外国為替

利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは

利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは
アミタグループは、これからの持続的な経営スタイルとして、ステークホルダーを統合する「ミッション」、サプライチェーンの持続性を高める「循環型ビジネス」、そして「ダイナミック・ケイパビリティ」の3要素から成り立つ「エコシステム経営」を提唱しています。
関係性がカギとなる循環型事業の構想、プロトタイプ製作、外部パートナーを含む組織体制の構築まで、「ミッションベースド・ダイナミック・ケイパビリティ」をベースとしたエコシステム経営の実現を徹底してご支援します。

BtoBとはなにか、取引形態別の特徴を押さえたマーケティング戦略

その数ある分類法の中でも近年定着しつつあるのが、「取り引きする相手」によってビジネスモデルを切り分ける方法だ。例えばBtoB(ビートゥービー)という言葉は、誰もが一度は耳にしたことがあるだろう。これは、取引先によって会社を分けたときの呼び方のひとつで、企業法人(Business)を対象として事業や商取引を行う企業は「BtoB(Business to Business)企業」であり、その取引形態(ビジネスモデル)そのものをBtoBと呼ぶ。メディアなどによってはtoを2(two)に置き換えてB2Bと表現することもあるが意味は同様だ。

また、BtoBの他にBtoC(ビートゥーシー)という言葉もよく聞くが、こちらは個人の消費者(Customer)を取引先とするのでBtoC(Business to Customer)というわけだ。

さらに最近では個人が個人を相手に商取引をするという事業形態も増加していて、こちらはCtoC(Customer to Customer)となる。事業主体も企業や法人に限らないわけで、つまり、「事業主体が誰か」と「取り引きする相手が誰か」ということの組み合わせにより、あらゆるはいくつかのビジネスモデルに分類することができるということになる。

BtoBとは?

□BtoBの基礎

○BtoBをとりまくビジネスモデル

ビジネスモデル 誰が 誰に
BtoB(Business to Business) 企業が 企業に
BtoC (Business to Consumer) 企業が 一般消費者に
BtoG (Business to Government) 企業が 行政や公的機関等に
BtoE (Business to Employee) 企業が 自社の従業員相手に
CtoC (利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは Business to Consumer)個人が 個人に
GtoC(Government to Consumer= Citizen)行政が 一般消費者(市民)に
DtoC(Direct to Consumer)メーカーが 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは 直接消費者に
BtoBtoC(Business to Business to Consumer)企業が 企業と個人とを結びつける

○BtoBとそれ以外のビジネスモデルの違い

BtoBでモノはどう買われるのか? 購買のフローとマーケティングの必要性

□BtoBにおける購買者の特徴

○企業や法人は消費者とは異なる視点で、製品やサービスを見ている

□なぜBtoBマーケティングが必要なのか?

○日本では重視されてこなかったBtoBマーケティング

○BtoBマーケティングで新しいチャネルにアプローチ

□BtoCマーケティングとの違いでBtoBマーケティングを知る

○BtoBとBtoCの異なる点

□代表的なBtoBマーケティングサイクルとは?

○マーケティングサイクルの8プロセス

BtoBマーケティングの実際と成功させるポイント

□BtoBマーケティングの始め方・進め方のコツ

○BtoBマーケティングの立ち上げ期に気をつけるべき5つのポイント

ポイント1:マーケティング担当の責任と役割の明確化
ポイント2:マーケティング担当と他部署との情報共有・データ連携
ポイント3:オンラインとオフラインの連携
ポイント4:KPIの算出工数を削減する工夫
ポイント5:コンテンツ作りの連携・体制強化

□BtoBマーケティング成功の4ポイント

○BtoBマーケティング成功の4つの鍵

○BtoBマーケティングで押さえるべきポイント

2. 正しいタイミングで提供する
ニーズが明らかになったとしても、予算を確保して購入できる環境が整わなければ受注に結びつかないため、顧客がどういう状態であるのかタイミングを見極めることが重要となる。

3. ロイヤリティーを高める
従来、ロイヤリティーとは営業担当が顧客のもとに何度も通うことで関係性を高めながら育んできたものである。しかしBtoBマーケティングを導入することで、より効果的にロイヤリティーを高めることが可能だ。 ロイヤリティーが高い状態で商談に入ることができれば、受注までスムーズに進むことができる。

4. キーマンをおさえる
そして最後に、BtoBマーケティングで重要なポイントとなるのがキーマンだ。

○BtoBマーケティングの失敗例

・キーマンと接触できていない
たとえば展示会を開催しても、製品やサービスの購入に権限がない若い社員たちばかりが情報収集や勉強のために参加しているのではキーマンにたどり着くことはできない。 長期的な戦略として、そのような参加者を見込み客へと確実に育成できるという確証があれば別だが、それでも展示会の運営コストや割いたリソースなどを考えれば効率が悪い。直接意志決定者に働きかけることのできる情報提供の手段を考案すべきだ。

・業界特有の情報収集ルートを把握できていない
もうひとつ、よくある失敗例としては、業界特有の情報収集ルートを把握できなかったという場合がある。 例えば、IT業界であれば、webを利用した情報収集が当たり前だが、製造業における部品メーカーなどは、出入りの営業担当者や業界向け展示会、あるいは業界誌など、リアルな世界からの情報収集がまだまだ主流だ。 こうした業界で新規顧客を開拓するためにオウンドメディアを立ち上げても効果は期待できない。それぞれの業界にあった情報提供が必要となるのだ。 。

BtoBでのマーケティング成功事例

○BtoBマーケティング活動における成功の定義とは?

○BtoBマーケティングの成功事例

・A社のケース:オウンドメディアの活用でPVが飛躍的に増加
<概要>
インターネットを通じたM&A仲介を行っているA社では、それまで自社ホームページに情報を掲載することを主体とした販促活動を行ってきた。しかしBtoBマーケティングで徹底的リサーチした結果、掲載されている情報が営業に結びつく内容になっておらず、改善が必要なことが判明した。

・B社のケース:ペルソナの再設定で市場シェアを拡大
<概要>
業務用家電メーカーのB社では法人向け空調機の市場シェアが頭打ちとなっていた。そこでBtoBマーケティングを駆使して、架空の顧客であるペルソナ像を徹底的に再設計。架空ではあるが具体的な社名と事業内容を持った顧客企業の経営者をペルソナとして設定し、数多くの企業にアンケートを実施した。それらをペルソナの正確にフィードバックして、より現実的なペルソナを設計し直しことで、市場シェアの拡大に成功した。

○BtoBマーケティングの失敗事例

・X社のケース:主力市場に高級ブランドを投入するも撤退
<概要>
家庭用家電メーカーのX社では低価格化が進んでいる主力製品の市場にあえてBtoBマーケティングの手法を活用して高級ブランドを販売。それまでの知名度を生かしてブランド力で販売活動を行ったが、思ったように売上が伸びず市場を撤退した。

スプレッドの意味|利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは?

スプレッドの単位は「銭」と「pips」の2種類あります。
ドル/円(USD/JPY)など、通貨ペアに日本円が含まれる場合は「銭」を使用します。
例えば、ドル/円(USD/JPY)の売値と買値の価格が「100.00円-100.03円」で提示されていたとしたら、その差額「3銭(=0.03円)」がスプレッドになります。仮にドル/円を1Lot(=1万通貨)取引した場合には300円(=0.03円×10,000)の取引コストが発生する計算となります。
また、ユーロ/英ポンド(EUR/GBP)など、日本円以外の通貨ペアには「pips」を使用します。
例えば、ユーロ/ドル(EUR/USD)の売値と買値の価格が1ユーロあたり「1.14030ドル―1.14050
ドル」で提示されていたとしたら、その差額「2 pips(=0.0002ドル)」がスプレッドになります。

▼ 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは スプレッドは狭いほうがいい?

スプレッドの「原則固定」の意味

「原則固定」とは?

スプレッドは同じFX会社の同じ通貨ペアであっても変動するものですが、例外を除き、FX会社が通貨ペアごとに定めているスプレッドを固定してレートを提供することを「原則固定」と表現します。スプレッドが小刻みに拡大したり縮小したりといった具合に変動すると、お客様が取引しづらいため、原則固定にするFX会社が昨今多くなっています。
スプレッドが原則固定だと投資家はスプレッドの拡大縮小により毎回取引コストが異なるということがなくなります。そのため、投資家は取引する通貨ペアの取引コストをあらかじめ
把握したうえで取引をすることが可能となります。
原則固定以外には、変動スプレッド、完全固定スプレッドがあります。変動スプレッドの場合、時間帯によってスプレッドが広がる可能性があります。

「原則固定」には例外がある

「みんなのFX」のスプレッドは業界最狭水準!

「みんなのFX」のスプレッドの特徴

また「みんなのFX」は約定率も非常に高いです。約定率というのは、お客様が出した注文が、意図した通りに成立する確率です。どんなにスプレッドが狭くても約定率が低ければ意味がありませんが、「みんなのFX」の約定率は99.9%という超高水準を誇っています。
自社で開発したシステムが1秒間に約8,000件もの約定を高速処理できるため、より有利なスプレッドで着実に約定するというプロと同等の投資環境を提供しています。
さらに、相場が急変した際などに注文価格と実際の約定価格にずれが生じるスリッページのリスクも極めて低くなっていて、100万通貨などといった大口の売買であっても、スリッページのリスクは同様に抑えられています。

取引画面でのスプレッドの見方

こちらは「FX Trader」のプライスボードです。
プライスボードには、通貨ペアごとのリアルタイムレートや、その日の高値・安値、スワップポイントなどが表示されています 。
売値と買値の差がスプレッドになり、赤枠で囲んだところにスプレッドが表示されています。
USD/JPYで見てみますと、「Bid(売値)=107.273円」と「Ask(買値)=107.275円」となっていてその差「0.2銭」が実質的な取引コストとなります。

スプレッドが狭い会社を選ぼう

タイプ別FX運用スタイル徹底比較

  • 【初心者】王道の通貨ペアでFXデビュー
  • 【初心者】スマホ1台!人気通貨で中長期投資
  • 【中級者】シストレも取り入れ高金利通貨を安定運用
  • 【中級者】貯金代わりに レバレッジを抑えて高金利通貨のスワップで資産形成
  • 【上級者】積極的な資金運用で中長期取引
  • 【上級者】ドル/円と高金利通貨を短中期で運用

FXがはじめての方

FXをもっと知る

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で
最大 50,000 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります(トルコリラ/円はみんなのFXのみ)。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

VUCAの時代に求められる組織能力「ダイナミック・ケイパビリティ」とは | 企業のサステナビリティ経営・自治体の町づくりに役立つ情報が満載!

CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!

一方「ダイナミック・ケイパビリティ」とは、外部環境と既存のパラダイム(ビジネスモデル)との間のずれをチェックし、もし⼤きくずれていたら(感知)、そこに新しい機会を見出し(捕捉)、パラダイム⾃体を変化(変革)させていく外向きの能⼒です。顧客や外部との対話を通して、既存のオーディナリー・ケイパビリティを含め、もともと企業が有する固有の経営リソースを再構成・再配置・再利用し、新たな価値を創出する能力。すなわち、絶えず環境に適応するために必要な能⼒を指します。これらオーディナリー・ケイパビリティとダイナミック・ケイパビリティという2つの能力の相互作用を通して、企業は持続的競争優位を獲得することができることになります。

DynamicCapability.png

日本企業がイノベーションに挑戦できない理由 -「パラダイムの不条理」と発生コスト

多くの企業が「このままではいけない」と感じながらも、大胆なイノベーションに挑戦できない原因の一つに「パラダイムの不条理」があります。従来、企業は「事業パラダイム」というビジネスモデルを創り、それを進化させることでより多くの利潤を追求します。特に日本企業は、成功体験を得ることで現状のビジネスモデルのもとにコストを削減し、利益の最大化を目指してより効率的に行動しようと努力する内向きの傾向が強いようです。

それゆえ、周りの環境に大きな変化があったとしても、パラダイムを変革することなく、既存のパラダイム内でまじめに変化に対応しようとします。しかし、これでは大きな変化に対してタイムリーに適応することは難しく、自社を取り巻く環境の変化に適応できずに失敗してしまいます。

  • 既存のパラダイム放棄により、これまでの投資が無駄になる(「埋没コスト」の発⽣)
  • 既存のパラダイムに従っていれば得られるはずの利益を失う(「機会コスト」の発⽣)
  • 既存のパラダイムに固執する⼈々(利害関係者)の説得が必要になる(「取引コスト」の発生)

そのため、変革によって発生する上記3つのコストがあまりに大きい場合、例え長期的(あるいは社会的)に見て既存のパラダイムが非効率であったとしても「現状を変えないほうが合理的である」という判断に至ってしまいます。企業による合理的な判断が、結果的には保守的な経営や組織の硬直化を招いてしまうのです。これがパラダイムの不条理です。
実際に変革を実行するには、これらのコスト以上にプラスを生み出すような変革、つまり既存の資産の再構成・再配置・再利用が必要です。この再構成・再配置するために提唱されているのが「共特化の原理」であり「オーケスレーションの原理」とも呼ばれている原理です。

ダイナミック・ケイパビリティによるイノベーション事例

ダイナミック・ケイパビリティを発揮し、イノベーションを起こした代表的な企業の一つが、富士フイルムホールディングス(株)です。同社は元々写真フィルムメーカーでしたが、デジタルカメラの普及に伴う急速な市場縮小に対応するために、多角化戦略に乗り出し、コラーゲンをめぐる写真技術を活かして化粧品業界への参入に成功しました。まさにダイナミック・ケイパビリティを存分に発揮して多角化し、生き残ったのです。
これに対して、同じ課題に直面していた米国の大手フィルムメーカーは同じ技術を有していたにも関わらず、それらを利用せず、既存の事業パラダイムのもとにオーディナリー・ケイパビリティを駆使してコスト削減を続け、倒産しました。

日本企業はダイナミック・ケイパビリティのポテンシャルが高い
  1. 企業内部の労働流動性の高さ
    日本企業は会社内部の労働流動性が非常に高く、外部環境の変化に応じて社内の人的資源を再構成・再配置・再利用しやすい。
  2. ステークホルダー経営の浸透
    "株主が儲かりさえすれば良い"という株主主権の経営の発想ではなく、社内外のステークホルダーを重視する経営、共創による価値づくりが根付いている。
講師プロフィール(掲載時点)

菊澤 研宗(きくざわ けんしゅう)氏
慶応義塾大学商学部・商学研究科教授

事業創出プログラム「Cyano Project(シアノプロジェクト)」オンライン説明会
持続可能な経営を実現されたい企業の方へ

ecosystem.png

アミタグループは、これからの持続的な経営スタイルとして、ステークホルダーを統合する「ミッション」、サプライチェーンの持続性を高める「循環型ビジネス」、そして「ダイナミック・ケイパビリティ」の3要素から成り立つ「エコシステム経営」を提唱しています。
関係性がカギとなる循環型事業の構想、プロトタイプ製作、外部パートナーを含む組織体制の構築まで、「ミッションベースド・ダイナミック・ケイパビリティ」をベースとしたエコシステム経営の実現を徹底してご支援します。

書き手プロフィール(執筆時点)

駒井 映里(こまい えり)
未来デザイングループ 共感クリエーションチーム

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる