外国為替ニュース

米国株の取引時間について解説

米国株の取引時間について解説
ナスダック100は高成長の銘柄で構成されるため、ナスダック総合指数よりも高い水準で推移しています。

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link 米国株の取引時間について解説 at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management 米国株の取引時間について解説 Co., Ltd. cannot and does 米国株の取引時間について解説 not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the 米国株の取引時間について解説 information and materials contained in this website.

The information on 米国株の取引時間について解説 this website is for reference purposes only and does not constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in 米国株の取引時間について解説 Japan.

Furthermore, the information on 米国株の取引時間について解説 this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the 米国株の取引時間について解説 provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide 米国株の取引時間について解説 any services to any person in the United States or to any U.S. Person 米国株の取引時間について解説 as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States are specifically prohibited from 米国株の取引時間について解説 investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.米国株の取引時間について解説

ETFの取引について詳しく知ってみよう①取引ルール編

ETFの取引について詳しく知ってみよう①取引ルール編

ETFの市場価格によっては、「呼値」の単位が変わることがあります。
たとえば、日興アセットマネジメントの上場インデックスファンド海外債券(FTSE WGBI)毎月分配型 (銘柄コード:1677)の板情報について見てみましょう。
右側の買数量(買い板)の呼値の刻みは、5万円以下の値段では50円単位であるのに対して、5万円超は100円単位に変わっています。また、左側の売数量(売り板)の呼値の刻みは、すべて5万円超なので100円単位です。指値注文をする際にはこの値段をよく見てください。
板情報は、口座開設した証券会社のウェブサイトなどで見ることができます。

上場インデックスファンド海外債券(FTSE WGBI)毎月分配型の板情報

板情報(1677)

岡崎氏写真

<お話を伺った方>
岡崎 啓(おかざき けい)

株式会社東京証券取引所 株式部 株式総務グループ ヘッド・オブ・ETF・セカンダリー・トレーディング 調査役
2007年に早稲田大学政治経済学部卒、東京証券取引所に入社。派生商品部やコロケーション推進室、マーケット営業部等を経て2013年より現職。ETFを含む東証現物株式市場の制度設計に携わっており、ETFにおけるマーケットメイク制度の構築や見直しを担当している。

東証マネ部!のETF検索ページはこちら
ETFを検索する

1677 - 上場インデックスファンド海外債券(FTSE WGBI)毎月分配型(愛称:上場外債)
商品トップページ
留意事項
商品概要

日本でもできる米国株先物【NYダウ】とは? 注目される3つの理由を解説

(2022/5/24更新)

(2022/6/3更新)

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

(2022/5/27更新)

シリーズ連載: HOME'S 米国株の取引時間について解説 PRESS編集部

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

人気コラムキーワード

不動産投資用物件を検索する

注目のコラムランキング

  1. 投資シミュレーション【一括投資 VS 積立投資】収益性が高いのはどっち?
  2. 「仲介手数料は0.5カ月分が上限」判決が与える賃貸オーナーへの影響は?
  3. 【徹底比較】不動産投資ローンに積極的な銀行・金利一覧とフルローンの現状
  4. 20代の平均貯金額と中央値はいくら?|毎月手取りの10%を貯金するコツ
  5. バブル経済とは?【バブル景気あるあるからバブル崩壊の原因まで】

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の新着コラム

Pick UP パートナー企業

注目の不動産投資パートナー企業特集 賃貸経営の集客~出口戦略を徹底サポート!

一棟収益物件 売却査定サービス

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

米国株の取引時間について解説

現在、PC向けページを表示しています。スマートフォン向けページはこちら。

商品・サービスTOP

ツール・アプリTOP

はじめての方へTOP

投資情報TOP

お客さまサポートTOP

    >商品・サービス > 外国株式 > 米国株式

米国株式

注目の動画セミナー

米国株式の特徴とメリット

世界的な大企業へ直接投資

長期的な成長と株価の上昇

少額で1株から投資できる!

相対的に高い企業の収益力

海外市場への分散投資

世界市場での圧倒的存在感

世界の株式市場の時価総額に占める米国市場の割合は1カ国で40%を超えています。圧倒的存在感を誇る米国市場にさらに資金が集中するという構図になってきています。(2021年8月末時点 WFE加盟国51カ国合計とNYSE+NASDAQの時価総額を比較 QUICKのデータをもとに当社で調査)

auカブコム証券の米国株式

手数料は業界最小水準
  • ※ 米国株式を取扱う主要ネット証券【口座数上位4社:SBI証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順)】で比較(2022年5月現在、当社調べ)

手数料は業界最小水準

逆指値、トレーリングストップなどの自動売買

逆指値、トレーリングストップなどの自動売買

投資情報

為替両替の手間を省きスムーズなお取引

auカブコム証券での米国株式取引は取引時に為替両替を行う円貨決済です。
外国株預り金に日本円資金余力があれば、事前に外貨を準備せずに取引が可能です。約定金額や受渡金額もすべて日本円換算で表示されることから、ご自身による為替レート勘案が不要で、スムーズに取引いただけます。 米国株の取引時間について解説
外貨決済機能については2022年度内の導入を目指しています。

為替両替の手間を省きスムーズなお取引

豊富な取扱銘柄

NYSE、NYSE Arca、NYSE America、NASDAQに上場している数千銘柄の中から、auカブコム証券が独自の基準で取引量の多い1,000銘柄超を選定。(2022年4月時点)今後、お客さまからのリクエストを基に銘柄も順次拡充いたします。

豊富な取扱銘柄

取引ツール

パソコンサイトやスマートフォンサイト、スマートフォンアプリなど普段日本株などのお取引でご利用いただいているツールを米国株式取引でもそのままご利用いただけます。
また、auカブコム証券が誇る高機能トレードツール「kabuステーション ® 」も米国株式取引に対応いたしました!ぜひご利用ください。

米国株と日本株はどっちを買うべき?米国株の特徴、メリット・デメリットを徹底解説!

米国株は1株から取引できるため、少額投資が可能です。大企業の銘柄であっても、数千円から購入できる株式もあり、投資初心者の方にも始めやすいといったメリットがあります。また、投資金額を抑えることで、株価が下落した際のリスクも少なくて済みます。
ETF(Exchange Traded Fund:上場投資信託)についても同様に、少ない口数での買い付けが可能です。特にNISAを利用している場合、限られた非課税枠のなかでも、米国株式・米国ETFや投資信託などさまざまな資産へ分散して投資することができ、この点も米国市場の人気の理由でしょう。
ただし、後に説明するように手数料と為替については注意が必要です。

配当利回りが良い

米国株のメリットのひとつとして、配当利回りの良さが挙げられます。配当利回りとは、購入する株の金額に対して、1年間で得られる配当金の割合です。米国株では、この配当利回りが投資家に重視されているため、日本株よりも良い傾向にあります。また、配当回数も日本株より多い傾向があり、年4回の企業も数多くあります。
このように、配当を重視したい投資家にとっては非常に魅力的な市場だといえます。
ただし、配当の分を成長投資へ回している企業もあるので、企業分析はきちんと行うようにしましょう。

世界的に有名な企業に投資できる

米国株を取引する際の注意点

取引時間が異なる

米国株取引時間米国株取引時間

手数料が高い

米国株は、日本株よりも手数料が高くなりやすいため、取引回数を減らす工夫が必要です。
このような配当に関する情報は株価に影響を与えることが多いので、この確認も欠かさないようにしましょう。
米国株の取引で必要になる手数料には、以下の3つがあります。

売買手数料 証券会社によって異なり、1回の約定代金(取引が成立した代金)に対して、〇%と定められる。
為替手数料 買付時、売却時に発生する、日本円と米ドルの両替コストで、1米ドルあたり、〇銭と定められる。
SEC Fee 米国現地証券取引所手数料で、米国株の売却時に発生する。約定代金の1米ドルあたり、0.0000051米ドル発生する。

為替変動リスクがある

米国株の株価指数

NYダウ、日経平均株価の変化率

ナスダック総合指数

ナスダック総合指数とナスダック100の違い

NASDAQ100の変化率

ナスダック100は高成長の銘柄で構成されるため、ナスダック総合指数よりも高い水準で推移しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる