外国為替市場

ダウ理論とは

ダウ理論とは

それぞれ先行期(上図①)、追随期(上図②)、利食い期(上図③)です。 先行期はトレンドの第一段階で、投資家の一部が買い集めを行います。
大口などの投資家が底値で買い玉を集めるので、価格が緩やかに上昇します。追随期はトレンドの第二段階で、先行期のトレンドに反応した投資家が買いを入れます。
そして市場全体がその動きに追随し、価格が大幅に上昇します。
利食い期はトレンドの最終段階で、価格上昇をとらえた素人や初心者の一般投資家も参入し、価格はさらに上昇します。 このように、3つのトレンドが存在しており、トレンドを捉えることが重要になります。

【FXにおけるダウ理論って何?】ダウ理論を活用してトレンドを判断する方法とは

※ちなみに当社GEMFOREXでは、期せずして追証が発生する状況になってもゼロカットシステムが作動。
口座内の自己資金以上の損失を被ることはありません。
ゼロカットシステムがお客様の大切な資産を守ります。
また、GEMFOREXでは、口座を開設するだけで、最低10000円分のボーナスを受け取れるキャンペーンを実施中です。
キャンペーンによって受け取れる金額は異なりますが、なんと、自己資金を入金せずに取引が可能。
GEMFOREXで口座開設を検討してみてください。

ダウ理論の活用方法

次は、トレンドが発生中のチャートを選び出し、トレンドがどの段階にあるのか見比べてみましょう。
利食期のチャートはすぐ見つかりますが、取引できるまでには長い時間がかかります。
探したいのは、先行期のチャートか、追随期に入りそうなチャートです。

なかなか見つからないかもしれませんが、ダウ理論を使って上昇トレンド・下降トレンドを意識しながら探していきましょう。

買いのタイミング

上昇トレンドで、追随期に入りそうな状態のチャートの場合、2次的調整トレンドの下降が止まりつつあるはずです。
その後、主要トレンドの方向に値動きが回帰していきますので、買い取引の開始が狙えます。
ここで、小トレンドの出番となり、小トレンドが高値を切り上げたところで買い取引を開始します。

売りのタイミング

下降トレンドで、追随期に入りそうな状態のチャートの場合、2次的調整トレンドの上昇が止まりつつあるはずです。
その後、主要トレンドの方向に値動きが回帰していくため、売り取引の開始が狙えます。
小トレンドが安値を切り下げたところで売り取引を開始します。

まとめ:ダウ理論を活用して売買のタイミングをつかもう!

ダウ理論がもっとも役に立つポイントは、トレンドが発見による取引の目標が確立されることです。
トレンドには主要トレンドから小トレンドまで3種類があり、トレンドの3段階のうち追随期を目標に取引していきましょう。

ダウ理論を使い、トレンドに乗った取引をするよう心がけると勝ちやすくなります。
また、主要トレンドに乗ることで、大きな利益をつかむこともできるでしょう。
ぜひ、ダウ理論を使って、チャートを見比べることから始めてみてください。

ダウ理論の6原則

原則2


トレンドは時間軸ごとに三つのトレンドに分けられます。それぞれ、短期トレンド、中期トレンド、長期トレンドです。
短期的に見るか長期的に見るかによってトレンドが異なるため、短期~長期のどの時間軸でトレード行うのかを意識しなければなりません。

原則3:主要なトレンドは3段階存在する

原則3


それぞれ先行期(上図①)、追随期(上図②)、利食い期(上図③)です。 先行期はトレンドの第一段階で、投資家の一部が買い集めを行います。
大口などの投資家が底値で買い玉を集めるので、価格が緩やかに上昇します。追随期はトレンドの第二段階で、先行期のトレンドに反応した投資家が買いを入れます。
そして市場全体がその動きに追随し、価格が大幅に上昇します。
利食い期はトレンドの最終段階で、価格上昇をとらえた素人や初心者の一般投資家も参入し、価格はさらに上昇します。 このように、3つのトレンドが存在しており、トレンドを捉えることが重要になります。

原則4:価格は相互に確認されなければならない

原則5:トレンドは出来高でも確認されなければならない

5つ目の原則は、「トレンドは出来高でも確認されなければならない」です。本格的なトレンドが発生するときは出来高も大きくなります。反対に、出来高が伴っていなければダマしの可能性があります。
つまり、本格的にトレンドが発生しているときというのは、必ず出来高でも確認できるということです。この点を抑えておけば、トレンドの転換を捉える手がかりとなるでしょう。
一方で仮想通貨でよく見られるのは出来高が伴って上昇や下落をした場合そこが反転のサインとなるということもありますので注意が必要です。

原則6:トレンドは明確な転換シグナルが出るまで続く

原則6-1


上図のように、上昇トレンドでは高値・安値を切り上げながら上昇します。ダウ理論では、このように高値・安値の切り上げが続いている状況を上昇トレンドと判断します。
反対に、下降トレンドではこの現象とは逆のものになります。つまり、高値・安値は切り下げながら下降していくことになります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる