取引のメリット

安全なアービトラージシステムの開発

安全なアービトラージシステムの開発
事例

Makerプロトコル:MakerDAOの複数担保型Dai(MCD)システム

MakerDAOについて 安全なアービトラージシステムの開発 MakerDAOはイーサリアムブロックチェーン上のオープンソースプロジェクトで、自律分散型組織 1 であり、2014年に設立されました。このプロジェクトは、ガバナンストークンであるMKRを保有する世界中の人々によって管理されています。エグゼクティブ投票やガバナンス投票などの科学的なガバナンスシステムを通して、MKR保有者はMakerプロトコルとDaiの金融リスクを管理し、その安定性、透明性および効率性を確保しています。MKRの投票における影響力は、投票コントラクトのDSChiefでMKR投票者がステークしているMKRの金額に比例します。つまり、投票コントラクトにロックされているMKRトークンが多いほど、投票者の意思決定力が大きくなります。

Makerプロトコルについて イーサリアムブロックチェーン上に構築されたMakerプロトコル 2 で、ユーザーは暗号通貨を生成することができます。Makerプロトコルは現在、Daiステーブルコイン、担保型のMaker Vault、オラクル、および投票で構成されています。MakerDAOは、MKR保有者の議決権を通じて主要なパラメーター(例:安定化手数料、担保タイプや担保比率など)を決定することで、Makerプロトコルを管理しています。

Maker Foundationについて グローバルなMakerコミュニティの一部であるMaker Foundationは、多数の外部パートナーと協力してMakerプロトコルを構築しローンチしました。現在、MakerDAOコミュニティと協力してプロジェクトの分散化されたガバナンスを立ち上げ、完全な分散化に向けて推進しています。

Dai Foundationについて Dai Foundationはデンマークに拠点があり、Maker Foundationから独立して自治を行っています。商標やコードの著作権などのMakerコミュニティの重要な無形資産を保護するために設立され、その権限を決定づける客観的かつ厳格な規則に則ってのみ運営されます。Dai Foundationの目的は、Dai Foundation信託証書に記載されているとおり、Makerプロトコルで技術的に分散化できないものを保護することです。

概論

そのホワイトペーパーでは、担保付債務ポジション(CDP)という独自の スマートコントラクト スマートコントラクトとは、ネットワーク内で特定のアクションやルールを実行するコンピュータープログラムです。スマートコントラクトは基本的に中央権力ではなくコードに従います。 を通じてイーサリアム(ETH)を担保とし、ステーブルコインシステムを使用して、Daiを生成する方法を説明していました。 ETHがステーブルコインシステムで受け入れられる唯一の担保資産であることから、生成されるDaiは単一担保型Dai(SCD)、またはSaiと呼ばれました。またそのホワイトペーパーには、ETHに加えて複数の担保資産タイプをサポートするためにシステムをアップグレードする計画も記載されていました。当時の計画は2019年11月に現実のものとなりました。

複数担保型Dai(MCD) へようこそ。

MCDへの信頼

たとえば2019年2月、JPモルガンは米国の銀行で初めて、1米ドルに相当するデジタルコインを作成しテストを行いました 3 。暗号通貨業界の成長にともない、他の銀行、金融サービス企業、さらには政府や金融分野以外の大規模組織までもが安定したデジタル通貨(たとえば中央銀行のデジタル通貨)を生成することになるでしょう。その一例として、2019年6月にFacebookは「実物資産の準備金によって完全に裏付けされる、安定性のあるデジタル暗号通貨」であるLibra 4 の計画を発表しました。しかし、このような計画ではブロックチェーンテクノロジーが提供する本質的な価値、すなわち影響力を悪用する可能性のある中央権力や管理者のいない、全世界で使える共通インフラストラクチャーという価値が損なわれます。

Makerプロトコルとその機能の概要

Makerプロトコル

Makerプロトコルは、ガバナンストークンであるMKRを保有する世界中の人々によって管理されています。MKR保有者は、エグゼクティブ投票やガバナンス投票などの科学的なガバナンスのシステムを通して、MakerプロトコルとDaiの金融リスクを管理し、その安定性、透明性および効率性を確保しています。 投票コントラクト 投票コントラクトにより、MKRの所有者は自身がステークしているMKR全量を使用して投票できることが保証されています。 にロックされている1MKRが1票に相当します。

Daiステーブルコイン

Daiステーブルコインは、米ドルにソフトペッグされた担保に裏付けられた公平な分散型暗号通貨です。Daiは 暗号通貨ウォレット 暗号通貨ウォレットは、暗号資産の管理および分散型アプリケーション(dapp)の連携に使用されるツールです。暗号通貨ウォレットでは、ユーザーは自身が保有するコインやトークンのリストの閲覧、残高や取引履歴の確認、および暗号通貨の送付を行うことができます。 またはプラットフォーム内で保有され、イーサリアムをはじめとする一般的なブロックチェーン上でサポートされています。

Daiは簡単に生成、アクセスおよび使用することができます。ユーザーは、Makerプロトコル内にある Maker Vault Maker Vaultを使用すれば、ロックされている資産を担保にDaiを簡単に生成できます。ユーザーは、Oasis BorrowダッシュボードまたはVaultを操作管理できる、その他多くのユーザーインターフェースのいずれかを使用してVaultを開くことができます。 に担保資産を預け入れることでDaiを生成します。 このようにしてDaiは流通し、ユーザーは流動性にアクセスすることができます。ブローカーや取引所から購入するか、単に支払いとして受け取ることによってDaiを取得することもできます。

いったん生成、購入または受領されたDaiは、他の暗号通貨と同様に使用できます。つまり、他者への暗号通貨の送付や、商品やサービスの決済としての使用、さらには Dai貯蓄率 Dai貯蓄率(DSR)を使用すると、すべてのDai保有者は、自身のDaiをDSRコントラクトにロックすることで、自動的かつMakerプロトコル上で貯蓄を増やすことができます。DSRは、暗号通貨のトレーダー、スタートアップ、および既存の企業など、Dai保有者に多くの利便性を提供しています。 (DSR)と呼ばれるMakerプロトコルの機能を使って貯蓄として保有することもできます。

通貨に似たDaiの機能

担保資産

Maker Vault

承認されたすべての担保資産を活用して、Maker Vaultと呼ばれるスマートコントラクトを通じてMakerプロトコルでDaiを生成できます。ユーザーは、Oasis Borrowやコミュニティによって構築されたさまざまなインターフェイスなど、各種のユーザーインターフェイス(ネットワークアクセスポータル)を使用してMakerプロトコルにアクセスし、Vaultを作成できます。Vaultの作成は複雑ではありませんが、Daiを生成すると、Vault内で利用およびロックされた担保を引き出すためには、 安定化手数料 安定化手数料は、債務が返済または全額清算されたとき、すべてのVault所有者が支払う手数料です。これは、既存のVaultの債務に加えて年利で計算されます。安定化手数料はDaiで支払わなければいけません。 と共にDaiを返済する義務が生じます。

ステップ1:Vaultを作成し担保する

ステップ2:担保されたVaultからDaiを生成する

ステップ3:債務と安定化手数料を返済する

ステップ4:担保を引き出す

全ての未払い債務の価値( 目標価格 Daiの目標価格は1米ドルで、1:1で米ドルにソフトペッグされています。 で評価されるDaiの未払い額)をカバーするのに十分な担保がMakerプロトコルに常にあるようにするために、(Makerガバナンスが規定したパラメーターによって)リスクが高すぎると判断されたMaker Vaultは、自動化されたMakerプロトコルのオークションを通じて清算されます。 プロトコルは、 清算率 清算率は、Vaultが清算の影響を受けやすくなる担保債務比率です。 をVaultの現在の担保債務比率と比較した後に清算を行うかを決定します。各Vaultタイプには独自の清算率があり、各比率は特定の担保資産タイプのリスクプロファイルに基づいてMKR投票者により決定されます。

Makerプロトコルのオークションメカニズムにより、担保の価格情報がない場合でも、システムでVaultを清算することができます。清算時には、Makerプロトコルは清算済みのVaultの担保を取得し、内部の市場ベースのオークションメカニズムを使用して売却します。これが 安全なアービトラージシステムの開発 担保オークション 担保オークションでは、清算されたVaultの担保に対してDaiで支払います。受け取ったDaiは、Vaultの未払いの債務および清算ペナルティを賄うために使用されます。 です。

担保オークションから受け取ったDaiは、特定のVaultの担保タイプに対してMKR投票者が設定した 清算ペナルティ 清算ペナルティとは、Vault所有者が自身のVaultが清算されたときに支払う手数料です。 の支払いなど、未払いのVaultの負債を賄うために使用されます。

Vaultの負債と清算ペナルティ全体を賄うために十分なDaiが担保オークションで入札された場合、売却する担保を最小限にするために担保オークションは 逆担保オークション 逆オークションでは、キーパーは一定額のDaiに対して減少していく、受け取りたい担保に入札します。このプロセスは担保オークションの一部分で、担保に対してVaultの未払いのDaiを賄うためにオークションに興味を持っている人が十分にいる場合にのみ開始されます。これらの負債を賄うのに十分なDaiが入札されると、逆担保オークションが開始されます。逆担保オークションの目的は、Vault所有者ができるだけ多くの残りの担保を回収できるようなプロセスを提供すると同時に、未払いのDaiの全負債が最初に支払われるようにすることです。 に切り替わります。残りの担保は元のVault所有者に返却されます。

担保オークションがVaultの未払いの負債を賄うのに十分なDaiを調達できない場合、赤字はプロトコルの債務に変換されます。プロトコルの債務は、 安全なアービトラージシステムの開発 Makerバッファー Makerバッファーには、担保オークションで受け取ったDai(清算ペナルティを含む)とVaultから発生した安定化手数料が含まれます。MakerバッファーにあるDaiの総計が(Makerガバナンスで決定された)特定の数値に達すると、余剰分は余剰オークションにかけられ、余剰オークションではMKRが購入され総供給からMKRが取り除かれます。余剰額とは、担保オークションでの未払いのVaultの負債やDSRの金利などシステムの債務などのシステムの債務の総額です。 にあるDaiで賄われます。バッファーに十分なDaiがない場合、プロトコルは 債務オークション 債務オークションは、一定額のDaiを得るためにMKRをオークションにかけて、システムの資本を再構成するために使用されます。 を起動します。債務オークション中、システムがMKRを発行し(流通するMKRの量が増加する)、Daiを得るために入札者に売却されます。

オークションや安定化手数料の支払いで得られたDaiの受取額がMakerバッファーの上限(Makerガバナンスによって設定された数値)を超える場合、超過分は 余剰オークション 余剰オークションでは、落札者は、安定化手数料からの余剰分のDaiを得るためにMKRを支払います。支払われたMKRは破棄されることで、流通しているMKRの数量が減少します。 を通じて売却されます。余剰オークションでは、入札者はMKRの金額を増やして入札を競い、一定額のDaiを受け取ります。余剰オークションが終了すると、Makerプロトコルは集めたMKRを自律的に破棄することでMKRの総供給量を減らします。

例(担保オークションのプロセス): 大きなVaultが、市場の状況により担保不足になったとします。 オークションキーパー オークションキーパーとは、システムを監視し、Vaultの清算率が破られると清算をトリガーするようMakerプロトコルによって動機づけられている人間または自動ボットです。 が担保不足のVaultの発生を検出し、Vaultの清算を開始することにより、たとえば50ETHの担保オークションが開始されます。

各オークションキーパーには、オークションの落札を手伝う 入札モデル 入札モデルは、入札のタイミング、入札頻度および入札価格を決定する背景にある戦略です。 があります。入札モデルには、担保に入札する価格(この例ではETH)が含まれます。オークションキーパーは、一定額の担保に対してDaiの入札額が増加している担保オークションの最初の段階において、入札モデルのトークン価格を入札の基準として使用します。この額は、担保オークションで要求されたDaiの合計価格を表します。

【たった4年でFIREできた元会社員が教える】個人投資家がハマりがち!やってはいけない投資トップ5~その5

「お金は欲しいけど、あんまり仕事はしたくない」「仕事はキライじゃないけど、一生お金のために働くのはイヤだ」 そんな思いが少しでもあるのなら参考にしたいのが、入社4年目の26歳でFIRE(経済的自立と早期リタイア)を果たした遠藤洋氏の著書『投資をしながら自由に生きる』(ダイヤモンド社)だ。仕事をしながら小型株集中投資によって資産を築いた著者が、「最速でお金から自由になる」ための秘策を伝授! さらに、お金にも時間にも場所にも縛られず、好きなことで楽しみしながら収益を得て、自分の人生を最大限に満喫する方法を徹底指南する。 ※本稿は『投資をしながら自由に生きる』より一部を抜粋・編集したものです。 ● 他人にお金を預けてはいけない 他人にお金を預けるのは、投資で最もやってはいけないことの1つです。投資をはじめてしばらくたつと、投資の勧誘話が舞い込んでくることがあります。それは友人からの紹介であったり、参加したセミナーや勉強会経由だったり、さまざまなルートから「おいしい投資話」がやってきます。次に紹介するのは、すべて実際にあった話です。 実際にあった投資詐欺 ●元本保証・月利5%で運用してくれる“天才トレーダー”がいる ●インサイダー情報の投資案件で1か月後に最低20%乗せて返せる ●ブランド品の転売で2週間ごとに8%のリターンを出すことができる ●仮想通貨のアービトラージで過去1年間負けなしで、毎月10%以上の配当を出すことができている ●システムトレード(決められたルールに従ってシステムが機械的に行う取引)で100万円が1か月で250万円になった ●オンラインカジノのバカラで必勝法があるから利益を山分けしよう これらの投資話は、すべて半年以内に勧誘者と連絡がとれなくなりました。 ● 本当に儲かる投資案件なら他人に紹介しないはず 「あなただけに紹介する」「元本保証」「高配当」「必ず儲かる」などと、甘い言葉で誘いかけたりするケースもありますが、本当に儲かる投資案件であるなら、わざわざ他人に紹介しないはずです。仮に毎月10%の配当金を出せたとして、それを維持するためには、毎月10%を大きく上まわる利益を出し続けなくてはビジネスが成り立ちません。 そんな利益を継続的に出し続けられるのなら、個人からお金を集めなくても、自己資金を雪だるま式に増やせるはずです。大口の投資家や企業も、場合によっては銀行も喜んでお金を出してくれるでしょう。そもそも運用する立場からすると、銀行などから低金利でお金を調達したほうが、自分たちの儲けも大きくなるはずです。 ● 安全なアービトラージシステムの開発 儲かる投資案件は、他人からやってこない それにもかかわらず、なぜ見ず知らずの個人に確実に儲かるという投資話を、わざわざ時間をかけて説明して、なおかつ10%もの高配当を支払うというのでしょうか? 答えは明白です。誰かがお金を預けることで、その人が儲かるからです。誰かが預けたお金で、勧誘した人が得をするからこそ、時間をかけて説明してくれるのです。 本当に儲かる投資案件は、他人からやってくることはありません。誰かが時間をかけて熱心に説明してくれることもありません。こればかりは自分で探しに行かない限り出合うことはないのです。「他人にお金を預けて運用してもらう」のは、何も考えなくて済むので楽かもしれません。しかし、こういった投資案件に出したお金の99%は、最終的に戻ってきません。 ● 昔からある詐欺手法「ポンジ・スキーム」 最初の数か月はきちんと配当金が支払われるケースもあります。しかし、これは実際には運用せず、投資家が出資したお金をそのまま配当金として支払いながら信用させ、お金を騙しとる「ポンジ・スキーム」という有名な詐欺手法なのです。 最初の数回は配当金を得られるので、「最初は不安もあったけど、これは詐欺じゃない。たしかに配当金が入ってくる!」と投資家は信じてしまいます。そうやって配当金を得た投資家が、儲かると信じ切った状態で、友人や知り合いに広めたりするので、被害が拡大していきます。そして投資家が増えると、支払う配当金も増えていきます。 そうしてある程度のお金が集まったところで運営元が音信不通になり、お金を持ち逃げして行方をくらましてしまうのがよくあるパターンです。このようにして集めたお金は、すでに使ってしまってなくなっているか、他人名義の口座に入っているか、もしくは海外に送金しているケースがほとんどです。 仮に運営元を訴えて裁判で勝ったところで、実際にお金を回収するのはほぼ不可能と思ったほうがいいでしょう。結局、他人にお金を預けた先には大損しかないということです。 ※本稿は『投資をしながら自由に生きる』より一部を抜粋・編集したものです。

仮想通貨取引所を紹介!初心者におすすめなのはどこ?

コインチェック

今後が期待できる暗号資産(仮想通貨)は? これから期待できる暗号資産として、ビットコイン、イーサリアムなどの銘柄が挙げられます。 ほとんどの取引所で購入できることから信頼性や流動性の面で優位に立っており、今後も需要の拡大が見込まれます。 また、リスクやIOSTなどの実用性・信頼性が高い小型銘柄にも注目です。まだまだ時価総額が大きくない銘柄なので、これからの値上がりに期待が持てます。 暗号資産を選ぶ際には、基本的には取引所で購入できる信頼性の高い銘柄に注目することをおすすめします。

暗号資産(仮想通貨)の価値が1000倍になる可能性は? 今後暗号資産の取引で、1000倍以上の価値に跳ね上がる可能性はあります。 例えば、ビットコインも最初の取引時には「1BTC=0.0025ドル」でしたが、2021年12月現在は5万ドルを超えており、およそ2000万倍以上に価値を伸ばしてきました。 同様に他の暗号資産も、早い段階で購入することで大きな利益を得られる可能性はあります。 しかし、そうした小型銘柄はリスクも当然あり、価値が1000倍どころかまったく無価値になってしまう危険性もあります。高いリターンを目指す場合は、その分高いリスクがあることに注意しましょう。

草コインへの投資はおすすめ? 時価総額が小さく、知名度の低い「草コイン」への投資は、短期的に大きな利益を狙えることから一部の投資家から人気を集めています。 ただし、これから暗号資産への投資を始める初心者には、草コインはおすすめしません。 価格変動が大きいことから損失を抱える可能性が十分にあり、価値が0になってしまう危険性もあるためです。 最初は、ビットコインやリップル、イーサリアムなどの主要銘柄の取引から始めて、慣れてきたら信頼できる草コインを探していくのがよいでしょう。

ビットコインのアービトラージで稼ぐ!自動ツールやアプリの仮想通貨投資方法まとめ

ビットコインのアービトラージで稼ぐ!自動ツールやアプリの仮想通貨投資方法まとめ

トレード戦略

アービトラージとは、主にFXで有名になった投資方法なのですが古くから投資の世界では存在している手法で、 理論上は必ず勝てる取引と言われています 。「サヤ取り」とも呼ばれます。

実は今仮想通貨市場で最も利益が出しやすい手法としていくつかやり方が公開されているので、
「これは使えそうだ」 と思うアービトラージ手法を探してみました。

ビットコイン仮想通貨のアービトラージとは

ビットコイン仮想通貨のアービトラージとは

裁定取引(アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。

機関投資家などが、リスクを低くしながら利ざやを稼ぐ際に利用する手法です。
株価指数等の現物価格と先物価格を利用した取引などが代表的です。
引用元:SMBC日興証券

仮想通貨市場はアービトラージがやり易いと言われています

  • 取り引きは24時間いつでもできること。
  • 日本を含め海外の取引所も同じように使えること。
  • 国際送金手数料が比較的安い
  • 送金時間が比較的早い

アービトラージのメリット・デメリット

アービトラージのメリット

為替などより価格差が出やすい

ライバルがまだ少ない

リスクが少ない

専門知識がなくてもできる

アービトラージのデメリット

ローリスクだがローリターン

相場をずっと眺めていないといけない

仮想通貨取引所で嫌われる可能性もある

仮想通貨でのアービトラージを始めるために用意するもの

価格差が出やすい仮想通貨の取引所

  • 「bitFlyer(ビットフライヤー)」
  • 「Zaif(ザイフ)」
  • 「bitbank(ビットバンク)」
  • 「GMOコイン」
  • 「Liquid by QUOINE」

各取引所に同数の日本円とビットコインを入金

オススメアプリ Cryptopippi(休止中)

アービトラージの具体的な方法

Cryptopippiとパソコンを使って行う方法

日本の取引所のほとんどと、世界の取引所が登録されています。仮想通貨ごとの価格一覧も表示対応しています。
このようにどことどこの取引所間でアービトラージできる価格差が発生しているのか一目で確認できるようになっており、使いこなせば神アプリとなるでしょう。パソコンの横にアプリを置いて、価格差があればビットコインの売買をするという、地味な作業になるわけですが、確実に利益を積み重ねたい人にはオススメできるアービトラージ手法です!

「BITCOIN相場.com」を使う方法

「BITCOIN相場.com」を使う方法

最安値が青、最高値が赤で表示されています。

サイバーダイン社の「制度のアービトラージ」に見る国際ルールメイキング戦略

事例

日本が世界に誇るロボット分野で、医療用・介護用ロボット(装着型サイボーグ)のパイオニアが、サイバーダイン社の「HAL®︎(Hybrid Assistive Limb®)」(以下、HAL)。

池田 安全なアービトラージシステムの開発 陽子さん プロフィール
経済産業研究所(RIETI)コンサルティングフェロー。長野県出身。東京大学法学部卒業、アメリカ・ニューヨーク大学ロースクール修了(法学修士)、オランダ・マーストリヒト大学大学院修了(公共政策学修士、イノベーション政策専攻)。2007年経済産業省入省以来、イノベーション政策と国際的なルール形成戦略に従事。2015年よりRIETIコンサルティングフェローとしても活動。


▲今回お話をうかがった池田陽子さん

サイバーダイン社の戦略的パブリックアフェアーズ事例

――HALのケースで考察された、企業による「制度のアービトラージ」とは具体的にどのようなものだったのでしょうか。

池田陽子さん(以下、池田):サイバーダイン社は、当初から、超高齢社会において医療と非医療の境界線がグレーゾーン化していくことを前提に事業を進めてきました。

▲身体機能を改善・補助・拡張・再生することができる、世界初の装着型サイボーグHAL®(Hybrid Assistive Limb®)。写真は医療用下肢タイプ (JPモデル)(写真:サイバーダイン社 公式サイトより)
HALは新領域のデバイスで前例がない状況の中で、薬などと同様に医療効果を提供するなら医療機器に、介護や作業を支援するものは介護機器(非医療機器)に分類され、国ごとに該当する規制ルールや付随する保険のあり方も変わってくることが分かりました。

制度のアービトラージの肝

――HALの「制度のアービトラージ」において肝となったのはどのような点でしょうか。

池田:日本国内では、介護機器については特定の規制法が存在しておらず、代わりに、安全性を担保する任意規格(ISO/IEC、JIS等)があれば、民間の登録認証機関からその認証を得るのが一般的となっていたことです。これを日本とドイツの医療機器の場合と比較すると、相対的に規制ルールの強度が緩和されていると言えます。

自らルールメイカーとなって、国際標準を策定

――HALのケースで、標準を作ることのメリットはどこにあったのでしょうか。また、国際標準というツールはどのようなポテンシャルを持っていると言えるでしょうか。

池田:標準化のもたらすメリットは、製品やサービスの互換性の確保、生産効率の向上、品質の確保、安全性の確保、貿易の促進、競争環境の整備などさまざまです。HALのケースでは、まず、介護機器分野で該当する任意規格が存在しない中で、ISO13482の策定をリードするとともに、それに基づく認証を速やかに取得し、製品の安全性をプロアクティブに証明していったということが挙げられます。

どのように「ルール形成」を実現したのか

――今後国際ルール形成に関わりたいベンチャー企業のためにも、サイバーダイン社が具体的にどのように国際標準における「ルール形成」を実現されたのか教えてください。日本の1ベンチャー企業が、いきなりスイスの国際機関に話を持ち込むのでしょうか。

池田:HALのケースでは、ルール形成が独立事象として存在しているわけではなく、国際戦略総合特区や国家戦略特区を活用した実証フェーズ、標準のシステム設計フェーズ、そしてISOでの国際的なルール形成フェーズを経て、一連の官民協働プロジェクトとして成功を収めたというふうに評価されると思います。

ISOの分野では、各国が加盟する国際標準化機構(International Organization for Standardization)は確かにスイスのジュネーブに所在します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる