仮想通貨のメリット

追証制度について徹底解説

追証制度について徹底解説
◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

海外FXは借金をするリスクがあるって本当?リスクや借金をなくす仕組みを解説!

金融庁-海外FX注意

出典:金融庁ホームページ

しかし、200万人以上の日本人が海外FX業者で口座を開設し、取引していると言われているにもかかわらず、行政処分を受けた日本人は皆無という事実があるのは何故なのか。確かに脱税で逮捕者が出たという事例はありますが、海外FX業者で取引をしていたことで罪に問われた履歴はありません。

つまり、金融庁は海外FX業者で金融庁に登録していない業者自ら、日本人に口座開設を促すなどの勧誘行為を違法と指摘しているのであって、 日本人が海外FX業者を利用して取引すること自体を違法と指摘しているのではありません

借金リスクが生じる!?海外FX業者で禁止されている行為

海外FX業者に共通した禁止事項は以下の6つです。

  1. 裁定取引(アービトラージ)の禁止
  2. 遅延やレートエラーを狙った取引の禁止
  3. 経済指標発表時のみを狙った取引の禁止
  4. 同一口座間でない両建て取引の禁止
  5. ボーナスを不正取得する取引の禁止
  6. AI(人工知能)を使った取引の禁止

1. 裁定取引(アービトラージ)の禁止

裁定取引とは、 同一価値をもつ通貨ペアの価格のゆがみを見つけて取引する手法 です。

2. 遅延やレートエラーを狙った取引の禁止

たとえば一瞬通信上の遅延により安い価格で購入し、通信遅延が収まったときには利益が乗る場合があります。海外FX業者では、 遅延やレートエラーのみを狙った取引を禁止 しています。

3. 経済指標発表時のみを狙った取引の禁止

海外FX業者のなかにはこれだけを狙った取引は禁止している業者がある ので利用規約などで確認しましょう。

4. 同一口座間でない両建て取引の禁止

同一口座内での両建て取引は問題ありません が、 複数口座で両建て取引は禁止 している業者が多いのが実情です。

海外FXは危険?リスクやデメリットについて徹底解説

海外FXのメリット


最近では、その多くのメリットから海外FXをする人も増えてきています。

  • 少額でハイレバレッジ取引ができる
  • 取引銘柄・トレードスタイルが多様
  • MT4・MT5で自動売買ができる

少額でハイレバレッジ取引ができる

国内FXでは法律で25倍までのレバレッジなのに対し、 海外FXではなんと400倍以上のハイレバレッジで取引することも可能 になります。

取扱銘柄・トレードスタイルが多様

MT4・MT5で自動売買ができる

海外FXのデメリット

海外FXのデメリット

例えば、確定申告の際に国内FXで認められている、「 繰越控除 」や「 損益通算 」などは海外FXでは出来ず、国内よりもはるかに高い税率を課されることになります。

  • 金融庁の認可が降りていない
  • 日本語に対応していない場合がある
  • 入出金に手間がかかる
  • 確定申告が煩雑
  • スプレッドがかなり広い

金融庁の認可が降りていない

海外FXをはじめるに当たり注意しておきたいのが、 多くの海外FX業者は日本の金融庁の認可を受けていない ということです。

日本語に対応していない場合がある

結論からいうと、 海外のFX業者はあまり日本語サポートに力を入れている業者が多くない というのが実情です。

入出金に手間がかかる

その理由は、 海外の場合、入出金の社内処理を手作業でやっているケースが多い ためです。

確定申告が煩雑

例えば、国内FXで得た利益は「 申告分離課税 」が適用されますが、海外FXは、給与と同じ総合分離課税の適用となるため、FXで稼ぎすぎると給与の税金もそれに沿って高くなってしまいます。

ただ、国内FXとの「 損益通算 」はできませんが、海外FX同士での「 損益通算 」は可能です。

スプレッドがかなり広い

  • スプレッドが変動する
  • 手数料が上乗せされている

スプレッドが変動する

手数料が上乗せされている

海外FXと国内FXどちらがいい?

海外FXと国内FXどちらがいい?


ここまで海外FXのメリットとデメリットを見てきました。

海外FXでは国内FXのような「 追証(おいしょう) 」も無く、ゼロカットを完備しているため、口座残高以上の損失が無いことや、取扱銘柄も多く、トレードスタイルも多様で、最先端のMT4・MT5を使えることもあり、その内容はトレーダーにとって大変魅力的です。

そこで、 海外FXと国内FXのそれぞれの特徴を、「レバレッジ」「スプレッド」「取引の透明性」「追証とゼロカット」「取引ツール」「銘柄数」「入出金のしやすさ」「税金」の8つの項目で比較してみました ので、ぜひ参考にしてみてください。

追証制度について徹底解説
項目 国内FX 海外FX
レバレッジ ☓ 低い ◎ 高い
スプレッド ◎ 狭い △ やや広い
取引の透明性 △ 不透明な部分が多い ◎ 透明性が高い
追証とゼロカット ☓ 追証があるので借金を背負うリスク有り ◎ ゼロカットありの業者なら、口座残高以上の損失は無し
取引ツール △ 業者ごとに異なる独自プラットフォーム ◎ 世界的で最も使われている「MetaTrader」対応
銘柄数 △ 少ない◎ 業者によっては貴金属や株式指数、個別株、仮想通貨まで取引可能
入出金のしやすさ ◎ ネット銀行から24時間いつでも振り込める「クイック入金」など △ 入出金はやや面倒
税金 ◎ 一律20.315%の申告分離課税 ☓ 15%~55%の累進課税

また、税率の高さも海外FXの最大のデメリットで、稼げば稼ぐほど税率も上がり、国内FXでは使える「 追証制度について徹底解説 繰越控除 」や「 損益通算 」も使えないため、この点でも国内FXが非常に有利だということが言えるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる