入門講座

MT4でフィボナッチの引き方と効果的な使い方

MT4でフィボナッチの引き方と効果的な使い方
トレンドはトレンド方向に向かう「主流の流れ」とトレンド方向とは逆の向きに動く「調整の流れ」の2つで構成されています。

MT4でフィボナッチの引き方と効果的な使い方

MT4・MT5を使っていて 『ログインできない』 『チャートが表示されない』 『取引できない』 といった状況になるのは、決してめずらしいことではありません。 まず、MT4・MT5が正常に稼働しているか .

MT4・MT5スマホアプリの使い方をすべて解説
cTraderの使い方とトレードに関するよくある質問
MT4のアラート機能の使い方とスマホでプッシュ通知を受信する方法

トラリピEA 無料プレゼント-2

FXの質問受付中

海外FX業者おすすめランキング2022!人気FX会社16社を口座比較
【2022年6月】海外FXおすすめ新規口座開設ボーナス(ノーデポジット・未入金キャンペーン)

口座開設ボーナスとは? 入金不要! 資金ゼロからトレードできる! 口座開設ボーナスとは、新規口座開設を条件にもらえる、その業者専用の取引資金のこと。 この口座開設ボーナスを活用すれば、たとえ自己資金ゼ .

海外FX入金100%ボーナスをクッションあり・なしで徹底比較【2022年最新おすすめ版】

入金ボーナスとは? 口座に入金するだけ! 資金を2倍3倍にできる! 口座への入金額に応じた取引ボーナスがもらえる。 海外FX業者が実施するキャンペーンの中で最も還元率が高い。 入金額に対し還元率100 .

海外FXで出金拒否なし・詐欺じゃない安全な業者BEST5

海外FXでよく問題視されるのは「出金拒否」。 これは、利益を出金したいのに業者側によってストップされてしまうというケースのことです。 その理由はさまざまですが、業者によってはユーザーに落ち度がないにも .

海外FX業者11社|実際のスプレッドを比較しました(平常時・早朝・窓空け・重要指標発表時)

海外FX業者を選ぶときに、まず気になるのは 「どのくらいスプレッドが狭く安定しているか?」 という点ですよね? 今回は、海外FX業者11社分のスプレッド計測データをもとに、スプレッドの広がり方の特徴を .

海外FX分析・手法、フィボナッチ・リトレースメントの使い方

フィボナッチを活用してFXで勝率を上げよう

フィボナッチ比率を使ったトレード手法はたくさんありますが、その中でもフィボナッチ・リトレースメントという手法がおすすめです。
最も多くのトレーダーが使用している代表的なツールであるため、フィボナッチ・リトレースメントのサポートライン、レジスタンスラインになるポイントは多くの投資家が見ていて売買の節目になることが多いからです。 MT4でフィボナッチの引き方と効果的な使い方
つまり、 フィボナッチ・リトレースメントのポイントを抑えておけば、トレード戦略が立てやすくなることを意味します

具体的には、天井(高値)から底(安値)、底から天井までの値幅を100%として、そこから次にくる戻りや押し目のレベルを予測して目標値として考えていきます
MT4では、フィボナッチ・リトレースメントを簡単に引くことができるので、目標値を視覚的に捉えることができますので、MT4の使える海外FXを使うとフィボナッチを活かしたトレードをおこないやすくなります。

海外FXのMT4でフィボナッチのラインを引く方法

MT4起動後、フィボナッチラインを引く

まずはMT4を起動させ、MT4のメニューバーにある点線と小さなFの文字のあるボタンをクリックします。

フィボナッチライン引き方

フィボナッチのラインの引き方

フィボナッチ数列 MT4上に引く

今回はUSD/JPYで、直近の安値A高値Bをメニューバーのフィボナッチの線で引いただけですが、 どんな場合でも基本的にはそのトレンドの高値安値を見つけて設定されているラインを引くだけなので簡単にフィボナッチのラインを引くことができます。

フィボナッチの比率がサポート・レジスタンスラインになる

フィボナッチ比率 MT4

フィボナッチラインは正確に引こうとしない

フィボナッチを引くとき、起点をローソク足のヒゲに合わせるのか、それとも実体に合わせるか、最初は迷ってしまいます。
これは正解はありませんので、最初から正確なフィボナッチを引こうとは考えずに、最初は自分のルールを作って引いてみてください。

ここで引く順番のルールを自分で決めていくのです。

ある日にヒゲと実体を結んで引いた、次の日は実体と実体にしてみるなど、ルールを定めないまま毎回引いてしまうと本当にフィボナッチが機能するかしないのかがよくわからず、トレードに自信がもてなくなります。
そこで、まずは 「必ずヒゲを起点にしてフィボナッチを引く」というようにルールを定めておく と良いのです。
そして毎回そのルールを統一させておきます。統一させておくことで、そのルールで引いたフィボナッチが機能しているかどうかの判断がしやすくなるのです。

フィボナッチの効果的な使い方を解説

強いトレンドは23.6%、38.2%が押し目

フィボナッチ MT4 押し目

上の画像の押し目となったフィボナッチは23.6%です。
トレンドが強い場合、23.6%と38.2%が押し目となってさらにトレンドが継続することが多いので、覚えておくと便利です。

これは、一時的に下落してしまったとしても、早い段階で再度買い注文が入り始めます。
するとトレーダーの心理として、買いそびれはしたくないと思い、高い確率で早めの押し目買いが入ります。
50.0%まで下落せずに浅い押し目で伸びるのには、そのようなトレンドによる投資家の心理状態も現れています。

長い時間軸ほど多くのトレーダーが確認している

時間軸を変えて、同じ100本分のローソク足を見るとします。
そうすると、日足では100日分ですが、1分足だと1時間半分になります。
同じチャートの場面のどちらがより多くのトレーダーが見ているのかというと、日足の方です。
これは、トレンド期間の短い1分足よりも、日足でトレンドが出ている箇所をフィボナッチで見ようする人が多いことを意味しています。

そのため、時間軸が長くなるほど、同じトレンドが見られる回数が増え、また、チャート形成にも時間がかかります。
つまり、 長い時間のローソク足になればそれだけ押し目や戻り等を意識しているトレーダーが多いということになるため、フィボナッチのラインで押し目、戻りになることが多くなる傾向にあります。

50.0%と61.8%まで反転したらトレンド転換

ここからトレンドが継続すると考えるトレーダーがいる一方で、半分(50.0%)まで反転したからトレンドが転換すると見るトレーダーも増えていきます。

また、 61.8%まで下落(上昇)すると、そこからトレンドを再開させて高値(安値)を簡単にはブレイクしなくなります。
そのため、フィボナッチの50.0%、61.8%まできたときは、トレンド転換の可能性が高くなるのです。

フィボナッチ50.0と61.8まで反転したら トレンド転換ポイント

上記の画像を見てみると、50.0%のラインで何回か押し戻されたあと、安値を出しています。
その後、反転し、再び50.0%のラインまで一気に上昇し、越えていきました。
ここでトレンドの転換となっているとみることができます。
その後も一度高値を記録し下がってきますが、61.8%のラインで止まり、また上昇して前の高値を越えて、再び高値を記録しました。

このように、50.0%や61.8%のラインの越えると、トレンド転換となり、簡単には反転しなくなる可能性が高くなります。

経済指標や要人発言時のフィボナッチの使い方

多くのトレーダーに見られているという意味では、経済指標時、要人発言などの、時間が決まっていて大きな値動きの出るタイミングがあるときは、誰もがその時間帯に注目しています。
そしてその時間帯になると多くのトレーダーが同じチャートを見ているということになり、 短時間でもフィボナッチが強く意識される ことになります。 MT4でフィボナッチの引き方と効果的な使い方
たとえ1分足でも、このようなタイミングではフィボナッチが強くなるのです。

フィボナッチ数で相場転換日を予想

上記ではフィボナッチ比率のラインでの活用方法を紹介してきました。
同様に、フィボナッチ数でも相場の転換を予測することができます。
しかし、多少数字が前後する場合もあるため、一概にすべてフィボナッチで予想はできませんので、他の分析方法などと組み合わせて使用することで、よりトレードの精度が上昇していきます。

米ドル/円の日足チャートを見ながら、どういうことか説明していきます。

フィボナッチ相場転換日 フィボナッチ数 予測

2017年5月10日に高値を記録していますが、5月9日(高値A)から数えると、89日に最安値になりました。
実際は5月10日からなので、90日ですが、それでもフィボナッチ数「89」に近い数値で高値から安値の波が形成されています。

21はフィボナッチ数です。

つまり、フィボナッチ数で数えていき、例えば55日後のXデーに大統領選挙があるとか、何か重大なイベントが起こるとします。
そのようなときにこのフィボナッチ数で日柄を予測します。
実際に、その予測日がXデーと重なるようなときは、その日が転換点になる可能性が高いと考えることができます。

常にピタリとフィボナッチ数に当てはまるというわけではなく、それに近い数値でも同じような現象(画像で紹介したのは「89日 → 90日」や「21日 → 22日」など)がおこることがありますので、その辺りは臨機応変に考えていきます。

MT4の5つのフィボナッチツールが気になったので、トレードに利用できるか検証してみました

MT4の5つのフィボナッチツールが気になったので、トレードに利用できるか検証してみました

フィボナッチタイムゾーン


図を見ると、ちょうど800.0の時点で流れが変わって一気に円高が進んでいることが分かります。ですが、起点の場所を何度も変えたりして、やっとできたという感じです。後から見れば分かるですが、やはり タイムゾーンだけでトレード判断をするのは難しそうです。

もしかしたら、流れが変わる可能性がある」ぐらいの感覚でちょうどいいと思います。

フィボナッチエキスパンション


エキスパンションを引いたのは103.079を付けたあたりですが、最終的にはフィボナッチ比率161.8%まで急上昇しました。ランダムに動いているように見える相場でしたが、フィボナッチ比率が確実に意識されているように思えます。

61.8%( 一番下の青線:FE 61.8 )を実体で超えた時間足で買いエントリーを意識し、61.8%で反発したのを確認しました。さらにGMMA(複合型移動平均線:ガンマ)も良い方向になっていたので、新規買いポジションを持ってみます。

エントリー例

MT4でフィボナッチの引き方と効果的な使い方 MT4でフィボナッチの引き方と効果的な使い方 MT4でフィボナッチの引き方と効果的な使い方
エントリー根拠 フィボナッチ61.8%で反発したこと,GMMAが良い形になったこと。
エントリー価格 106.650円
ロット数 0.10(1万通貨)
目標価格 フィボナッチ比率161.8%(110.800円)
実際の決済価格 110.500円(節目の価格だったため)
獲得Pips 385 pips
利益 38,500円

フィボナッチに関する便利機能を紹介します

MT4でフィボナッチをワンクリックで利用する設定方法

ツールバー

ここでは、ツールバーには十字線やトレンドライン、水平線などを使ってみます。

フィボナッチ・アークの使い方、伸びる相場でゾーンの意識を持って使うこと!

あとフィボナッチ・アークはフィボナッチツールの中でも応用編のツールです。もしアークに興味があるなら、最初の段階でフィボナッチ・リトレースメントの基本的な部分は知るべきです。基礎がしっかりしていないと応用は利きません。フィボナッチ・リトレースメントの基本的な部分を学ぶなら、手前味噌ながら管理人のフィボナッチのnoteをご参考ください。

関連記事:
・FXでフィボナッチを使いこなすコツ、色々と基点を試してみる

フィボナッチ・アークはゾーンの視点も持つこと

フィボナッチ・アーク利用の具体例

・MT4ではスケールの部分を変えないと単なる横線なので使えません。
・MT4のスケール部分はお好みの数字に変えられますが、管理人は31.8%、50%、61.8%のフィボナッチ級数で当たりの良い数字を入れています。
・フィボナッチ・ツール全体にいえますが長い足でより効果を発揮します。日足での利用から始めることをオススメします。


・フィボナッチ・アークのスケール

①EUR/USD日足

②AUD/JPY日足

・フィボナッチ・リトレースメントとアークを併用。
・実際のアークの活用は緑の四角の範囲に限られるが2度のエントリーチャンスが利用可能(黒い○の部分)。
・サポレジとフィボナッチ・リトレースメントに加えてフィボナッチ・アークも活用することで、エントリー根拠を増やすことができる事例。

③GBP/JPY日足

・フィボナッチ・アークとリトレースメントにMonthly Sweet Band(MSB)を表示
・若干ゴチャゴチャになりかけていますが、管理人が一番利用しているチャート設定
・アークとリトレースメントでは幅が広すぎる部分をMSBがカバーできる、動画の解説で利用しているチャートセットでもあります

関連記事:Monthly Sweet Bandの販売開始しました

フィボナッチ・リトレースメントとの併用が便利

あとはMonthly MT4でフィボナッチの引き方と効果的な使い方 Sweet Band(MSB)との併用もオススメです。日足ベースだとリトレースメントとアークの間の幅が広くなりますが、その間の反転ポイントをMSBで見つけることができます。Youtubeでチャート分析する際は、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・アーク、MSBの③種類を表示させたチャートで分析しています。

フィボナッチ・アーク最大の問題点は縮尺を変えると線の場所が変わる場合があること

実はTrading Viewのアークがコレに該当します、残念。アーク自体の縮尺を固定する方法があれば別ですが、探してもどうやら見つからない・・・。そんな訳でフィボナッチ・アークはTrading Viewは使い勝手悪しです。

【フィボナッチの使い方まとめ】FXで使えるフィボナッチ手法と正しい引き方と使い方

トレンドはトレンド方向に向かう「主流の流れ」とトレンド方向とは逆の向きに動く「調整の流れ」の2つで構成されています。

そのため、相場はトレンドが発生したときでも一直線に動くわけではなく調整の流れを挟んだ「戻り」の動きを繰り返しながら動いていきます。

このとき 「どの数値まで戻してくれればちょうど良い押し目・戻し目になるか?。」

「押し目・戻し目の深さが超重要です!。」

フィボナッチは「トレンド」が成立して初めて機能する

フィボナッチは 「トレンドが成立して」 初めて機能するツールです。

「安値を切り上げたまま高値を切り上げたのか?。」

「高値を切り下げたまま安値を切り下げたのか?。」

「N字パターン」

そのため、フィボナッチを引くときは N字のチャートパターンを基準に引くこと が基本です。

フィボナッチリトレースメントとは?使い方とエントリー手法

フィボナッチリトレースメントとは?

フィボナッチには「0」から順に「23.6」「38.2」「50」「61.8」「100」の数値のラインが並んでいます。

これらの数値の意味は 「押し目・戻し目の深さ」 であり、数値が大きくなるほど押し目・戻し目は深いものと考えます。

この押し戻しの深さを推し量るのが 「フィボナッチリトレースメント」 です。

フィボナッチリトレースメントを使ったちょうど良い押し目・戻し目

ベストな数値は 「38.2」と「50.0.」

直近高値・安値は押し目・戻し目を付けた時、大勢の投資家が割安感・割高感を感じて売買注文を出してきやすいポイントです。

初めてでも勝ちやすいFX手法のおススメの作り方!勝率UPのエントリーの基本まとめ 勝てるトレード手法まとめ!FX初心者におススメの簡単エントリータイミングの作り方 FX初心者でも勝ちやすいエントリーの方法とは.

フィボナッチエクスパンションとは?引き方と具体的な使い方

エクスパンションとは?基本的な使い方と正しい引き方

フィボナッチ・エクスパンションはトレンド成立後、押し目・戻し目の調整の流れから主流の流れに戻って伸び始めたとき 「その伸びがどこまで伸びてくれるのか?」 を示してくれるテクニカルです。

具体的には、調整前のトレンドの値幅に対して、調整後のトレンドの値幅を 61.8%、100.0%、161.8% として、目標ラインを示してくれます。

このフィボナッチ・エクスパンションを使うタイミングは、最初にトレンドが発生した後、 調整の押し目・戻し目が入り、反転して再び主流の流れに戻る動きが発生したタイミングです。

利益確定はトレンドラインと組み合わせる

よって、利益確定をする場合は 「トレンドライン」 と組み合わせて判断することが基本です。

MT4でのフィボナッチエクスパンションの使い方

MT4をお使いの場合は画面左上の「挿入」→「フィボナッチ」→「エクスパンション」で使用することが出来ます。

使い方はN字パターンを基準に起点となる下限とN字の頂点である上限に引いていき、起点を決めたら、ドラッグしたままN字の頂点部分までマウスを引っ張ります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる