株初心者必見

キャッシュフロー計算書(C/F)とは

キャッシュフロー計算書(C/F)とは

最後に、キャッシュフロー計算書の作成方法を簡単に説明します。ここでは、多くの企業が採用している「間接法」での作成方法を取り上げます。

キャッシュフロー計算書の見方・意味・ポイント

経営を行ううえでは、さまざまな場面で資金調達が必要になります。
「お金を借りること」=「悪いこと」という価値観を拭いきれない経営者もいますが、必要な時にいかに資金を調達できるかで経営の成否を決めることすらあります。
また、「金融機関から融資を受け、それを問題なく返済した」という実績は、信用度をアップさせ、金融機関との信頼関係を構築することもできるので、万が一の時に必要な資金を調達しやすくなる、というメリットもあります。
金融機関から融資を受ける際には、さまざまな書類の提出が求められますが、そのひとつにキャッシュフロー計算書があります。

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書とは、一会計期間におけるキャッシュの流れを原因別にあらわした表をいいます。貸借対照表でも前期との比較でどのくらい現金が増えたのかは分かりますが、詳細な増減を把握するにはキャッシュフロー計算書の方が適切です。また、キャッシュフロー計算書は損益計算書とは違って、現金または現金同等物の増減の流れに着目していますので、取引発生のタイミングのズレがなく、今現在の会社のお金の流れをリアルタイムで把握することができ、必要な対策をタイムリーに講じることが可能になります。
損益計算書が黒字であったとしても、実際にキャッシュがあるということではなく、それを把握できずにいれば、キャッシュ不足に陥る可能性があります。そして、キャッシュが尽きれば「勘定あって銭足らず」の状態に陥り、会社は倒産してしまいます。
経営上の問題点を早期に把握し解決していくためには、損益計算書や貸借対照表だけでなく、現金の流れ・量をあらわすキャッシュフロー計算書の数字も同時に見ていくことが大切なのです。
キャッシュフロー計算書は、下記3つの区分に分けられます。

「投資活動によるキャッシュフロー」
固定資産や投資有価証券などの取得による支出や、固定資産や投資有価証券の売却による収入など、投資活動によって生じた資金の動きをあらわします。

「財務活動によるキャッシュフロー」
資金の調達や返済によって生じた資金の動きをあらわします。

(1)営業CFは「お金の出入り」

(2)投資CFは「資金運用のお金の出入り」

キャッシュフロー計算書の2番目に表示されるのが、「投資活動によるキャッシュフロー」です。
投資CFとも呼ばれ、資金運用上のお金の出入りが記載されています。
投資キャッシュフローは、直接営業にかかわる内容ではなく、投資を行い、営業を補助する取引を行った場合に計上されるキャッシュフローのことで、有形固定資産の取得・売却による資金の増減や、資金の貸し付け・回収による資金の増減が記載されます。

キャッシュフロー計算書(C/F)とは
・有形固定資産および無形固定資産の取得による支出
・有形固定資産および無形固定資産の売却による収入
・有価証券及び投資有価証券の取得による支出
・有価証券及び投資有価証券の売却による収入
・貸付による支出
・貸付金回収による収入

(3)財務CFは「資金調達関連のお金の出入り」

(4)キャッシュフロー計算書と貸借対照表

(5)キャッシュフロー計算書と損益計算書

損益計算書からは、最終的に「当期純利益」がどのような過程を経て生み出されたのかを把握することができます。
その意味では、損益計算書とキャッシュフロー計算書は重複するようにも見えます。
しかし、損益計算書の「当期純利益」は、費用、収益とも現金主義で計上されているわけではなく、費用は発生主義(取引が発生した時点で計上)、収益は実現主義(商品を引き渡した時点で計上)により計上されています。したがって、損益計算書の「当期純利益」は、実際にその会社がその期に獲得したキャッシュとズレが生じることになります。
このキャッシュのズレを把握する目的で作成されているのが、キャッシュフロー計算書ということになります。

(6)キャッシュフロー計算書の①間接法と②直接法

銀行が注目するキャッシュフロー計算書のポイント

(1)仮払金、立替金等がどれくらいか

仮払金、立替金、仮受金、預り金などの科目は、多少内容自体によって程度はあっても、どの科目も通常の経営を行っていれば多額に発生するものではありません。
どの科目も使途が不明確になる可能性が高く、また仮勘定の意味合いも持つため、健全な経営、安全なキャッシュフローに関する疑念を抱かせるリスクがあります。
ですから、仮払金、立替金、仮受金、預り金などの科目は少ない方が、銀行に与える印象は良くなります。

(2)営業CF+投資CFが多いか

(3)担保余力があるか

(4)含み損がないか

融資の可否を判断する際には、銀行員は決算書を中心に財務状況を把握します。
キャッシュフロー計算書は、その際の判断にとって大変重要な諸表ですし、損益計算書、貸借対照表も、もちろん判断材料となります。
銀行は、決算書の分析結果をもとに、安全性・収益性・成長性・返済能力等を評価し、融資を行うか、行う場合には、どの程度の金利を設定するか判断します。
したがって、自社の財務状況、決算書の正確性、妥当性を判断してもらうために、会計や税務の専門家である税理士に相談し、「銀行が喜ぶ決算書」とはどんな決算書なのかアドバイスを受けることが大切です。

銀行からの融資について相談する

freee税理士検索 では2,800以上の事務所の中からキャッシュフロー計算書や資金調達について相談できる税理士を検索することができます。
また、コーディネーターによる「税理士紹介サービス」 もあるので併せてご利用ください。

税理士の報酬は事務所によって違いますので、「税理士の費用・報酬相場と顧問料まとめ」 キャッシュフロー計算書(C/F)とは で、税理士選びの金額の参考にしていただければと思います。

キャッシュフロー計算書(C/F)とは? 起業家が資金繰りでキャッシュフローを増やす5分でわかる簡単まとめ

キャッシュフロー計算書のサムネイル


170万人の起業家・経営者の使う「創業手帳」創業者の大久保幸世です。

読者の起業家の方から最も多いご相談が、 「キャッシュフロー」や「資金繰り」の改善 です。創業手帳が起業家に向けたアンケートでも、 約65%の方が「資金に課題がある」と答えています 。会社経営や起業では、資金があるか・ないかで、事業の成長や存続が大きく左右されるという場面に、支援先の経営の現場やそして自分自身も日々直面しています。経営では、キャッシュフローや資金繰りに注力することで、手元のキャッシュや資金を増やすことが可能です。

その際にキャッシュフロー(CF)計算書を、ツールとして使うことがあります。キャッシュフロー計算書とは、あくまで資金繰りやキャッシュフロー改善のための道具であるため、 キャッシュフローをまとめて管理するのが大切 です。資金繰りを資料にまとめて日々チェックすることをお勧めします。

今回は、 キャッシュフロー計算書の基礎知識や実務知識を初心者にも分かりやすく解説 します。

この記事の解説者 大久保幸世
創業手帳 株式会社 代表取締役
大手ITベンチャー役員で、多くの起業家を見た中で「創業後に困ることが共通している」ことに気づき会社のガイドブック「創業手帳」を考案。現:創業手帳を創業。ユニークなビジネスモデルを成功させた。印刷版は累計100万部、月間のWEB訪問数は起業分野では日本一の100万人を超え、“起業コンシェルジェ“創業手帳アプリの開発や起業無料相談や、内閣府会社設立ワンストップ検討会の常任委員や大学での授業も行っている。毎日創業Tシャツの人としても話題に。無料創業相談も受付中。

1. キャッシュフロー計算書とは?キャッシュフロー改善・資金繰りの基本ツール

キャッシュフローのイメージ


まず、「そもそもキャッシュフロー計算書とはどういう書類で、会計書類の中でどういう位置づけにあるのか」という基礎知識について解説します。

決算書とは?

まずは、その「決算書」とは何か、というところから見ていきましょう。すべての会社は、決算書を作る義務があります。決算書は、会社の状態を数値で表したもので、経営状況を判断するために使われます。正式には「財務諸表(上場企業などが作成する)」もしくは「計算書類(それ以外の会社が作成する)」といいます。複数の書類から構成されており、最も重要とされているのが「財務3表」と呼ばれる次の書類です。

キャッシュフロー計算書とは?

紙とペン


決算書の1つである「キャッシュフロー計算書(C/F)」は、会計期間中の現金の流れを数値で示した書類です。簡単にいうと、「会社にどのくらいの現金があるか」ということが分かる書類です。日常生活に置き換えると、「家計簿」のようなイメージですね。

法令で作成が義務付けられているのは上場企業だけなので、全ての会社が作らなければいけないわけではありません。しかし、自社の状況を客観的に把握するためにも、 起業初期から作ることを強くおすすめします 。会計ソフトでは簡単にキャッシュフロー計算書を作ることができますし、もし難しい場合には正規のキャッシュフロー計算書までいかなくても、お金がいつ入っていつ出ていくかをまとめた「資金繰り表」を作ることをお勧めします。キャッシュフロー計算書では、 資金の流れを「営業活動」「投資活動」「財務活動」の3つに分けて表しま す。それぞれの見方は後述します。

「キャッシュフロー」はなぜ大事?

会計上の「利益」と、「手元の現金」はイコールではありません。商品やサービスを売り上げても、顧客から資金を回収するまでにはタイムラグが発生します。また、商品やサービスを生み出す前に、仕入れ等で先に支払いが必要な場合もあります。 そのため、損益計算書上では儲けが出ているように見えても、回収や支払のタイミングによっては赤字になっているケースも発生します。 手元のキャッシュが増えなければ、借入金の返済や仕入れ代金の支払いのために資金借り入れが必要になり、資金繰りが悪化してしまいます。最悪の場合、「黒字倒産」に追い込まれます。

キャッシュフロー計算書と資金繰り表の違い

2枚の書類


現金の流れ(キャッシュフロー)を把握するための書類には「資金繰り表」もあります。この2つの違いを説明します。
キャッシュフロー計算書は、過去における現金(キャッシュ)の流れを可視化した書類です。決算書の1つとして、外部に公表する必要があります。
一方、資金繰り表は将来の資金繰りを予測するために作成する資料です。会計年度にかかわらず、自由な期間を設定して作成することができます。あくまで作成は任意で、企業の内部資料であるという点も大きな相違点です。
「結果」を振り返るための書類と、「未来」に向けて作る書類。
役割は違いますが、どちらも会社の健全な運営に欠かせない書類です。違いを理解して活用しましょう。

2. キャッシュフロー計算書の読み方

電卓とメガネとペン


ここからは、実務的な知識をご紹介します。まずは、キャッシュフロー計算書の読み方を理解しましょう。

  • 営業キャッシュフローがプラスになっているか

3つのキャッシュフローの最も理想的な状態は 「営業活動がプラス、投資活動がマイナス、財務活動がマイナス」 の状態です。

2-1. 営業活動によるキャッシュフロー


営業活動によるキャッシュフローとは、本業によってキャッシュがどれくらい増減したかを示す項目です。つまり 「儲けたお金」を明らかにしたもの キャッシュフロー計算書(C/F)とは です。

キャッシュフロー計算書の「直接法」と「間接法」

営業活動によるキャッシュフローを記載する方法としては 「直接法」「間接法」 の2つがあります。

企業の経営実態を詳細に示すことができるのは「直接法」ですが、膨大な手間が発生するため 「間接法」を利用している企業の方が多い です。

2-2. 投資活動によるキャッシュフロー


投資活動におけるキャッシュフローは、固定資産・株・債権などの取得や売却をした時の流れを示す項目です。つまり 「使ったお金」を明らかにしたもの 。

2-3. 財務活動によるキャッシュフロー

フリーキャッシュフローとは?

フリーキャッシュフローとは、 会社が自由に使える資金 のこと。営業キャッシュフローと投資キャッシュフローの合計額です。

3. キャッシュフロー計算書の作成方法

紙と鉛筆


最後に、キャッシュフロー計算書の作成方法を簡単に説明します。ここでは、多くの企業が採用している「間接法」での作成方法を取り上げます。

キャッシュフロー計算書の作成に必要なもの

キャッシュフロー計算書は他の決算書類を用いて作るため、まずは 賃借対照表(前期・当期)、損益計算書(当期) を準備しましょう。

キャッシュフロー計算書は3項目から作成しよう

1-1. 営業キャッシュフロー

  • 減価償却費
  • 貸倒引当金の増加額
  • 棚卸資産の減少額
  • 売上債権の減少額
  • キャッシュフロー計算書(C/F)とは
  • 仕入債務の増加額
  • 利子利息の支払額
  • 貸倒引当金の減少額
  • 棚卸資産の増加額
  • 売上債権の増加額
  • 仕入債務の減少額
  • 利子利息の受取額
  • 法人税等の支払額

1-2. 投資キャッシュフロー

  • 固定資産の減少額
  • 有価証券の減少額
  • 固定資産の売却損
  • 有価証券の売却損
  • 固定資産の増加額
  • 有価証券の増加額
  • 固定資産の売却益
  • 有価証券の売却益

1-3. 財務キャッシュフロー

  • 短期借入の増加額
  • 長期借入の増加額
  • 株式発行の収入
  • 利子利息の受取額

キャッシュフロー計算書を作成するときの注意点

  1. 間接法の「営業キャッシュフロー」は、「税引前当期純利益」を記載する
  2. そのまま転記する項目と、増加額を記載する項目を間違えない

キャッシュフローや資金繰りは「 早期に着手することによってより効果が発揮される 」という特徴があります。経営の現場では手元資金が不足してから資金の調達に動いても間に合わないケースが多いのです。そのため、キャッシュフロー計算書や資金繰り表を活用し、日頃からチェックをしておくことが大切です。営業・投資・財務の各分類の数値が示す意味や作成方法を理解して、ビジネスに活用してください。

更に冊子版の創業手帳では、会計ソフトの導入についても詳しく解説しています。 会計ソフトがお得に導入できるキャンペーンコードも発行 しているので、ぜひチェックしてみてください。

会計意識 -岩谷誠治公認会計士事務所blog-

8: 12歳でもわかる!決算書の読み方

20150108

本日は、
「キャッシュフロー計算書の略称はC/FかC/Sか?」
この問題に決着をつけたいと思います。

論点1 略称の必要性

例えば、
「P/Lの当期純利益はB/S、キャッシュ・フロー計算書と関連している」
といった文章です。
これは、
「P/Lの当期純利益はB/S、C/Fと関連している」
と書いたほうがスマートです。
本文以上に、挿絵やイラストの場合、面積による制約が大きいためB/S、P/Lという略称を使わざるを得ず、キャッシュフロー計算書に略称がないと図が描けないケースもあります。

論点2 決算書とキャッシュフローの重複

例えば、
「最終的な現金増加額は営業活動によるキャッシュフロー、投資活動によるキャッシュフロー、財務活動によるキャッシュフローの合計額になる」
といった文章です。

論点3 「/」(スラッシュ)の有無

キャッシュフロー計算書 = C/F
営業活動によるキャッシュフロー = 営業活動によるCF

事例研究

次に、我が国における主要な会計書籍で、どのような略称が使われているかをみていきましょう。

パターン1 C/F

『財務会計』 広瀬義州 中央経済社 (横書)
(本文中は省略せずに「キャッシュ・フロー計算書」と記述しているが、仕訳例でC/Fという略称を使用)

『決算書を読みこなして 経営分析ができる本』 高下淳子 日本実業出版 (横書)
(キャッシュ・フロー計算書もキャッシュ・フローのいずれもC/Fを使用)

パターン2 C/S

『財務3表一体理解法』 國貞克則 朝日新書(縦書)
(縦書のため略称は「CS」本文中で「営業キャッシュフロー(営業CF)」と略している)

パターン3 略称は使用せず

『「1秒!」で財務諸表を読む方法』 小宮一慶 東洋経済新報社 (縦書)
(「キャッシュフロー計算書」で略称は使用せず)

『決算書はここだけ読もう』 矢島雅己 弘文堂(横書)
(決算書もキャッシュフローも略さずキャッシュフロー)

『財務会計講義 第14版』 桜井久勝 中央経済社 (横書)
(B/SとP/Lの略称は記載されているが、本文中は「キャッシュ・フロー計算書」と記述。ただし、「連結キャッシュ・フロー計算書等の作成基準を「CF基準」と略記を使用)

『新版 財務会計論 第4版』 新井清光 中央経済社 (横書)
(本文中ではB/SもP/Lも略称の使用はない)

結論

横書の場合 キャッシュフロー計算書はC/S
キャッシュフローは CF (例:営業活動によるCF)

縦書きの場合 キャッシュフロー計算書はCS
キャッシュフローは キャッシュフロー計算書(C/F)とは CF

決算書の読み方 キャッシュ・フロー計算書

キャッシュ・フロー計算書

本業でのキャッシュの流れ を示しており、企業がキャッシュを生み出す能力である。営業活動によるキャッシュ・フローの表示は、詳細な表示である 直接法 キャッシュフロー計算書(C/F)とは と簡便な表示である 間接法 の2種類があるが、実務上では間接法が多く利用されているため、今回は間接法を前提としている。ただ、結果的に小計以下は同じ数値となる。企業にとって本業から得るキャッシュがマイナスとなっている場合には、投資資金を自己資本でまかなうことができず、財務面に関しても借入の返済原資がないこととなる。逆にプラスの場合は、本業から生み出したキャッシュで投資を実施し、借入金の返済原資も確保できることとなり、企業にとってはプラスであることが望ましい。与信管理上では、 マイナスの場合の内容吟味 が重要となってくる。

投資活動によるキャッシュ・フローのチェックポイント!

固定資産および投資有価証券といった 投資に関連する分野の購入・売却によって生じたキャッシュの流れ であり、マイナスの場合は投資を実施して資金が支出されるケースが多く、企業にとっては最大でも営業キャッシュから生み出された金額の範囲内での計上が望ましい。仮に営業キャッシュ以上の金額で投資を実施すると外部からの資金調達を余儀なくされ、金利を負担しなくてはならないことになる。逆にプラスの場合は、投資した資産を売却してキャッシュを捻出するケースが多く、その場合は本業でキャッシュを生み出しておらず、資金繰りが厳しいことも想定される。よって、総合的には営業で生み出したキャッシュをベースに負担とならない投資の適正額を設定し、その範囲内で毎期継続的に投資(マイナス)を行う形が望ましい。与信管理としては、マイナスの場合は 負担とならない範囲内での投資額が計上 されていること、プラスの場合は売却した資産の状況、 売却して資金が必要となった理由など が重要となってくる。

フリーキャッシュ・フローのチェックポイント!

フリーキャッシュ・フローは営業キャッシュ・フローと投資キャッシュ・フローの和であり、 企業が自由に使用できる余剰資金 のことであり、プラスであることが望ましい。与信管理においては、フリーキャッシュ・フローがマイナスの場合、 手元のキャッシュがない ことを意味し、資金捻出のため金融機関から借入金を導入するなどして負債が増加してしまう可能性があるため注意が必要である。しかし、必要に応じて金額の大きい投資を実施している場合には問題ない。また、プラスの場合でも金額が大きい場合には投資に消極的な可能性もあり、 成長性が低い ことも考えられる。

財務活動によるキャッシュ・フローのチェックポイント!

金融機関からの資金調達・返済および株式発行による資金調達・配当金の支払、社債発行による資金調達・償還などの 財務状況を示すキャッシュの流れ であり、マイナスの場合は金融機関からの借入金の返済、社債の償還が進んでいるケースが多く、逆にプラスの場合には金融機関からの借入金や社債発行で資金を調達したりするケースが多い。与信管理において、マイナスの場合には、 営業から生み出されたキャッシュの範囲 で捻出されているかを確認する必要があり、プラスの場合には 資金が必要となった理由を確認 することが重要となってくる。いずれにしても営業・投資・財務それぞれが連動しており、 総合的に判断 することが重要となってくる。

キャッシュフローとは?初心者向けに計算書の読み方について詳しく解説!!

貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュフロー計算書(C/F)の3つを合わせて「財務三表」と呼ばれます。これらは一般的には決算書と呼ばれますが、本記事では、このうち、キャッシュフロー計算書(C/F)を理解することに焦点を当てています。
キャッシュフロー計算書の読み方がよくわからない方はもちろん、キャッシュフローの概念があやふやだったり、そもそもキャッシュフローの考え方がよく分かっていない人でも、読み進めるだけで基礎部分が理解できるようになっていますので、じっくりと読み進めてみてください。

キャッシュフローとは

キャッシュとは何か

キャッシュフローを理解するためには、まずはキャッシュの定義を掴むことが大切です。キャッシュは、英語にすると「cash」となり、現金を意味します。会計上はよく利益が重要視されますが、キャッシュ、すなわち現金の流れや、一時点でどれだけ現金を保有しているかを把握することも、資金繰りの点から非常に重要となります。

フローとは何か

続いて、フローの定義を明確にしましょう。フローは、英語にすると「flow」となり、流れを意味します。対義語としては、ストックという言葉があります。英語にすると「stock」となり、ある一時点で保有している量を意味します。
それぞれの意味について表にまとめると、下記のようになります。

【名称】 【意味】 【参照する財務三表】
フロー(flow) 流れ キャッシュフロー計算書(C/F)
ストック(stock) ある一時点で保有している量 貸借対照表(B/S)

お金の流れ = キャッシュフロー

つまり、キャッシュフローという言葉の意味は、お金の流れを意味します。利益が大きいか小さいかに関わらず、現金が入ってきたらプラス、現金が流出したらマイナスになるので、キャッシュフローは、会社のお金の出入りを意味しているんだな、と考えてもらえれば、わかりやすいと思います。

キャッシュフロー計算書(C/F)とは

キャッシュフローについて、ぼんやりとでも理解して頂けたかと思います。ここからは実際に、キャッシュフロー計算書(C/F)をどのように読めば良いのかがわかるようになることを目標に、キャッシュフロー計算書(C/F)について1つずつ理解を深めていきましょう。
キャッシュフロー計算書は「C/F」と略されることが非常に多いです。ここまで読み進めてくださった皆さんであれば、これが何を表しているのかおわかりかもしれませんが、正式名称は、「cash flow statement」となります(statementは”書類”という意味です)。
理解してしまえば非常に単純で、お金の流れを計算した結果が書いてある書類なんだな、ということがわかればOKです。

キャッシュフロー計算書(C/F)が必要な理由

ではなぜ、このキャッシュフロー計算書(C/F)が必要なのでしょうか。その最も大きな理由としては、先ほどもちらっとご説明いたしましたが、資金繰りの点にあります。

黒字企業でも倒産してしまう原因は、キャッシュフローにあった

決算書上で利益をいくら出している会社であっても、実際にその利益が現金として回収できなければ、次の利益を生み出すことができません。そのため、キャッシュフローを把握して、現金がどれだけ回収できる見込みにあるのかや、これから手元にある現金がどれだけ流出するのかの予想を立てておくことが肝要となります。
これができていない企業は、仮に利益が上がって、決算書上は黒字であったとしても、事業を継続していくための資金がショートしてしまい、倒産に追い込まれるケースがあります。このような事態を起こさない為にも、キャッシュフローを把握しておくことは非常に重要だと言えるでしょう。

各財務三表の違い

貸借対照表(B/S)

貸借対照表(B/S)は、英語の正式名称は「balance sheet」で、日本語でも「バランスシート」として呼ばれることがあります。決算日に会社が保有している資産・負債・純資産について記録しており、企業の財政状態を表す書類です。
貸借対照表』について気になる方はこちら

損益計算書(P/L)

損益計算書(P/L)は、英語の正式名称は「profit and loss statement」で、一定の会計期間における企業の収益・費用を記録しており、経営成績を表す書類です。

貸借対照表(B/S)キャッシュフロー計算書(C/F)とは とキャッシュフロー計算書(C/F)との違い

貸借対照表(B/S)は、決算日時点の記録に過ぎませんから、あくまでも決算日の状態を教えてくれるに過ぎません。この点をキャッシュフロー計算書(C/F)でカバーしています。
キャッシュフロー計算書(C/F)があることによって、現金の流出入が可視化され、どんな原因で増えて(流入して)、どんな原因で減って(流出して)いるかがわかるようになります。

損益計算書(P/L)とキャッシュフロー計算書(C/F)との違い

損益計算書(P/L)は、一定の会計期間のおける収益と費用の差、つまり利益がどれくらい出ているかを表しています。一見、これが黒字であればうまく会社が回っていると思ってしまいがちですが、先ほど申し上げたように、利益が出ても、それがしっかりと回収できなければ意味がありません。
損益計算書(P/L)のみでは、回収まで追うことができません。そこで、キャッシュフロー計算書(C/F)を使って、収益・費用に対する現金の流れを追うことができるようになり、黒字倒産のリスクを予め回避することができるようになります。

キャッシュフロー計算書(C/F)の見方

ここからは、実際にキャッシュフロー計算書(C/F)をどのように読み進めていけば良いのかを解説します。
キャッシュフロー計算書(C/F)を見ると、大きく3つの項目に分かれていることがわかると思います。

営業活動におけるキャッシュフロー(営業CF)

営業活動におけるキャッシュフロー(営業CF)は、企業の中心となる事業(いわゆる本業)活動における収入と支出の差額を表します。
この項目がプラスの場合は、本業によって資金を生み出せている状態となりますので、本業が順調であると判断することができます。
逆に、この項目がマイナスの場合は、本業で苦戦している、もしくは売掛金がきちんと回収できていないなどの原因が考えられます。
一般的には、営業CFはプラスである方が望ましいです。

投資活動におけるキャッシュフロー(投資CF)

投資活動におけるキャッシュフロー(投資CF)は、設備投資などで固定資産を購入したり、別の事業への投資などにより株式や債権などを取得した際などの現金の流れを表します。
この項目がプラスの場合は、固定資産や株式・債権などを売却して現金を得ている、と読み取ることができます。
逆に、この項目がマイナスの場合は、新たに固定資産を購入した、または投資を行った、と読み取ることができます。 実際に何にお金を使ったのかを見るには、貸借対照表(B/S)を前期と当期で比較してみるとわかる場合があります。
一般的には、投資CFはマイナスである方が望ましいです。投資CFがマイナスであるということが、将来的に収益を生み出す可能性につながる為です。

財務活動におけるキャッシュフロー(財務CF)

財務活動におけるキャッシュフロー(財務CF)は、現金の不足分をどのように補ったかを表します。
この項目がプラスの場合は、借入金や社債など、貸借対照表(B/S)上の負債となる科目 で資金調達をした、と読み取ることができます。
逆に、この項目がマイナスの場合は、貸借対照表(B/S)上の負債を返済したと読み取ることができます。
一般的には、財務CFはマイナスである方が望ましいですが、企業の経営方針などによって評価は異なります。例えば、現在成長を続けている企業で、更なる事業拡大のための資金調達をする為に、一時的に財務CFがプラスとなる企業もあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる