FX取引の仕組み

口座開設の前に知っておきたいメリット

口座開設の前に知っておきたいメリット
定期的にチェックして、資産全体のバランスの調整(リバランス)が必要になっていないか確認しよう

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have 口座開設の前に知っておきたいメリット read and understand the above information" 口座開設の前に知っておきたいメリット link at the bottom of 口座開設の前に知っておきたいメリット the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed 口座開設の前に知っておきたいメリット only at residents of Japan and the information provided is not 口座開設の前に知っておきたいメリット for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the 口座開設の前に知っておきたいメリット solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes 口座開設の前に知っておきたいメリット to be reliable, Nomura Asset 口座開設の前に知っておきたいメリット Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute an offer to 口座開設の前に知っておきたいメリット sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to 口座開設の前に知っておきたいメリット any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website 口座開設の前に知っておきたいメリット be deemed to constitute an offer 口座開設の前に知っておきたいメリット of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person 口座開設の前に知っておきたいメリット as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person 口座開設の前に知っておきたいメリット may offer investment in these funds to residents of the United 口座開設の前に知っておきたいメリット States.

iDeCo(イデコ)の受け取り方とリバランス・スイッチングなどの運用方法 iDeCo Vol.4。LIFULL HOME'S PRESSは、住宅の最新トレンドや専門家による正しい住宅情報を発信していきます【LIFULL HOME'S PRESS/ライフルホームズプレス】

iDeCo(イデコ)の受け取り方とリバランス・スイッチングなどの運用方法 口座開設の前に知っておきたいメリット iDeCo Vol.4

資料請求したまま? 口座開設したまま? 掛金拠出しっぱなし?

iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金の運⽤開始までの3つのハードルを見ていこう

iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金の運⽤開始までの3つのハードルを見ていこう

iDeCoシリーズのコラムも最終回。「iDeCo Vol.1~Vol.3」では、資料請求、金融機関選び、リスク許容度に見合った運用選択というiDeCoのステップを見てきた。「iDeCo Vol.4」は、iDeCoとの付き合い方と受け取り方がテーマだ。

「ほったらかし」は「指定運用方法」へ。「自分で選び自分で育てる」が鉄則
iDeCoの規約には「加入者等は(中略)自己の責任において運用の指図を行う」とある。「運用の指図」は資産形成において重要で醍醐味のあるオペレーションだ。だが残念ながら、運用商品の選択をしないまま「ほったらかし」となるケースがあり、問題となっていた。2018年に確定拠出年金法等の一部が改正され、運管は、規約の定めるところにより、指定運用方法を選定・提示することができるようになった。

iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金を、運⽤商品の選択をしないまま「ほったらかし」にすると意に反した運⽤⽅法になってしまう可能性がある

iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金を、運⽤商品の選択をしないまま「ほったらかし」にすると意に反した運⽤⽅法になってしまう可能性がある

【指定運用方法とは】
仕組みは、こうだ。加入者が、初回掛金の入金後、特定期間(3ヶ月間など)を経過しても運用指図を行わない場合、運管から「特定期間経過のお知らせ」が加入者へ通知され、さらに猶予期間(2週間など)に運用指図を行わなければ、あらかじめ運管が指定した方法で商品が自動購入され、運用が開始する。もちろん、運管が好き勝手に指定できるのではなく、年金連合会への届け出や加入者へ必要情報の提示などの手続きが必要であることは、言うまでもない。

【指定運用方法がある場合】
指定運用方法がある運管では、運用指図がない間にプールされた掛金で、指定運用商品が購入される。また、これから拠出される掛金においても、本人が配分割合等を変更しない限り指定運用商品が購入される。なお、待機期間ともいえる特定期間中の掛金は、未指図個人別管理資産(現金相当の資産)として管理されるため、商品が購入されたり資産運用されたりするということはない。

【指定運用方法がない場合】
指定運用方法がない運管では、加入者が掛金の配分割合を設定するまで、拠出済の掛金は「待機資金」として現金での仮保管状態となり、運用はなされない。時間をかけて将来の資産を育てるというiDeCo本来の目的からは逸脱してしまう。指定運用方法の有無や指定運用商品については、運管のホームページやコールセンターなどで確認しよう。

【指定運用方法はさまざま。自分で選び、資産を育てよう】
指定運用商品は、運管によってさまざまだ。定期預金もあれば、投資信託もある。運管は、指定運用方法を選定・提示する場合、利益の見込みと損失の可能性、選択理由などの情報を加入者へ提供しなければならない。iDeCoの公式サイトには、33の運管の指定運用方法が選定理由とともに掲載されている。2021年4月1日版では、定期預金等の元本確保型のみの指定運用が18、投資信託が選定されているものが15となっている。

iDeCo(イデコ)運用中の確認と見直し

次に、運用中の見直し方法について見ていこう。
「iDeCoは毎月の積立てだから」とほったらかしの人も多いのではないだろうか。なるほど一理ある。「iDeCo Vol.2」の運用商品で言及したターゲット・イヤー・ファンドなどは、運用期間に応じた投資のメンテナンス等をプロに任せるもので、加入者はほったらかしも可能となる。運用スタイルに適した商品選択が重要なのだ。

(1)購入商品、購入配分の変更(リバランス・スイッチング)
拠出する掛金で購入する商品を変更したり、購入配分を変更したりできる。例えば、これまでは掛金100%でAファンドを購入していたが、A・B・C・Dの4ファンドに25%ずつ配分する、などの変更だ。

【リバランス】
資産全体のバランスの調整は、「リバランス」などと言われる。例えば、資産全体での目標バランスを先進国ファンド60%、新興国ファンド40%とし、掛金の配分割合も先進国60:新興国40としていたとしよう。新興国ファンドの成績がよくて資産バランスが逆転した場合、当初の目標バランスに戻す必要が生ずる。リバランスの手段の一つは、掛金の配分割合の見直し。新興国ファンドの割合を下げてバランスが調整されるのを待つ方法だ。そしてもう一つは、預け替え。現在保有する新興国ファンドを売却し、先進国ファンドを購入して調整する。

【スイッチング】
預け替え(スイッチング)は、現在保有している運用商品を売却し、その代金で他の運用商品を購入する取引だが、その目的はリバランスに限らない。先に述べたリスク許容度に応じた預け替えもあれば、好成績のファンドを売却して利益を確定させるという目的もあるだろう。売却の際、運用商品が値上がりしていれば、売却代金は拠出額よりも多くなる。

(2)拠出額の変更・停止
iDeCoでは、事前に手続きを行うことで掛金の減額や拠出の停止が可能だ。転職等によって一時的に収入が減り、掛金拠出をいったん減額、停止するようなケースが想定される。家計に余裕ができた後に掛金の拠出を再開することもできる。ただし、下記の点に注意しよう。

定期的にチェックして、資産全体のバランスの調整(リバランス)が必要になっていないか確認しよう

定期的にチェックして、資産全体のバランスの調整(リバランス)が必要になっていないか確認しよう

【掛金額の変更】
掛金額の変更は、1年に1度。運管へ「加入者掛金額変更届」を提出して行う。

【掛金拠出の停止】
拠出の一時停止という扱いはない。停止の手続きをとると、加入者ではなくなり運用指図者となる。拠出はしないが、これまでの資産の運用指示は可能であり、商品の預け替えもできる。その間、口座管理手数料等のコストが発生することは留意したい。運管へ「加入者資格喪失届」を提出して行う。

(3)iDeCoの見直しポイント/市場動向と自分の事情で考えよう
iDeCoの運用スタイル、運用商品、掛金などの見直しは、市場動向や運用商品の成績を中長期視点で考えて行う。将来を完璧に予測することはできないが、「ファンドの基準価格が下がったから怖くなった」という理由だけで配分を減らすのは、少し短絡的だ。

定期的にチェックして、資産全体のバランスの調整(リバランス)が必要になっていないか確認しよう

「毎⽉〇⽇」など、iDeCo(イデコ)の管理画面を定期的にチェックする日を決めてみよう

60歳になったら? iDeCo(イデコ)の出口戦略

受給開始年齢
運管選び、掛金拠出、運用と時間をかけて育ててきたiDeCoもいよいよ出口が近づいてきた。受け取り時期や方法、税制について、みていこう。

【受給開始は、原則60歳】
iDeCoの運用資産は、老齢給付金として原則60歳から受け取れる。確定拠出年金制度では、加入者の60歳到達時の「通算加入者等期間※」に応じて給付開始年齢が決まるが、60歳時点で確定拠出年金への加入者期間が10年に満たない場合、支給開始年齢が段階的に先延ばしになる(下表参照)。

 iDeCo(イデコ)の受給開始年齢

iDeCo(イデコ)の受給開始年齢

【「原則60歳」の例外給付】
「脱退一時金」
※個人型記録関連運営管理機関又は国民年金基金連合会に請求するケース。
以下のすべての要件に該当すると、60歳未満でも「脱退一時金」として資産を受け取ることができる。
①国民年金保険料免除者であること。
②障害給付金の受給権者でないこと。 口座開設の前に知っておきたいメリット
③掛金の通算拠出期間が3年以下であること(退職金等から確定拠出年金へ資産の移換があった場合には、その期間も含む)又は資産額が25万円以下であること。
④最後に企業型年金加入者又は個人型年金加入者の資格を喪失した日から起算して2年を経過していないこと。
⑤企業型確定拠出年金の資格喪失時に脱退一時金を受給していないこと。

(2)受け取り方法は3種類
iDeCoの老齢給付金としての受け取り方法は、①一時金、②年金、③一時金と年金の併用、と3種類。60歳以降の働き方や暮らし方、退職金や公的年金など、他の収入も考慮し、総合的に考えることが望ましい。

【一時金・受け取り】
受給権が発生する年齢(原則60歳)に到達後、70歳になるまでの間に一時金として一括で受け取る。

【年金・受け取り】 口座開設の前に知っておきたいメリット
年金で受け取る場合は、5年以上20年以下の有期年金として受け取る。受給権が発生する年齢(原則60歳)に到達すると、運管が定める方法で支給される。年間の支給回数や支給月などの選択は運管によって異なる。「一時金でもらうと一度に使ってしまいそう」や「生活費の補てんが目的」などのケースに向いている。

【一時金と年金の併給受け取り】
一時金と年金との併給ができる運管もある。例えば、60~65歳の間に年金で一部を受け取り、65歳に残額を一時金で受け取るなど、受給時期をずらすことも可能となる。

 iDeCo(イデコ)の受給開始年齢

iDeCo(イデコ)の受け取り方法3種類を確認しておこう

iDeCo(イデコ)の受け取り方法による税金等のコストの違いに要注意

iDeCo(イデコ)の受け取り方法の種類と、それぞれのコストを確認しておこう

iDeCo(イデコ)の受け取り方法の種類と、それぞれのコストを確認しておこう

(1)「一時金」受け取り⇒「退職所得」
税金は、一時金収入の全額に課税されるわけではない。課税対象となる「退職所得」は、収入金額から「退職所得控除額」を引き算した金額をさらに2分の1にして算出する。「退職所得控除額」は、勤続年数で異なり、20年までは1年あたり40万円。21年以降は同70万円だ。
※最低控除額は80万円

【ポイント】iDeCoの一時金に課税されるケース
・退職金とiDeCo一時金の合計が、退職所得控除額を上回る場合
・勤続年数や加入者期間が短く、退職所得控除額が退職所得よりも少ない場合

(2)「年金」受け取り⇒「雑所得」
iDeCo資産を年金で受け取ると、雑所得に区分される。雑所得は、総収入金額から公的年金等控除額を引き算して求める。公的年金等控除額は、65歳未満と65歳以上で異なり、さらに、公的年金等以外の合計所得金額によって異なる。

(3)受け取り方法による手数料の違い
iDeCo資産について、老齢給付での受け取りを申請すると、裁定の後、運用商品が売却されて給付がなされる。一時金で受け取ってしまえば、iDeCo口座はクローズ。一時金を送金する際の給付手数料440円を支払って手続きが完了する。

(4)注意したい社会保険料
退職し、収入がなくなれば、所得税の支払いはなくなる。一方で、国民健康保険料や介護保険料は継続する。保険料は被保険者の年収によって確定するため、iDeCo資産を年金で受給すると国民健康保険料や介護保険料が上昇する場合がある。

iDeCo(イデコ)の受け取り方法の種類と、それぞれのコストを確認しておこう

iDeCo(イデコ)の受け取り⽅法による所得区分と社会保険料の違い

(5)「一時金vs年金」、軍配は「一時金」
所得控除と手数料を考慮すれば、コスト的には「一時金」給付に軍配が上がるだろう。既受給者の選択が気になるところだが、運営管理機関連絡協議会の確定拠出年金統計資料(2020年3月末)によれば、確定拠出年金の老齢給付金件数のうち、企業型で74.02%、個人型で60.97%が「一時金」となっている。選択理由はさまざまだろうが、コスト面も理由の一つに違いない。

押さえておきたい! 受け取り方のルールとポイント

(1)他の退職所得との調整ルール
iDeCoの老齢給付に関しては、所得控除額の枠を他の退職手当や年金収入と共有し、退職所得控除額の計算元となる勤続年数は、加入者期間と比較して長いほうが採用される。すでにお伝えしたとおりだ。さらに、押さえておきたいのは、iDeCo資産を一時金で受給する場合、過去に受け取った退職所得と勤続年数が調整されるというルールだ。

【調整ルール】
課税退職所得を計算するにあたって、確定拠出年金の一時金の課税年の前年以前14年内に他の退職所得を受け取っている場合、勤続年数が調整される(その他の一時金は、前年以前4年間)。

次の例で比べてみよう。
前提
・iDeCo:資産1,000万円、加入者期間25年(35歳~60歳)
・退職手当:1,800万円、勤続年数35年(25歳~60歳)

(例a)60歳でiDeCoと退職手当を一時金で受給
退職所得控除:1,850万円=800万円+70万円×(35年-20年)
退職所得:(1,800万円+1,000万円-1,850万円)×1/2=475万円

(例b)60歳でiDeCo、65歳(勤続年数40年)で退職手当をそれぞれ一時金で受給
iDeCo:退職所得控除額1,150万円=800万円+70万円(25年-20年) 口座開設の前に知っておきたいメリット
退職所得控除が一時金の額を上回るため、課税はなし
退職手当:退職所得控除2,200万円=800万円+70万円(40年-20年)
退職所得控除が退職手当の金額を上回るため、課税はなし

iDeCo(イデコ)をどのように受け取るのか、受け取り可能な時期が近くなる前に考えておきたい

iDeCo(イデコ)をどのように受け取るのか、受け取り可能な時期が近くなる前に考えておきたい

(2)「一時金+年金」併給プランで時期をずらす
iDeCo資産の中で受給時期を分散することも可能だ。現在、公的年金の受給開始年齢は、男性:昭和36年4月2日生まれ以降、女性:41年4月2日生まれ以降は、65歳から。このことを踏まえ、iDeCoの老齢給付「一時金+年金」の合わせ技を考えてみよう。

(3)iDeCoの受け取り方は、千差万別 口座開設の前に知っておきたいメリット
数例見ただけだが、iDeCoの老齢給付の受け取り方は、資産額、加入者期間、その他所得、受給時期、順序など、多種の組み合わせがあることを理解いただけたのではないだろうか。60歳になったから、退職するから、と単純に給付申請をするのは、どうやらもったいないようだ。

他人事じゃない!?「DC難民」

・移管時、相場や本人の意思に関係なく売却、現金化される。
・移管された資産は、運用されない(運用機会の損失)。
・自動移管時に手数料が発生(移管されるだけで4,348円が必要)。
・自動移管中は、月次管理手数料の負担有り(資産残高は目減りするのみ)。
・自動移換中は、通算加入者等期間に不算入(受給開始年齢が遅れる可能性有り)。

マイナンバーカードの悪用

ネットでFX口座開設にあたり、手続きをしたところ、写真が不鮮明のため後日再提出を依頼するメールが来ました。 指示通りにマイナンバー通知カードと運転免許証の写メをメールで送信しました。 しかし、このような形で送信してしまい、悪用される可能性があることを思い、たいへん後悔しています。 今後起こりうる悪用の可能性と、取るべき措置を教えていただけたら幸い.

夫の引き出しから、私、子供のマイナンバー通知書、申請書が見つかりました。 夫は過去にも私名義でクレジットカードを作ろうとした為、現在私自身CIC、貸金業協会に貸付をしないように登録をしてます。 夫のマイナンバー申請の意図が分からないのですが、考えられる悪用を教えて頂いてもよろしいでしょうか。また、私の思うクレジットカード申請の場合は、私の貸付自粛制.

相談の背景 マイナンバー通知カードと免許証をコンビニでコピーした際にコピー機に置き忘れてしまいました。 90分後に戻ったところコピー機に挟まったままではあったのですが、その間にコピーされていないか心配です。 遺失届などは出さないまま手元にカードと免許が戻ってきましたので、その間にコピーされて、消費者金融や口座開設などで使われたら、支払いの義務が.

【相談の背景】 3月末頃財布の中に入れていたマイナンバーカードがないことに気付きました。家中捜索しましたが見つからず、心当たりがあるとすれば、コンビニでコピーをとるためにカードを出したので、コピー機に置き忘れた可能性があります。 とりあえず寄った店舗等にカードが落ちていなかったか等確認し、1週間後に警察に紛失届とマイナンバーカードの利用停止をかけ.

【相談の背景】 今日、財布に入れていたマイナンバー カードが紛失しました 他の投稿はある程度、読んだ上で投稿 させていただきます。 現在の対応状況 1.警察に紛失届け 2.コールセンターに停止連絡 3.立ち寄った4箇所中2箇所に連絡 明日、残り2箇所に連絡予定 【質問1】 上記対応以外にするべき事はありますか? 【質問2】 悪用されるとすると、どん.

SNS運用担当の仕事価値が高まる「公式SNS運営アンケート」注目すべきメリットとは?

菅原大介(以下、菅原) 口座開設の前に知っておきたいメリット :自社が運営する公式SNSの利用状況をユーザーアンケートにて聴取し、公式SNSの効果検証やユーザーがどのようなことを求めているのかなどを取得するアンケートを「公式SNS運営アンケート」と位置づけました。SNSはユーザーとコミュニケーションがとれるメディアで、企業にとって重要な顧客接点です。「公式SNS運営アンケート」を通じて、ユーザーからのフィードバックを得ながらSNSの運営方法を改善していきます。

――菅原さんが公式SNSでアンケートを行う手法に着目されたのはなぜでしょうか?

菅原 :近年SNSを運営している企業が増えているにもかかわらず、SNS運用担当の仕事価値は広まりづらいなと感じたからです。とくにアプリを運営されている企業などでアンケートが実施されるケースが増えている印象ですね。

――公式SNS運営アンケートが向いているのはどのような企業でしょうか?

菅原 :まず、複数のSNSを運営したり、マルチアカウントでSNSを運営している大企業にとって、公式SNS運営アンケートは効果的です。というのも、あとで出てくるようにメリットとして「マーケティング成果の複線化」ができるので、SNSの価値を明確化しやすいからです。

――どのような職種の方が公式SNS運営アンケートを行うのでしょうか?

菅原 :SNSの運営を会社方針や事業計画と結びつけることができる事業企画や営業企画などの担当者がいいのかなと思います。SNSの運営担当だと方針や計画がおりてこなかったり、運営を外部に委託していて共有できなかったりするケースもあります。そうなると運営担当では「アンケートを行おう」などの発想になりづらいためです。

公式SNS運営アンケートの3つのメリット

――公式SNS運営アンケートのメリットは何でしょうか?

菅原 :公式SNS運営アンケートのメリットは大きく3つあります。1つ目は「マーケティング成果の複線化」になること。SNS活動の運営指標は、投稿インプレッションや新規フォロワー数、お気に入り保存率などの指標で確立されています。SNS担当者はKPIや実績を社内に強調していく必要がありますが、自社のSNSアカウントの評価や、ほかのSNSと比較した際の比較を周囲に説明しづらいのです。

ここで公式SNS運営アンケートの回答と日々のユーザーエンゲージメントを表す各種指標の数値を併せることで、周囲に伝わりやすいSNS成果として評価できます。このように公式SNS運営アンケートは「マーケティング成果の複線化」になるのです。

――2つ目のメリットを教えてください。

菅原 :2つ目は「担当ツールをまたいだ検証」ができることです。とくに実際の現場ではSNSごとに担当者を分けているケースが多く、SNS同士を比べて評価できず、会社としてSNSの良し悪しを評価しづらい。その点同じ内容のアンケートをとることで比べやすく、SNSを統括しやすくなります。

――3つ目のメリットは何でしょうか?

口座開設の前に知っておきたいメリット 菅原 :本来SNSはイメージ向上やブランディングなど、長期的に成果を得られるものです。これらは日々のコンテンツ投稿の積み重ねで得られる成果ですが、ビジネス貢献を意識して告知や宣伝ばかりをSNSに投稿しているとユーザーは離れてしまいます。SNS担当者がユーザーが求めていることを理解している場合はいいのですが、これがなかなか難しい……。

しかしアンケートを通してユーザーの要望を知ることで、投稿コンテンツの統一に必要な材料を得られます。SNSアカウントを通じて会社の個性を検証することができ、さらにファンの姿をデータに映し出すこともできるのです。こういった「ユーザー接点の機能性」を広げられる点もメリットですね。

LOVE SPORTS

投資を始めるならiDeCoよりつみたてNISAを優先すべき人の3つのパターンとは!?【ほったらかしで3000万円貯める!お金と投資の超入門】

iDeCoと、つみたてNISA、結局どっちがいいの?

●まずはiDeCo優先、都合がよくないなら、つみたてNISAを優先
「上限額まではムリ!」というとき、基本的には非課税メリットだけでなく所得控除も受けられるiDeCoのほうが有利なので、まずはiDeCoの枠を優先して使います。そのうえで、可能な限りつみたてNISAを上積みします。しかし、iDeCoでは都合がよくない場合やiDeCoのメリットがあまり受けられない場合には、つみたてNISAを優先することも検討します。具体的には、次のような場合です。

【出典】『ほったらかしで3000万円貯める! お金と投資の超入門』
監修:坂本綾子/ファイナンシャルプランナー(日本FP 協会認定CFP Ⓡ) 日本文芸社刊

監修者プロフィール
明治大学在学中より、雑誌の編集に携わり、卒業後にフリーランスの雑誌記者として独立。1988 年より女性誌、マネー誌にて、お金の記事を執筆。1999年にファイナンシャルプランナー資格取得。2010年にファイナンシャルプランナー坂本綾子事務所を設立し、執筆に加えて、家計相談やセミナー講師も行なう。2012 年よりフォスター・フォーラム(良質な金融商品を育てる会)の活動に参加、消費者教育を担当。近著に『年収200 万円の私でも心おだやかに毎日暮らせるお金の貯め方を教えてください!』(SB クリエイティブ)、『まだ間に合う! 50 歳からのお金の基本』(エムディエヌコーポレーション)、『節約・貯蓄・投資の前に 今さら聞けないお金の超基本』(朝日新聞出版)などがある。

書籍情報:『ほったらかしで3000万円貯める!お金と投資の超入門』
監修:坂本綾子/ファイナンシャルプランナー(日本FP 協会認定CFP Ⓡ)

もうお金で困らない、お金の不安を一掃! 知識ゼロ、貯金ゼロでもOK! ムリなく確実に、ほったらかしでドンドン貯まる「iDeCo(イデコ)」と「つみたてNISA(ニーサ)」のしくみと始め方をトコトンやさしく解説しました。いま、話題の「iDeCo」「つみたてNISA」は積み立て投資の最強ツールです。月3万円の積み立てでも、35年後には2700万円に!(年利4%で運用)。ほったらかしで3000万円を貯めるノウハウを存分に教えます。さまざまなシミュレーションのほか、成功例や失敗例、うまくいく「iDeCo」と「つみたてNISA」の始め方、失敗しない商品の選び方、選ぶべき厳選10本など、成功するために知っておきたい知識とテクニックが満載です。キーワードは、長期、分散、積み立て投資。投資に手間や時間をかけない、あてにいかない、予想をしない、なるべく早く初めて、長く続けること。ズバリわかる! ラクして大きく増やす、ズボラさん向けの投資術です。これからお金を増やしたい人、貯めたい人、必読です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる