外国 為替 取引

取引を始める前に押さえておくべき基礎知識

取引を始める前に押さえておくべき基礎知識

農業をやろうと思う動機は人それぞれ。職業も年齢もさまざまな人たちが毎年就農を目指しています。しかし、農業は始めようと思ってもすぐにできる仕事ではありません。農業の専門技能を身につけることはもちろん、農地探しや資金集めなど、越えなければならないハードルがたくさんあります。そこで今回は、農業を始める前に押さえておきたいポイントを解説していきます。就農するなら必ず知っておくべきポイントばかりですので、ぜひ頭に入れておきましょう。

副業とは?正しく知ってしっかり稼ぐための4大ヒント!押さえておくべきポイントはココ!

副業について、実は法律上明確な定義はありません。本業のかたわら副収入を得るために行う本業以外の就労全般を指します。一方本業は、会社員やパート・バイトなどの雇用契約に基づく働き方のほか、自営業や自由業などを含む本来の職業・本職を指します。主とする職業のことなので、学生や主婦は本業の定義にあてはまりません。副業はサイドビジネスとも呼び、お小遣い稼ぎ程度の収入から起業や資産運用をする投資まで、その種類は幅広くあります。

「複業」とは、メインの仕事を2つ3つと複数掛け持ちする働き方で、どの仕事も比重が同じ場合に用いられます。パラレルワークともいいます。

「兼業」とは、本業以外にもう一つの事業などを営む場合などに用いられ、時間や曜日・時期によって異なる職種に従事することも指しています。副業と同じように使われており、ダブルワークともいいます(本記事では、ダブルワークも副業と定義しています)。

●副業の種類について

【代表的な副業例】

*夜間・週末・連休中などのバイト:飲食店、軽作業、コンビニ、塾講師など
*業務委託による在宅ビジネス:アフィリエイト、Webライティング、ネットショップ運営など
*通勤中のスキマ時間などを利用したポイ活:ポイントサイト、ゲームやアンケート回答など
*サービスを提供するサイトや会社に登録:覆面調査、美容モニター、スマホワークなど

●どのくらいの収入の人が副業をやっているの?

厚生労働省のデータで、本業の業種別に副業の業種を見てみると、全体的に本業と副業が同じ業種の割合が高いことがわかっています。また、副業の仕事内容では「専門的・技術的職業」「サービス職業」の割合が高くなっています。副業をしている人の本業の月収別に見てみると、「一つの仕事だけでは収入が少なくて、生活自体ができないから」と答えた人では10万円から20万円未満が38.2%と最も多く、「収入を増やしたいから」と答えた人では20万円から30万円未満が最も多いという結果でした。

●それぞれの副業の平均労働時間は?

副業・兼業先の1週間の平均労働時間は、半数近い人が週平均1時間~9時間という結果になっています。こちらは「本業先に雇用関係があり、副業先に雇用関係がない人(フリーランス・個人事業主など)」のほうが、「本業先に雇用関係があり、副業先に雇用関係がある人(バイト・パートなど)」を上回っています。

おおよそ稼げる金額はどのくらい?

【各副業の収入の目安】

*アンケートモニター・データ入力・フリマサイトなど:月数千円~1万円
*アルバイト・覆面調査・座談会出席・Webライティングなど:月1万円~5万円
*アフィリエイト・動画編集・プログラミングなど:月5万円~10万円

ヒント2:副業をする時に押さえておきたい5つのポイント

1.各雇用形態における副業前の確認規則

●会社員は就業規則を確認

本業が会社員の場合、副業の可否が明記されている就業規則を確認する必要があります。副業が認められている場合は申請方法などのルールがあり、勤務する会社や仕事内容によって禁止されている副業もあります。どの副業が禁止でどの副業が可能かは勤務先によって異なります。

厚生労働省作成「モデル就業規則」

第14章 副業・兼業
(副業・兼業)
第68条 労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。
2 労働者は、前項の業務に従事するにあたっては、事前に、会社に所定の届出を行うものとする。 取引を始める前に押さえておくべき基礎知識
3 第1項の業務に従事することにより、次の各号のいずれかに該当する場合には、会社は、これを禁止又は制限することができる。
① 労務提供上の支障がある場合
② 企業秘密が漏洩する場合
③ 会社の名誉や信用を損なう行為や、信頼関係を破壊する行為がある場合
④ 競業により、企業の利益を害する場合

●個人事業主として副業する場合

2.副業によって会社が被る可能性のあるリスクとは

*情報漏洩
会社の機密情報が競合に漏れるなど、実害が出てしまう恐れがある。

*本業への影響
副業に精を出すあまり、本業がおろそかになってしまうことがある。労働時間が長くなり本業に専念できない。

*健康問題
日々のスケジュールが過密になり、体調を壊し欠勤や休職をしてしまう。就労調整を余儀なくされる。

*人材流出
副業の方が面白くなり退職・転職してしまう。

3.副業時間の目安をどのくらいにするかを決める

4.副業をしたら申告は必須?

*収入-経費=所得が20万円以下なら申告の必要はない
*副業をするために使った費用=経費は計上できる
*税務署へ提出する申告書や申請書などには、マイナンバーの記載が毎回必要

5.副業をするうえで気をつけること

*スケジュール管理→忙しくなってくると無理な予定を組んでしまうことも。突発的な事態にも対応できるよう余裕を持ったスケジュールを心がけましょう。

*体調管理→睡眠時間を削ったり、食事がおろそかになったりすることで体調に悪影響を与える場合も。元気に働き続けるには体が資本です。定期健診を受けるなど健康には十分注意しましょう。

*本業とのバランス→本業に支障が出るような副業の仕方では本末転倒です。副業はあくまでサブの仕事、副収入を得る手段と割り切り、本業がおろそかにならないよう気を付けましょう。

ヒント3:副業がマイナスになってしまう理由、その対策法とは?

●副業と本業のバランスは取らないと危険!?

●勤務先への相談は何を注意するべき!?

●うまい話を提示する怪しい副業に注意するには!?

①企業の公式サイトをチェック!:住所・電話番号などの問い合わせ先、業務実績や取引先企業など
➁ネットで口コミや評判をチェック!:口コミや評判が見つからない場合は、実績や実体のない可能性も
③登録料などの費用負担をチェック!:高額な登録料や教材費を請求されるケースでは、負担した費用の回収ができない場合も

ヒント4:自分に合った副業をうまく探すためのコツ

●副業の目的について改めて考える

【副業する主な目的例】

・お金を稼ぐ
・スキルを高める
・キャリアを伸ばす
・視野を広げる
・人脈を築く

●どのくらいの収入が欲しいのかを算出する

●副業案件(業務委託案件 )の探し方

*クラウドソーシングサービスに登録
クラウドソーシング企業にクラウドワーカーとして登録し、企業のサイトで公開募集している仕事に応募します。仕事のやりとりは発注元と直接行い、報酬の支払いはクラウドソーシング企業から行われます。

*エージェントの利用
そのほか、発注元企業との仲介役となって契約や報酬の回収を行うSOHOエージェントに登録する方法もあります。

*直接受注
友人・知人などに頼んでおくと、何かのタイミングで仕事を紹介してくれることもあります。

日本と海外をつなぐクラウドソーシング

* You may change your service selection after you register.

This is a machine translation. We don'取引を始める前に押さえておくべき基礎知識 t guarantee the accuracy of the contents.
If you want an accurate translation, please look for bilingual from here.

ワークシフトは、世界 210 カ国 12 万人の専門知識を持った人材に誰でも簡単に円決済で仕事を依頼できるWebサービスです。

企業が海外進出する際に注意すべきポイント【ビジネス上の課題】

海外進出の際の課題と解決リスト

  • 海外進出のチャンスの拡大とその必要性
  • 日本企業の海外進出で直面する3つの問題
  • 海外で直面する3つの問題の解決策
  • 海外事業の課題を解決

地域別や業務内容別に、専門家に依頼できることを検索

他社の事例を見てみる

ワークシフトとは
海外進出や現地での販売、インバウンドビジネスなど、外国人をターゲットとした日本企業のビジネスを実務面でサポートするサービスです。
業務提携先など
株式会社JTB、トランスコスモス株式会社、九州電力株式会社、帝京大学ほか
-->

資料のダウンロード

海外進出のチャンスの拡大とその必要性

近年の海外の日本ブーム

海外市場を調査することで海外進出を考える

新興国を中心にビジネスチャンスは拡大しつづけている

実際、東南アジアと日本の最低賃金で比較すると賃金上昇率が非常に高い伸び率を示しています。かつて日本との最低賃金格差が50倍以上あったベトナムも、ここ10年で20倍まで減少し、さらに2022年には10倍程度まで最低賃金格差が縮まるという予測がされています。ベトナムだけでなくネパールも17年時点で10倍程度、中国、フィリピンに至っては3.5倍程度まで縮まりました。このことは一面的に良いこととはいえないものの、購買や消費という観点から見れば消費力が高まり、新興国のマーケットが拡大しているともいえます。今後10年間、アジア地域において多様な商品やサービスの消費が伸びるのは確実だと言えます。
かつて安い賃金と労働者人口の多さから「世界の工場」と言われた中国も、国全体の工業化によって賃金が上昇し、購買力が高まった消費者が日本を訪れ爆買いという現象がおきました。今後消費購買力が高まっていく国や地域から第2の爆買い現象が起きる可能性もあります。
将来を見越してこのような地域をターゲットに海外進出することで、日本の商品力の高いや製品やサービスの販路を拡大し、売り上げを伸ばすことができると言えます。まさに海外進出の機運は高まっているのです。

新規就農者へ贈る!農業を始める前に知っておきたい知識集

挿絵1


農業をやろうと思う動機は人それぞれ。職業も年齢もさまざまな人たちが毎年就農を目指しています。しかし、農業は始めようと思ってもすぐにできる仕事ではありません。農業の専門技能を身につけることはもちろん、農地探しや資金集めなど、越えなければならないハードルがたくさんあります。そこで今回は、農業を始める前に押さえておきたいポイントを解説していきます。就農するなら必ず知っておくべきポイントばかりですので、ぜひ頭に入れておきましょう。

初期費用に当面の生活費… 農業を始める際の資金額はいくら?

挿絵2

自己資金が足りなくても可能?農業を始めるための補助金制度

挿絵3

農業を始めるなら土地が必要!農地の取得方法とは?

挿絵4

農地とは農業を行うための土地のことで、土地の売買や貸借に関しては農地法でさまざまな決まりごとがあります。農業を始めるのであれば、農地法に関してしっかりと理解しておくことが大切です。土地の売買や貸借は、農地法第3条、もしくは農業経営基盤強化促進法に則って契約を交わします。これを無視して勝手にやり取りをしても無効となります。農地法第3条での農地取得方法は、農地取得のための申請書を自治体の農業委員会に提出し、許可指令書を交付してもらいます。土地を貸借する場合は、農業経営基盤強化促進法の利用権設定促進事業で貸し借りすることも可能です。いずれにしても、農地を購入または借りる場合は、確実に就農し、営農していけることが農地取得の条件です。何を栽培してどのように販売していくのか、その農作物を育てるにはどの地域が適しているのかなど、農業を始める前にきちんと考えておきましょう。また、就農したい地域が決まっても、農地の空きがなければ土地を取得することはできません。農地と自宅が離れすぎていると貸してくれないケースも多いです。もし農地が見つからない場合は、農家と農地取得希望者を結ぶ存在である、農業公社を活用するのがおすすめです。
詳しくは、普通の土地とはちょっと違う?農業を始めるための土地取得法をご参照ください。

若いほうがいい?農業を始めるのに年齢って関係ある?

あったら便利!農業を始めるなら取得しておきたい資格

農業を始める前の情報収集はどこですればいい?

生きた情報収集は経験者に聞くのが一番!

  1. 親戚で農業をしている人がいるので、住み込みで手伝いをして、ノウハウを教えてもらいました。(40代/正社員/男性)
  2. 実家の父から一から教えてもらいました。実際に畑にいって、収穫した野菜をたべました。土や肥料も手で触れて覚えました。やはり経験のある人に教えてもらうのが一番だと思います。(50代/個人事業主・フリーランス/女性)
  3. 種や農薬の会社がお店で配布している小冊子や種・農薬などのパッケージにかかれている各種注意事項を参考に農業を始めた。(40代/正社員/男性)
  4. 地元のJAで資料をもらったり、近所の農家さんにコツを聞いたりします。(30代/パート・アルバイト/女性)
  5. ネットで情報収集をした。種の種類、まく時期、土の手入れ、冬の畑の維持方法など、いろんなことを教えてもらった。(30代/個人事業主・フリーランス/女性)

【質問】 農業を始める前に必要な情報をどこで知りましたか? 【回答結果】

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年08月02日~2017年08月09日
有効回答数:83サンプル

譲渡企業(売り手)にとってのM&A。その目的や押さえておきたいポイント

譲渡企業(売り手)にとってのM&A。その目的や押さえておきたいポイント

経営資源の獲得による事業発展
M&Aの実行で譲渡側(売り手)が期待できるメリットの1つは譲受側(買い手)の経営基盤を得ることで、成長に必要な経営資源の獲得ができるようになることです。
GAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)といった巨大IT企業の台頭、著しく変化する顧客の消費行動、日本国内の人口減少、新型コロナウイルスによる経済混乱など、外部要因によって企業経営の難易度が年々増しています。
これに対応するには、時代に合わせた事業戦略に加え、自社へ人材・設備・資金などの経営資源を投下し続けていく必要があります。しかし、単独でそのような経営資源を投下し、自社を成長させ続けることは容易ではありません。
そうした環境下で「自社を成長させるための手段」として売却を決断するケースが多く見られるようになりました。
また、呼応するように、譲受側(買い手)によるM&A後の経営支援も、資金・情報・設備・実績など手厚くなる傾向にあります。
売り手・買い手の双方から、M&Aの動きを後押しする傾向になってきていると言えるでしょう。

「選択と集中」のための事業分離売却
M&Aは必ずしも会社全体の譲り渡しとは限らず、選択する手法によっては、一部の事業だけを譲渡する場合もあります。
不採算事業を譲渡し、事業の整理を行うことで、本業に集中できるようになります。これは「過去に事業を幅広く展開させた結果、現在の経営の効率性を欠いている」といった課題を抱える企業にとって特に有効な手立てとなります。

従業員の雇用を維持

廃業や精算で従業員を解雇するのは、経営者として苦渋の決断です。
M&Aを活用することにより、従業員の雇用を守れる可能性が高まります。
中堅・中小企業のM&Aでは多くの場合、「従業員の雇用維持」が譲渡先への条件のひとつに挙げられます。M&A実行後、従業員は新しいオーナーのもと同条件で引き続き雇用され、お客様や取引先もそのまま継承されるケースが一般的です

オーナー利益の実現

後継者問題の解決

M&Aにおける譲渡側(売り手)の注意事項・リスク

情報漏洩の懸念

M&Aにおいて財務情報・従業員情報・事業詳細などの開示なしに譲受(買い手)候補先と交渉することはできません。
しかし、そうした情報は当然会社の根幹に関わる重要な情報であり、万が一漏洩した際には会社は大きな損失を被る可能性があります。
M&Aは、「秘密保持に始まり、秘密保持に終わる」と言われます。
すでに事情を知っている関係者へ、秘密保持の重要性を十分に伝えた上で、いかに対処・対策していくかが重要です。

従業員・取引先の理解を得られない

M&Aの事実を伝えた際、既存の取引先や従業員から不安や不満の声がでる可能性があります。
情報開示の場面できちんと経営者の口からM&Aを行った背景、今後の処遇について丁寧に説明を行い、不安を取り除くことが大切です。
開示のタイミング、表現など留意して臨みましょう。

また、M&Aを準備する段階では、必ず主要な取引先との契約内容を確認しましょう。
注意すべき代表的なポイントとして、チェンジオブコントロール条項(COC)があります。これはM&Aなどを理由に一方に経営権の移動があった場合、契約内容に制限がかかったり解除することができる規定となります。
この規定があった際、契約相手に通知し承諾を得る旨が定められている場合もあります。
M&Aによって、既存の取引先や顧客との取引条件が見直され、取引が停止されたという事例があります。
今後の取引先との関係性継続については、事前に譲受企業と意見交換を行いM&A後の取引内容の大幅な変更を防ぐことが、理解を得るために有効な手段です。

社会人と接する最低限のマナー 社会人の心得編

インターンシップなどで企業のオフィスに行った際、あいさつをする就活生のイメージ

「指示された仕事ができあがったらすぐに指示を受けた人に直接報告するのが原則です。時間がかかるものは中間報告をしてください。不明な点は自分で勝手に判断せず、確認・相談をしましょう。自己判断で対処すると思わぬ失敗を招きかねません。また、困ったこと、失敗したことはすぐに報告・相談して指示を仰ぎましょう。さもなければミスが拡大するばかりです。上司は部下の仕事を一つひとつ細かく見ることはできないので、聞かれる前に自分から進んで上司や同僚に働きかけるようにしましょう」(峯先生)。

無責任な無断欠席は絶対にNG

「ほう・れん・そう」は、社会人になる前から意識しておきたい。予約した説明会や面接にやむを得ない理由で行けなくなった場合、無断欠席は言語道断。自分を待っている企業、その選考にもれたほかの学生のことを思えば、無責任なドタキャンはできないはずだ。

4.丁寧なコミュニケーションを意識する

簡潔にわかりやすく話す

「時間が無制限にあるわけではないので、用件は簡潔に伝えましょう。そのために、話す内容はあらかじめまとめ、自分自身で理解しておくことが重要です。話すときは、まず結論を言い、そのあとに理由、経過の順で話すと明解に伝えられます」(峯先生)。

聴く姿勢も重要

『聞く』のではなく『聴く』意識を持つことが重要です」(峯先生)。

5.整理整頓を心がける

書類・情報は必ず整理する

机の上やその周辺など、執務スペースが整っていると、必要なものがすぐに出せ、仕事をスムーズに進められる。また、個人情報保護や機密保持のためにも書類・情報の整理は必要不可欠

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる