よくあるご質問

信用取引を活用した投資手法を徹底解説

信用取引を活用した投資手法を徹底解説
出典:DMM Bitcoin https://bitcoin.dmm.com/useful_information/crypto_assets_news

信用取引を学ぶ

something

資産運用に関する用語の比較として、「投資」と「投機」があります。「投資」は企業の業績拡大や成長など将来性を見込み資金を投入すること(株式を購入することもその1つ)を指します。一方で、「投機」はまさに機会を狙って売買することで、主に企業の一時的な業績動向や、株価推移等に注目した経験則的な株価動向予想などによって、短期的な売買益を狙う取引のことを指します。 なお、近年では、単に企業を分析し、中長期にわたって関係を築くことを広く「投資」とする場合もあり、信用取引の買いのみならず、信用取引の売りも「投資」に含める考え方もあります。信用売りの場合は、今後、市場規模などから株価が下落するだろうと判断し、短期ではなく、中長期で建玉を保有することを指すようです。 今回は、このうちの「投機」の考えに近い比較的短期間の取引、その中でも一日のうちに売買を繰り返す「デイトレード」と言われる取引手法ではなく、「デイトレード」と中長期的な「投資」の中間である「スイングトレード」と言われる取引手法について解説し、「スイングトレード」における信用取引の利用方法の一例についても紹介していきます。

LINE証券ではみんないくら位から投資をはじめてる?疑問や操作方法を徹底解説!

LINE証券ではみんないくら位から投資をはじめてる?疑問や操作方法を徹底解説!

「少額から取引できるとはいっても、できるだけリターンを出すためにまとまった金額で投資をしたい」と考えているかたもいらっしゃるかもしれません。その場合、いくらくらいまで自分の資産を投資に使っていいものでしょうか。
まずおすすめなのが、趣味やレジャーに使っているお金の一部を投資に回してみる、という考え方です。これは、少額から取引ができるLINE証券だからできる事です。日々の生活の中で節約してお金を捻出をする必要もないので、気軽にチャレンジができます。さらに、投資にお金を回せば利益が出る可能性もあるので、出た利益はそのままお小遣いとして使うこともできます。
あるいは、今持っているお金から生活するのに必要なお金や、5年以内に必要になってくるライフイベントに必要なお金を差し引いた「余裕資金」を投資に回すのもいいでしょう。
お小遣いの一部やしばらく使う必要のないお金で投資をすれば、相場が下落して株価が下がってしまっても「お金がなくて困ってしまう」といったことにはなりません。その分メンタル的にも余裕をもって取引に臨むことができます。

LINE証券に口座を開いた人の初回平均入金額は40,218円!

LINE証券に口座を開いた人の初回平均入金額は40,218円!

LINE証券の入金方法は簡単!

LINE証券の入金方法は簡単!

⓵たまったポイントも利用できるLINE Payからの入金

⓵たまったポイントも利用できるLINE Payからの入金

②クイック入金

②クイック入金

⓷入金専用口座への銀行振込で入金

⓷入金専用口座への銀行振込で入金

LINE証券で人気のデビュー銘柄ランキングを発表!

信用取引のメリットとリスク

40%以上も!ナイトセールの値上がり率ランキング

参考になる!LINE証券で人気のデビュー銘柄ランキング(2020年11月編)

注目のキーワード

人気記事ランキング

キャンペーン

LINE証券の公式SNS

LINE証券 LINE公式アカウントでおトクな情報を受け取ろう

LINE証券 最短3分・スマホで完結 いますぐ無料口座開設

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。 信用取引を活用した投資手法を徹底解説
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

仮想通貨のデイトレードの特徴や始め方・具体的な稼ぎ方を徹底解説|どんな人におすすめ?

daytrade

利益を得られるチャンスが多い

出典:Tradingview

また、値動きが少ないレンジ相場であっても、小さな値幅で利益を狙うデイトレードであれば利益を上げられる可能性があります。

少ない資金を効率よく運用できる

3つ目のメリットは、少ない資金を効率よく運営できることです。

いいかえれば、同じ資金を使って何度もトレードするため、少ない資金で利益を上げられるので資金効率が良い投資方法だといえます。

レバレッジ取引は手持ち資金以上の取引が可能で、仮想通貨の場合は2倍のレバレッジで取引できます。

DMM Bitcoinの場合、現物だけではなく信用取引でもレバレッジをかけることができますので、資金効率が良いデイトレードができます。

資金効率を高めた取引に興味がある方は、DMM Bitcoinの公式サイトをご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

仮想通貨デイトレードのデメリット

取引手数料が増える

1つ目のデメリットは取引手数料が増えることです。

予想外の価格変動で大きな損失を被る可能性がある

2つ目のデメリットは予想外の価格変動で大きな損失を被る可能性があることです。

予想外の価格変動で大きな損失を被る可能性がある

出典:楽天ウォレット

小さな利幅で利益を上げるデイトレードにとって、短期間の急激な価格変動は重大な結果につながる可能性がありますので、短期取引のリスクの一つとして把握しておきましょう。

仮想通貨デイトレードの始め方

暗号資産取引所でアカウントを作成す

購入・売却する仮想通貨を決定

取り扱っている仮想通貨は暗号資産取引所ごとで異なりますので、自分が取引したい仮想通貨があるところでアカウントを作成しなければなりません。

初心者の場合は取引量が多いビットコインやイーサリアムなどでデイトレードを行い、慣れてきたら他の仮想通貨でのトレードを始めてみてもよいでしょう。

相場状況を見ながら仮想通貨を売買

最後に、購入(買い注文)または売却(売り注文)した仮想通貨を売買します。

スキャルピングほどではありませんが、相場が予想外に大きく動くことがありますので、急変を察知したら素早く損切りする決断も必要です。

相場状況を見ながら仮想通貨を売買

出典:DMM Bitcoin https://bitcoin.dmm.com/about/trading_flow

DMM Bitcoinのスマートフォンのトレード画面はシンプルで非常に見やすく、初心者でも誤操作しにくい作りになっています。

気軽にトレードを行ってみたい方は、DMM Bitcoinの公式サイトをご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

仮想通貨デイトレードの稼ぎ方

ニュースなど最新情報を集める

1つ目のポイントは、ニュースなど最新情報を集めることです。

ニュースなど最新情報を集める

出典:DMM Bitcoin https://bitcoin.dmm.com/useful_information/crypto_assets_news

その間、相場に大きな影響を与えるニュースがいつ飛び込んできてもおかしくありません。

上の画像はDMM Bitcoinのものですが、取引所ごとで最新のニュースをアップしていますので、自分が使っている取引所で常に最新情報を得るようにしましょう。

最新情報を得たいという方は、シンプルで見やすいDMM Bitocoinの公式サイトを確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

テクニカル分析を行う

2つ目のポイントは、テクニカル分析を行うことです。

テクニカル分析とは、価格や値動きの規則性・サイクルに注目するチャート分析方法です。

テクニカル分析を行う

出典:マネックス証券 https://info.monex.co.jp/technical-analysis/indicators/005.html

一般的に、短期投資はテクニカル分析が有効とされますので、仮想通貨のデイトレードでも有効と考えられます。

レバレッジ取引を活用する

3つ目のポイントは、レバレッジ取引を活用することです。

レバレッジ取引とは

デイトレードのように、1日に何度も取引する場合は資金量が多いほど有利になりますので、レバレッジで実質的な資金量を増やすことで利益を増やせます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる