがちであるため、円安に振れる傾向 があります。

12時30分~15時 午前中と同じく日経平均株価次第

日本株の後場が始まる

【動画】早朝から15時までの攻略5つのポイント

15時~19時 ドルストレートが始動、円高になることも

ロンドン勢が参入し始める

15時から19時の為替値動き

15時になると、日本株の取引が終了します。

しかし同時に、「東京オプションカット」の時間でもあるため急激な動きになることもあります。

15時は、通貨オプション取引の権利行使期限の時間となっており、その日の東京市場の行使期限のオプションが消滅する影響で、突然値動きが荒くなることがあります

同時に、1ドル100円を下回っていれば大きな利益が得られ、上回ってしまうと投資額がゼロになってしまうオプションも存在するため、 オプションカットのタイミングで1ドル100円を超えようとする力とそうはさせまいとする力が激しくぶつかり合います 。そのためイベント時などリスクヘッジが盛んになった場合には荒っぽい値動きになるのです。

その後、16時を過ぎると欧州勢が本格的に参加してくるため、東京市場に比べ値動きが大きくなっていきます。

16時から18時は、英国やユーロ圏の経済指標が発表される時間帯 です。発表された経済指標に対して素直な反応を示すことが多く、特にポンドの値動きは大きくなります

19時~21時 欧州一段落でレンジ相場が多い

いったん小康状態に

19時から21時の為替値動き

19時ごろは、英国や欧州の経済指標発表が終わって一息つく時間帯です。

特別なニュースがなければ落ち着いた値動きが続くので、レンジ相場で終わることが多いですが、スキャルピングやデイトレードでコツコツpips数を稼ぐのには良いでしょう。

21時~24時 NY市場スタートで活発に

さらにニューヨーク勢が参入

21時から24時の為替値動き

21時を過ぎると、マーケットの注目はアメリカへ移り、米経済指標の発表が集中します。

特に、 米国の雇用統計やGDP、小売売上高などの重要経済指標の結果次第で為替は大きく動くことになる ため、必ずチェックする習慣を付けて下さい。

東京時間で15銭ほどしか動かなかったドル円が、ニューヨーク市場に入ると1円以上動くといったことも珍しくはなく、 むしろここからがFXの本番と言える でしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる