FXチャート実践帳

株価指数トレード

株価指数トレード
  • 店頭CFD取引は、お客様と証券会社との相対取引になります。
    取引にあたっては、まず、お客様は証券会社に証拠金を差し入れ、CFD取引(注文するCFD銘柄、買建または売建の別、注文数量、価格等)の注文を指示します。その後、反対の取引を行うことにより一連の取引を決済致します。この間、証券会社は、お客様との間で生じたポジションリスクを回避するための取引を行っています。
    (注1) 株価指数トレード
    証券会社は通常、顧客の注文と同等程度の注文を取引所または提携金融機関等に発注することにより、顧客が利益を出し、証券会社がその分の損失を被るリスクを減少させています。こうした取引所または提携金融機関等との間で行う取引のことを「カバー取引」といいます。
  • 証券CFD取引では証拠金をもとに、レバレッジ(注2)を効かせた取引が可能であるため、多額の利益を得る可能性がある半面、証拠金を超える多額の損失を被るおそれがあります。また、ほかにも様々なリスクが想定されます。取引を行う前には証券会社からリスクの説明を受け、契約締結前交付書面や説明書等をよく読んで理解し、自己の資力、取引経験および取引目的等に照らして適切であると判断する場合にのみ、自己の責任において取引を行いましょう。
    (注2)
    レバレッジとはてこを意味し、CFD取引においては、預けた証拠金を担保にすることで、証拠金の額を超える取引が可能になることを意味します。
    (注3)
    ロスカット取引とは、お客様の証拠金が必要証拠金の一定額を下回った場合、損失の拡大を防ぐために、お客様の取引を強制的に終了させるための取引をいいます。

株価指数トレード

1. CFD口座の開設
(1) 口座開設基準
LINE CFD取引約款第5条を満たしていること。
(2) 必要書類の差し入れ
LINE CFD取引約款第5条第1項10号に記載の書面を電磁的方法により差し入れていただきます。
(3) 口座開設審査
LINE CFD口座の開設申請後に、口座開設審査を行っております。
審査にあたり、当社が必要と判断した場合はお電話等で確認させていただくことがあります。
口座開設基準を満たしていても審査によりご希望にそえないことがあります。当社はその理由については開示いたしませんのでご了承ください。
審査結果は、LINEメッセージにてお送り致します。

3. 取扱銘柄
CFD取引における取扱銘柄および詳細は次の通りです。
(1) 指数CFD
指数CFD口座では、米国市場に上場する株価指数先物取引および株価指数連動型ETFの取引が可能です。

日本 225 先物( YY 年 MM 月)

米国 30 先物( YY 年 MM 月)

米国 NQ100 先物( YY 年 MM 月)

米国 SP500 先物( YY 年 MM 月)

米国 VI 先物( YY 年 MM 月)

天然ガス先物( YY 年 MM 月)

ガソリン先物( YY 年 MM 月)

日本 225 先物( YY 年 MM 月)

米国 30 先物( YY 年 MM 月)

米国 NQ100 先物( YY 年 MM 月)

米国 SP500 先物( YY 年 MM 月)

月~金 /23 株価指数トレード : 30 ~翌日 5 : 50

月~金 /22 : 30 ~翌日 4 株価指数トレード : 50

月~金 /9 : 00 ~ 11 : 30 、 12:30 ~ 14 : 50

月~金 /23 : 30 ~翌日 株価指数トレード 5 : 50

月~金 /22 : 30 ~翌日 4 : 50

米国 VI 先物( YY 年 MM 月)

天然ガス先物( 株価指数トレード YY 年 MM 月)

ガソリン先物( YY 年 MM 月)

6. 提示価格
(1) 提示価格
提示価格は、各銘柄ごとに買値と売値それぞれの価格を同時に提示します。提示する価格は参照市場およびカバー先から提供される取引レート等を参考に当社が決定致します。
(2) スプレッド
提示価格の買値と売値の間には差額(スプレッド)があります。スプレッドは市場等の状況によって変化します。

8. 注文
(1) 注文受付時間
原則、24時間365日
※但し、以下の時間を除きます
金曜日の取引終了後(土曜日朝)~土曜日12:00
臨時メンテナンス時間

(2) 取引方法
取引の種類としては次の通りです。
① 新規取引
新規取引は、利用可能金額の範囲内となります。
証拠金はあらかじめ各CFD口座へ入金する必要があります。
② 決済取引
決済取引は、反対売買による差金決済のみとなります
※決済損益のうち小数点以下の金額については、利益および損失のいずれの場合でも切り捨て処理を行います。
※参照原資産が外貨建ての場合、決済時に決済損益と金利調整額の合計を円に転換します。
※転換時に適用する為替レートは市場実勢に基づいて当社がLINE CFD向けに生成する為替レートを使用します。当該レートは銘柄詳細画面で確認可能です。

(3) 注文の種類
① ストリーミング注文
注文時の提示価格(レート)を注文価格とし、即時に取引を行う注文方法です。
当社システムで注文を受付けた時に、注文価格と当社システムでの最新の提示価格が一致、または注文価格が有利(買い注文の場合は注文価格が最新の提示価格以下、売り注文の場合は最新の提示価格が注文価格以上)の場合は、最新の提示価格を約定価格として取引が成立します。他方、注文価格が不利である場合は、注文は失効されます。ただし、注文価格が不利な場合であっても、注文時に指定したスリッページ(不利な価格への約定価格の許容範囲)を指定しており、その範囲内である場合には、最新の提示価格で約定します。
注文価格と約定価格の間には差が生じることがあり、お客様にとって有利な場合も不利な場合もあります。不利な場合においても、お客様が指定したスリッページの範囲内となります。
※取引時間においてのみ、注文を受付けます。
② 成行注文
注文価格を指定せずに発注する注文方法です。
当社システムで受付けた時点における提示価格を約定価格として取引が成立します。
注文時の提示価格と約定価格の間には差が生じることがあり、お客様にとって有利な場合も不利な場合もあります。
※取引時間においてのみ、注文を受付けます。
③ 指値注文
注文価格(指値価格)を指定して発注する注文方法です。買い注文の場合は提示価格が注文価格以下、売り注文の場合は提示価格が注文価格以上となった時点の提示価格で約定します。
実際の約定価格が注文価格に比べて有利になる場合があります。
④ 逆指値注文
注文価格(逆指値価格)を指定して発注する注文方法です。買い注文の場合は提示価格が注文価格以上、売り注文の場合は提示価格が注文価格以下となった時点の提示価格で約定します。
実際の約定価格が注文価格に比べて不利になる場合があります。
⑤ OCO注文
指値価格と逆指値価格の両方の注文価格を指定して発注する注文方法です。先に条件を満たした方の条件で約定します。
実際の約定価格が注文価格に比べて有利になる場合(指値注文が先に条件を満たした場合)と不利になる場合(逆指値注文が先に条件を満たした場合)があります。
⑥ IFD注文
注文する際に、新規注文(1次注文)と決済注文(2次注文)を指定して発注する注文方法です。新規注文がすべて取引成立(約定)すると、決済注文が発注されます。
新規注文と決済注文は、同じ通貨ペア・同じ注文数量となります。
⑦ IFD-OCO注文
IFD注文の決済注文をOCO注文として発注する注文方法です。
新規注文と決済注文は、同じ通貨ペア・同じ注文数量となります。
⑧ 全決済注文
銘柄・売買単位での一括決済注文として発注する注文方法です。
未約定の決済注文がある場合は、成行注文に訂正されます。

(6) 注文失効
次に該当した場合、注文は失効します。
① 有効期限が切れた場合
② ロスカット水準を下回った場合
③ ストリーミング注文、成行注文において取引が成立しなかった場合

(7) 注文上限
銘柄ごとに注文上限を設定いたします。
詳細は こちら

(8) 取引上限
銘柄ごとおよび各CFD口座における取引上限を設定いたします。
詳細は こちら

(10) 取引規制
CFDの参照原資産が上場されている取引所等の規制により、参照原資産の取引に規制が設けられた場合や、株式CFDが参照する発行体の資本政策や企業活動など株価形成に重大な影響を与える可能性があると当社が判断した場合、当社にてLINE CFDの取引に異常があると認める場合又はそのおそれがあると認めた場合並には、次のような取引規制を行うことがあります。
・証拠金率の引き上げ
・注文上限、建玉上限の引き下げ
・注文種類の制限又は禁止
・取引の停止または中断
・取引時間の臨時変更
・取引期限の設定または変更

(11) コーポレートアクション発生時の取扱い
参照原資産である株式・ETF等にコーポレートアクションが発生した場合には次の通りの取扱いとなります。
(a) 株式分割、株式併合、株式移転、株式交換
当社にて発表を確認した以降に新規取引の停止、および権利付き最終日以前の日を取引期限として設定いたします。
(b) 上場廃止
当社にて発表を確認した以降に新規取引の停止、および上場廃止日以前の日を取引期限として設定いたします。
※取引期限までに決済できなかった場合は、建玉の強制決済を行います。
※なお、上記以外のコーポレートアクションが発生した場合にも取引期限の設定や取引規制等が行われる場合もあります。

(13) 取引期限・ロールオーバー
(a) 取引期限・ロールオーバー
参照原資産が先物であるCFDの場合、参照する銘柄の満期日より前の日付で取引期限(強制決済日)を設定します。なお、当社では自動ロールオーバーの機能はないため、次の限月へロールオーバーを行う場合は、お客様ご自身で取引を行って頂く必要があります。期先の限月を参照原資産とするCFDについては、原則として期近の限月の取引期限の1~2週間前から取引開始となります。参照原資産が日本株・米国株・米国ETFであるCFDの場合、原則として取引期限の設定はありませんが、参照銘柄のコーポレートアクション等により取引期限を設定する場合があります。取引期限の日付(強制決済日)は各銘柄の詳細画面にて確認することが可能です。
(b) 強制決済
取引期限までに決済されていない場合、建玉の強制決済を行います。
・未約定の新規注文は失効となります
・未約定の決済注文は成行に訂正されます
・未決済の建玉は全て成行で発注されます
※市場の流動性等により強制決済注文が約定せず上場廃止を迎えた場合、当社が合理的と判断した価格にて決済処理を行います。

9. 約定日・受渡日
(1) 約定日
取引が成立した日付が約定日となります。
※取引日とは異なります。
(2) 受渡日
約定した取引日の翌取引日が受渡日になります。
※決済損益と金利調整額は、受渡日に現金残高に反映されます。

10. 調整金
(1) 金利調整金
・個別株式、ETFを参照原資産とするCFDおよび金・銀のCFD取引の建玉を保有した状態で、取引日を跨ぐと、金利調整金が発生します。
・金利調整金の金額は、当社のカバー取引に係る金利、貸株料等の影響により日々変動します。
・買い/売りの建玉共に支払いとなる場合もあります。
・金利調整金の金額は個別銘柄の詳細画面で確認できます。
・金利調整金は建玉に累積して付与され、決済されるまで引き出すことはできません。
※国内外の祝祭日の影響により、取引日を跨いで建玉を保有していても金利調整金が発生しない場合もあります。
(2) 配当調整金
・個別株式およびETFを参照原資産とするCFDの建玉を保有した状態で、配当または分配金等のある権利付最終日を跨ぐと、配当調整金が発生します。
・買い建玉の場合は受取り、売り建玉の場合は支払いとなります。
・配当調整金の金額(税引後)は個別銘柄の詳細画面で確認できます。
・配当調整金は建玉に付与されず、お客様のCFD口座に付与されます。
・配当調整金は、原資産市場で現物株式または ETFを保有していた場合の配当金や分配金等と比べ、不利になる場合があります。
・配当調整金の金額は、情報ベンダー等からの情報を基に各国の所得税等を加味して決定します。そのため発行会社等が発表している数値と異なる場合があります。
株式配当の場合においては、当社にて当該株式を売却した後、売却価格を基にお客様のCFD口座へ金銭にて受け払いを行います。

11. 証拠金
各CFD口座毎(指数、株式、バラエティ、商品)に以下の計算を行います。
利用可能な証拠金は日本円のみとなります。
(1) 株価指数トレード 資産合計
未決済建玉の評価損益、金利調整額および入金予定額を考慮した証拠金の合計金額です。

(3) 利用中証拠金
保有している建玉および未約定の新規注文に必要となる証拠金の額です。
① 必要証拠金
保有している建玉を維持する為に必要となる金額です。
必要となる証拠金は以下の通りです。
指数CFD口座:取引金額の10%
株式CFD口座:取引金額の20%
バラエティCFD口座:取引金額の20%
商品CFD口座:取引金額の5%
② 注文中証拠金
未約定の新規注文に対して必要となる金額です。

(4) 証拠金維持率
必要証拠金に対する資産合計の割合で、ロスカットなどの判定の際に利用する値です。
資産合計 ÷ 必要証拠金 ×100 で計算されます。

12. ロスカット・アラート・プレアラート
(1) 値洗い
当社では、証拠金の値洗いを随時行っております。
証拠金維持率の結果により、一定の水準を下回ると「プレアラート」「アラート」「ロスカット」となります。
◆プレアラート
証拠金維持率が140%を下回った状態です。
◆アラート
証拠金維持率が120%を下回った状態です。
◆ロスカット
証拠金維持率が100%を下回った状態です。

※1:プレアラート、アラートのお知らせは、取引日ごとに最初に判定されたとき又は、同一取引日においてロスカットルールが適用された後に最初に判定されたときにのみお知らせいたします。
※2:LINE CFDにおいては、日本円で証拠金を計算している為、米ドル建の銘柄を保有している場合、該当銘柄が取引時間外であっても、為替レートの変動に伴い、値洗いおよびロスカット判定が行われます。その為、取引時間外においても為替レートの変動によりロスカットルールが適用される場合があります。為替レートの更新時間はLINE FX取引ルール(5.取引日・取引時間)をご確認ください。

14. 入出金(資金振替)
各CFD口座への入出金は、証券口座、FX口座または他のCFD口座との間での資金振替のみとなります。
資金振替の手数料は無料です。
(1) 振替入金
・証券またはFX口座への入金後に各CFD口座への振替入金が必要となります。
・振替指示後に利用可能額へは原則直ちに反映されます。

※証券口座への入金方法は こちら 、 FX 口座への入金方法は こちら から確認可能です
※インターネットの通信環境や当社のシステム障害等の諸事情により入金の反映タイミングが遅延する場合があります。

※証券口座からの出金方法は こちら 、 FX 口座からの出金方法は こちら から確認可能です。
※証券口座・FX口座から銀行口座への出金については、営業日の15時までの指示が翌営業日付の出金となります。

15. その他留意事項
(1) CFDの制限
関係法令、諸規則、LINE CFD取引の契約締結前交付書面、LINE CFD約款、および本取引ルール等を遵守されない場合には、その後の取引を制限する場合があります。
(2) 約定の取消
提示価格が市場実勢相場と大幅に乖離している等、合理的に誤りと判断される場合には、当該提示価格は無効とし、当該提示価格に基づいた約定が取り消される場合があります。
(3) 税金
LINE CFDで発生した利益は、「雑所得」として申告分離課税の対象となります。税率は一律で20.315%(復興特別所得税を含む)となります。
LINE CFDは「先物取引に係る雑所得等」に含まれますので、先物取引等との間での損益通算はできますが、株式取引との損益通算はできません。
(4) インサイダー取引の禁止
いちかぶ取引・取引所取引と同様に日本株のCFD取引においてもインサイダー取引規制が適用されます。
(5) 障害時の取扱い
システム障害時を含め、原則として電話による注文等は受付けておりませんのでご了承ください。

イベント一覧

ログイン

資料請求
お問い合わせ

採用情報

受付: 平日9:00~17:00 03-6778-8700

資料請求・お問い合わせ

採用情報

受付: 平日9:00~17:00 03-6778-8700

日経225取引 まるわかりガイド

日経225(日経平均株価)とは?

日経225先物とは?

いくらから取引がはじめられるの?

売買したい限月の「日経225先物」価格を1,000倍にした金額が1単位(1枚)の取引金額です。1単位(1枚)取引するのに必要な証拠金額は株式会社日本証券クリアリング機構が採用するSPAN®証拠金額を基準に決定します。
例えば、現在「日経225先物」を30,000円で1単位(1枚)買うとすると取引金額は3,000万円で、この取引に必要な証拠金額は135万円です。(2021年9月21日現在)
このように、最低135万円の資金で3,000万円の取引をすることが可能です。

日経225先物と日経225miniの違いってなに?

株価指数トレード
項目 日経225先物 日経225mini
取引単位 1,000倍 100倍
1枚当たりの取引金額 30,000,000円 3,000,000円
1枚当たりの証拠金金額 1,350,000円 135,000円
レバレッジ 約22倍 約22倍
呼び値の単位 10円 5円

期限のある取引!! 限月とSQってなに?

日経225先物および日経225miniは、取引できる期間が決まっています。これを限月取引(げんげつとりひき)といいます。
日経225先物は、6月・12月の16限月と3月・9月の3限月の19の限月が取引されています。日経225miniの場合、日経225先物の3月・6月・9月・12月(四半期限月)の13の限月に、四半期限月以外の直近3限月(マンスリー限月)を加えた、16限月が取引されています。そして、各限月の満期日(SQ日)である第2金曜日の前営業日が最終売買日となります。

初心者の方におすすめの取引スタイル「コンシェルジュコース」

こんなお悩みをお持ちなら、「コンシェルジュコース」サービスがオススメです。

225_001

  • プロの情報・アドバイスが受けたい。
  • パソコンの操作が苦手で、自信がない。
  • オンラインと電話、どちらでも注文したい。
  • リスク管理の方法をプロから学びたい。
  • どんなことでも気軽に相談したい。
  • マーケットの急変に素早く対応したい。

お気軽にお問い合わせください
お取引に関してのご質問・ご相談など、下記よりお気軽にお問い合わせください。

  • 03-6778-8700 受付 9:00-17:00(平日)

第一プレミア証券株式会社

〒150-0045 東京都渋⾕区神泉町9番1号 神泉プレイス3階 TEL:03-6778-8700 FAX:03-6778-8701

苦情相談窓口

第一プレミア証券株式会社 コンプライアンス部 TEL:03-6778-8705 受付:平日 9:00~17:00

金融商品取引業者

日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会

証券・金融商品あっせん相談センター 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 TEL:0120-64-5005

<商品先物取引に係るもの>

日本商品先物取引協会 相談センター 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7 東京商品取引所ビル6F TEL:03-3664-6243

指定紛争解決機関

証券・金融商品あっせん相談センター 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 TEL:0120-64-5005

商品先物取引業者

許可取得 農林水産省指令26食産第1371号 経済産業省平成26・06・06商第12号

日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

第一プレミア証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第162号 加入協会:日本証券業協会

Copyright © 2021 Daiichi Premiere Securities Co.,Ltd. All Rights reserved.

証券CFD(差金決済)取引の特徴やリスクとは?

CFD取引イメージ

取引例

  • 店頭CFD取引は、お客様と証券会社との相対取引になります。
    取引にあたっては、まず、お客様は証券会社に証拠金を差し入れ、CFD取引(注文するCFD銘柄、買建または売建の別、注文数量、価格等)の注文を指示します。その後、反対の取引を行うことにより一連の取引を決済致します。この間、証券会社は、お客様との間で生じたポジションリスクを回避するための取引を行っています。
    (注1)
    証券会社は通常、顧客の注文と同等程度の注文を取引所または提携金融機関等に発注することにより、顧客が利益を出し、証券会社がその分の損失を被るリスクを減少させています。こうした取引所または提携金融機関等との間で行う取引のことを「カバー取引」といいます。
  • 証券CFD取引では証拠金をもとに、レバレッジ(注2)を効かせた取引が可能であるため、多額の利益を得る可能性がある半面、証拠金を超える多額の損失を被るおそれがあります。また、ほかにも様々なリスクが想定されます。取引を行う前には証券会社からリスクの説明を受け、契約締結前交付書面や説明書等をよく読んで理解し、自己の資力、取引経験および取引目的等に照らして適切であると判断する場合にのみ、自己の責任において取引を行いましょう。
    (注2)
    レバレッジとはてこを意味し、CFD取引においては、預けた証拠金を担保にすることで、証拠金の額を超える取引が可能になることを意味します。
    (注3)
    ロスカット取引とは、お客様の証拠金が必要証拠金の一定額を下回った場合、損失の拡大を防ぐために、お客様の取引を強制的に終了させるための取引をいいます。

Contents


コンテンツ

CFDとFXの違いとは?特徴と相違点を比較して徹底解説

CFDとFXの違いとは?特徴と相違点を比較して徹底解説

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

お申し込みボタン

学びタイトル

これからFXを始めてみたい。株価指数取引もやってみたい。今年こそ投資にトライしたい。 そんな方は、まずはFXや株価指数など、 投資に詳しい人の話を聞いてみてください。 投資の方法は千差万別。投資家の数だけ投資の方法があります。 投資先は?金額は?手堅くいくか攻めていくか?何を重視するのか?何を優先するのか?

本セミナーでは、TV出演や執筆も多数のエコノミスト、エミン・ユルマズ氏と、実際にFXをやっている現役トレーダーの池辺雪子氏が講師として登壇します。 プロの分析 を教わる機会はなかなかありません。 また、投資経験者で、しかも 投資で『勝った』経験のあるトレーダー から話を聞くチャンスです!

お申し込みボタン

電話番号

講師紹介

先生1

エミン・ユルマズ 氏

  • 日本経済復活への新シナリオ(KADOKAWA)
  • コロナ後の世界経済(集英社)
  • 米中新冷戦のはざまで日本経済は必ず浮上する(かや書房)
  • それでも強い日本経済!(ビジネス社)
  • 日経マネー(マンスリー)
  • ダイヤモンドZaiFX(ウィークリー)
  • マーケットアナライズ+(BS12 トゥエルビ)
  • 田村淳の訊きたい放題(東京MX)
  • ウェークアップ+(読売テレビ)
  • 日経プラス10サタデーニュースの疑問(テレ東)
  • ストックボイスマーケットワイド(東京 MX)

書籍1

書籍2

講師紹介

先生2

池辺 雪子(イケベ ユキコ) 氏

今までの投資で、8億円以上の利益をあげた実績を持つカリスマ主婦トレーダー。元祖『ミセス・ワタナベ』としても名高い。 自身の投資経験から独自に開発した「yukikoVチャート」(特許取得済)は、初心者の方にも売買のタイミングが分かりやすいと好評。 現在では、自らの経験をもとに投資・納税に関するセミナー・執筆活動を行っている。 また、大の旅行好きで国内海外問わず様々な場所へ訪れている。国内の温泉はすべて回っているほか、これまでに訪れた国は58ヶ国にのぼる。

書籍1

書籍2

Q&A

お申し込みボタン

電話番号

カネツ商事のご紹介

雰囲気紹介

【オンライン】   はじめてでもよくわかるFX・日経225セミナー

投資ビギナーの方に、FXの基本的な仕組み、取引の方法、銘柄選びなど FXの基礎から実践までをやさしく解説いたします。 今、知っておきたいFXの知識。FXデビューセミナー。
お申し込みはこちら

セミナー1

【オンライン】 テクニカル入門セミナー

セミナー2

ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NY ダウ):Dow Jones Industrial Average™(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)は、S&P Dow JonesIndices LLC(以下「SPDJI」)が算出する指数であり、SPDJIがライセンスに係る権利を保有しています。「DJIA®」、「The 株価指数トレード 株価指数トレード Dow®」、「Dow Jones®」及び「Dow Jones Industrial Average」(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)のサービス・マークは、Dow Jones Trademark Holdings,LLC(以下「DJTH」)からSPDJIにライセンス供与されており、株式会社東京金融取引所(以下「金融取」)による一定の目的のために、SPDJIから金融取へ使用に関するサブライセンスが付与されています。金融取に上場されるダウ・ジョーンズ工業株価平均を原資産とするNYダウリセット付証拠金取引は、SPDJI、DJTH及びそれらの関連会社により後援、承認、販売又は宣伝されるものではなく、これらのいずれもかかる商品への投資の妥当性に関していかなる保証・表明もしていません。

(カネツ商事・AIゴールド証券共催)
【注意事項】
新型コロナウィルスを含む感染症の予防および拡散防止対策のため、ご来場の皆様に以下のご協力をお願い申し上げます。
・受付にて検温させていただき、37.5度以上の方は入場をご遠慮いただく場合がございます。
・入口(受付)にアルコール消毒液を設置しておりますので、ご来場の際等にご利用ください。
・来場者の皆様の安全及び公衆衛生を考慮し、全スタッフにマスク着用を義務付けております。来場者の皆様におかれましても、マスクの着用をお願いいたします。
・会場で体調不良であることが見受けられた場合、状況によって受講を取り止めていただく場合がございます。
・諸事情により、やむなく主催者の判断でセミナーを中止にする場合がございます。万が一中止の場合には、お申込みいただいたお客様には主催者よりご連絡させていただきます。予めご了承ください。

【重要事項】
・本セミナーは「くりっく365」及び「くりっく株365」取引の契約等の締結を勧誘する目的がございます。
・お客様の個人情報は、カネツ商事及びAIゴールド証券からのセミナー案内、相場情報の提供、勧誘以外の目的では利用いたしません。個人情報の利用目的及び共同利用の範囲等につきましては各社のホームページをご覧ください。
・「くりっく365」及び「くりっく株365」は株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している「取引所為替証拠金取引」「取引所株価指数証拠金取引」の愛称として使用するものです。

【仲介業者】 カネツ商事株式会社
東京都中央区日本橋久松町12-8 TEL:03-3662-0111
[金融商品仲介業者 関東財務局長(金仲)第579号 農林水産省・経済産業省登録第9号]
カネツ商事は、AIゴールド証券の委託を受けて、くりっく365、くりっく株365、商品関連市場デリバティブ取引及び商品先物取引の勧誘を仲介業により行う金融商品仲介業者、商品先物取引仲介業者です。
口座開設のお申し込みは株式会社東京金融取引所及び株式会社東京商品取引所の取引参加者であるAIゴールド証券へ仲介します。
カネツ商事はAIゴールド証券の代理権は有しておらず、お客様から金銭または有価証券を受け入れることはできません。
・会社概要はこちら
・個人情報保護宣言はこちら
・勧誘方針はこちら
・リスクについてはこちら

【取引参加者】
AIゴールド証券株式会社
東京都中央区日本橋久松町12-8 株価指数トレード TEL:03-6861-8181
[金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第282号]
AIゴールド証券は株式会社東京商品取引所の取引参加者であり、株式会社大阪取引所の取引参加者であるフィリップ証券株式会社を取次先とする金融商品取引業者・商品先物取引業者です。
加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会
・会社概要はこちら
・個人情報保護宣言はこちら
・勧誘方針はこちら
・リスクについてはこちら

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる