投資助言

インデックス投資

インデックス投資
  • 先手必勝で日米株同時スタート、「大胆なようで手堅い」で勝利を掴む技
  • 明日の株式相場に向けて=黒田日銀総裁がカギを握る相場に
  • 「肥料」が9位にランク、JA全農の大幅値上げ発表で関心高まる<注目テーマ>
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月09日)
  • トレンド追随【パラボリック陽転】低PBR 18社選出 <テクニカル特集> 6月9日版
  • “脱炭素”と“食料不足”で再脚光、「代替肉」関連株に吹く追い風 <株探トップ特集>
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):メルカリ、INPEX、日テレHD
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月9日)

【市況】 日経平均VIは上昇、株価堅調だが短期的な上げピッチの速さを警戒

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

  • ・雨宮京子氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(1) <相場観特集> (06/06)
  • ・ 増配予想でも要注意、出遅れリオープン期待で注視は「無配継続」 (06/08)
  • ・【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月8日版
  • ・「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ.. (06/07)
  • ・ 先手必勝で日米株同時スタート、「大胆なようで手堅い」で勝利を掴む技 (06/09)
  • ・利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 33社選出 <成長株特集> (06/05)
  • ・“脱炭素”と“食料不足”で再脚光、「代替肉」関連株に吹く追い風 インデックス投資 <株探.. (06/08)
  • ・武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」 (06/07)
  • インデックス投資
  • ・「チタン」が13位、需給引き締まり継続で物色加速<注目テーマ> (06/08)
  • ・【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─東京市場に育つ大きな3つの柱! (06/05)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 先手必勝で日米株同時スタート、「大胆なようで手堅い」で勝利を掴む技
  • 明日の株式相場に向けて=黒田日銀総裁がカギを握る相場に
  • 「肥料」が9位にランク、JA全農の大幅値上げ発表で関心高まる<注目テーマ>
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月09日)
  • トレンド追随【パラボリック陽転】低PBR 18社選出 <テクニカル特集> 6月9日版
  • “脱炭素”と“食料不足”で再脚光、「代替肉」関連株に吹く追い風 <株探トップ特集>
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):メルカリ、INPEX、日テレHD
  • インデックス投資
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月9日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 話題株ピックアップ【昼刊】:INPEX、三菱UFJ、トヨタ
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月9日記)
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月8日版
  • “脱炭素”と“食料不足”で再脚光、「代替肉」関連株に吹く追い風 <株探トップ特集>
  • 今朝の注目ニュース! ★ホープ、ミアヘルサ、エネチェンジなどに注目!

お薦めコラム・特集

  • トレンド追随【パラボリック陽転】低PBR 18社選出 <テクニカル特集> 6月9日版
  • 明日の株式相場に向けて=黒田日銀総裁がカギを握る相場に
  • 先手必勝で日米株同時スタート、「大胆なようで手堅い」で勝利を掴む技
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月9日記)
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月8日版

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

円安だと、東証上場のS&P500 ETFにどんな影響があるの? ― 日本の投資家には円安はプラス、円高はマイナス

円安だと、東証上場のS&P500 ETFにどんな影響があるの? ― 日本の投資家には円安はプラス、円高はマイナス

※信頼できると判断した情報をもとに日興アセットマネジメントが作成。
※2022年1月4日を100としたデータを表示しています。
※グラフおよびデータは過去のものであり、将来の運用成果などを約束するものではありません。

円安と円高のタイミングで、東証上場のS&P500ETF インデックス投資 はどう変化する?

※信頼できると判断した情報をもとに日興アセットマネジメントが作成。
※当社が運用する0指数に連動するETFの終値の推移を表示しています。
※2019年1月4日を100としたデータを表示しています。
※グラフおよびデータは過去のものであり、将来の運用成果などを約束するものではありません。

※計算期間:2022年1月4日〜2022年5月20日 ※当社が運用するS&P500指数に連動するETFの終値の騰落率です。 ※データは過去のものであり、将来の運用成果などを約束するものではありません。

※計算期間:2020年6月1日〜2020年12月30日 ※当社が運用するS&P500指数に連動するETFの終値の騰落率です。 ※データは過去のものであり、将来の運用成果などを約束するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる