テクニカル分析

暗号資産取引ならビットバンク

暗号資産取引ならビットバンク
17種の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

ビットバンク株式会社 PR・広報担当/在宅勤務 ※全暗号資産(仮想通貨)取引所中取引量国内No.1『bitbank』

事業概要 ▼ビットバンクとは
ビットバンクは暗号資産専業のスタートアップ企業です。
ビットコインの技術で、世界中にあらゆる価値を流通させることをミッションに
暗号資産技術の応用によって、人々の生活にビットコインが浸透し普及することを目指しています。 所在地 〒141-0031
東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル 7F 設立 2014年5月 従業員数 102名 上場市場名 非上場 資本金 1,141百万円 平均年齢 36歳

この求人情報は、dodaエージェントサービスの採用プロジェクト担当を通じての受付となります。

  • 「応募する」ボタンを押すと、ご応募と同時にdodaエージェントサービスの登録が完了します。
  • ご応募後、職務経歴書のアップロードがお済みでない方は、できる限りお早めにご提出をお願いします。
  • 採用条件に合致した方については、dodaエージェントサービスにご提出いただいた情報 にて、そのまま企業への応募手続きをいたします。
  • ご応募についての合否に関わるご連絡は、この求人情報を担当する採用プロジェクト担当から行います。

【拠点名】
シンガポール:PERSOLKELLY Singapore Pte Ltd
香港:PERSOLKELLY Hong Kong Limited
韓国:PERSOLKELLY Korea, Ltd.
台湾:台灣英創管理顧問分有限公司
ベトナム:PERSOLKELLY Vietnam Company Limited
中国:英創人材服務(上海)有限公司、英創人力資源服務(深セン)有限公司
マレーシア:Agensi Pekerjaan PERSOLKELLY Malaysia Sdn. Bhd.
フィリピン:John Clements. Recruitemt,Inc.
タイ:PERSOLKELLY HR Services Recruitment (Thailand) Co., Ltd.

ビットバンク株式会社

昨日金融庁がビットコインやイーサリアムに代表される暗号通貨を取り扱う仮想通貨交換業者登録企業を発表しました。下が今回登録された11社です。 株式会社マネーパートナーズ QUIINE株式会社 株式会社bitFlyer ビットバンク株式会社 SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社 G.

昨日金融庁がビットコインやイーサリアムに代表される暗号通貨を取り扱う仮想通貨交換業者登録企業を発表しました。下が今回登録された11社です。 株式会社マネーパートナーズ QUIINE株式会社 株式会社bitFlyer ビットバンク株式会社 SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社 G.

ブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)業界内で活躍する女性にスポットを当てた特集記事「ブロックチェーン女子部」。 今回はビットバンク株式会社の長井 優穂氏にお話を伺いました。 仕事でブロックチェーンに関わる楽しさ、また暗号資産取引所ならではの苦労話など赤裸々に語っていただきます。 長井 優穂(ながい ゆうほ)通信業界でのカスタマーサポート業務、広告代理店でのデジタルマーケティングを経験後、ビ.

ブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)業界内で活躍する女性にスポットを当てた特集記事「ブロックチェーン女子部」。 今回はビットバンク株式会社の長井 優穂氏にお話を伺いました。 仕事でブロックチェーンに関わる楽しさ、また暗号資産取引所ならではの苦労話など赤裸々に語っていただきます。 長井 優穂(ながい ゆうほ)通信業界でのカスタマーサポート業務、広告代理店でのデジタルマーケティングを経験後、ビ.

ビットコインFX「BTC 暗号資産取引ならビットバンク FX®」などを提供するビットバンク株式会社は、今春の改正資金決済法を受け、新規参入を検討する事業者を視野に入れたビットコイン・仮想通貨取引所「bitbank.cc」をリリースした。 bitbank.ccの他、顧客同士の取引を処理するマッチングエンジン「bitbank

ビットコインFX「BTC FX®」などを提供するビットバンク株式会社は、今春の改正資金決済法を受け、新規参入を検討する事業者を視野に入れたビットコイン・仮想通貨取引所「bitbank.cc」をリリースした。 bitbank.ccの他、顧客同士の取引を処理するマッチングエンジン「bitbank

ビットバンクの現物板取引の魅力とは【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

仮想通貨取引所・販売所のbitbank


ビットバンク(bitbank)は「ビットバンク株式会社」によって14年5月に設立された日本の仮想通貨取引所です。取引量が多く、セキュリティ面にも定評がある人気の取引サービスとなっています。

1-2.ビットバンクの取扱銘柄

1-3.ビットバンクの特徴

①セキュリティが強固

②貸仮想通貨サービス

②ビットバンクの取引ツール

2-1.リアルタイムで変動する取引板

2-2.取引板がチャート横に表示

bitbank 1


ビットバンクの現物板取引では取引板がチャートの真横に表示されているため、トレーダーはチャートを確認しつつ取引を行うことができます。

③ビットバンクの現物板取引の魅力

3-1. 板読みがしやすい

3-2. 取引板の厚いところが強調されている

3-3. ダブルクリックで注文できる

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 by 中島 翔 (全て見る)

  • Huobi Japanのデータの活用法について【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】 - 暗号資産取引ならビットバンク 2022年6月7日
  • 2022.6.7 マーケットレポート【ドル円は132円台を突破するか】 - 2022年6月7日
  • アカツキ株式会社が設立したWeb3特化型ファンド「Emoote」とは - 2022年6月6日
  • 日本発のメタバース「江戸バース(Edoverse)」とは? - 2022年6月6日
  • 2022.6.6 マーケットレポート【良好な雇用統計を受けて株式市場が反落】 - 2022年6月6日

おすすめの仮想通貨取引所は?

コインチェック

コインチェック

17種の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

GMOコイン

GMOコイン

全9種類のテクニカル指標、6つの注文方法が利用できるアプリを提供する仮想通貨取引所!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

アルトコインレバレッジ取引に強み!19銘柄の暗号資産取引が可能な暗号資産取引所

仮想通貨・ブロックチェーンの最新ニュース

  • 2022/6/72022.6.7 マーケットレポート【ドル円は132円台を突破するか】
  • 2022/6/62022.6.6 マーケットレポート【良好な雇用統計を受けて株式市場が反落】
  • 2022/6/32022.6.3 マーケットレポート【金融引き締めへの警戒が緩和】
  • 2022/6/3DMM Bitcoin、新しいアイドルグループの創造を目的としたIEOに関する3社間の基本合意書を締結
  • 2022/6/22022.6.2 マーケットレポート【ドル円は130円を突破】
  • 2022/6/1NFTを担保とした資産運用が可能に。無担保型NFTレンタルプロトコル「Rilascio」、テストネットリリースへ
  • 2022/6/12022.暗号資産取引ならビットバンク 6.1 マーケットレポート【EU圏インフレ率が過去最高に】
  • 2022/6/1LINE証券、STOサービスを提供開始
  • 2022/5/312022.5.31 マーケットレポート【ビットコインはレジスタンスラインを突破】
  • 2022/5/30BraveブラウザがSolanaブロックチェーンを統合、Magic EdenでのNFT売買にも対応予定

関連記事一覧

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

クレカ・資産運用

※暗号資産(仮想通貨)は法定通貨ではありません。また、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。
※暗号資産(仮想通貨)の価格の変動等により損失が発生する可能性があります。
※暗号資産(仮想通貨)は代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
※お取引の際は、弊社のHPに記載の「契約締結前公布書面兼説明書」・「取引ルール」をご確認のうえ、取引内容を十分に理解し、自己の責任をもって行ってください。
https://bitbank.cc/about/prior-confirmation

商号:ビットバンク株式会社 登録番号:関東財務局長第00004号(暗号資産交換業)
加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引協会

===
■承認条件
dジョブスマホワーク経由での新規WEB口座開設申込後、60日以内に口座開設完了と50,001円以上のご入金まで完了いただいた場合に付与対象となります。

※ご入金も含めて60日以内が条件となります。
※ご入金は日本円での入金が条件となります。
※アプリブラウザからの場合対象外となります。

■否認条件
・虚偽、いたずら、不正、個人情報の提出まで至らない申込み
・過去にビットバンクで口座を開設したことがある場合
・審査において不合格となった場合(5年以内に金融犯罪歴あり、反社会的勢力など)
・アプリブラウザからの場合

■謝礼に関するお問い合わせについて
否認・未反映についてのお問い合わせはお受けできませんのであらかじめご了承くださいませ。

■ 注意事項
本お申込者の特定および謝礼のお支払を目的として、dジョブスマホワークのお客様IDを株式会社インタースペースに提供し、 株式会社インタースペースより購買情報やお客様の識別番号等の個人関連情報を提供いただきます。
※提供元企業、および株式会社インタースペースへの直接のお問い合せはお控えください。

■ 注意事項
本お申込者の特定および謝礼のお支払を目的として、dジョブスマホワークのお客様IDを株式会社インタースペースに提供し、 株式会社インタースペースより購買情報やお客様の識別番号等の個人関連情報を提供いただきます。
※提供元企業、および株式会社インタースペースへの直接のお問い合せはお控えください。

暗号資産を安全に管理するために大切なこと

ジョナサンさん:暗号資産の管理でよく耳にする言葉に「ウォレット」「秘密鍵」「公開鍵」があります。「ウォレット」とは、暗号資産を保有したり、管理したり、移転させたりするためのものです。「秘密鍵」「公開鍵」はそのために必要な暗号のこと。銀行の預金口座で例えるなら、「ウォレット」は預金口座で、「公開鍵」は口座番号、「秘密鍵」は印鑑またはインターネットバンキングの契約番号(ID)、ログインパスワード、ワンタイムパスワードなどのセットです。

暗号資産取引ならビットバンク

安全な管理方法とは? ウォレットの種類を学ぶ

――暗号資産を保有する概念は分かりました。取引所からの流出など、不安に思えるニュースも聞こえてきます。どのように保有するのが安全なのでしょうか?

ジョナサンさん:暗号資産の保有場所として、まず多いのは暗号資産取引所のウォレットですね。そういう意味では、取引所はウォレット代行サービスとも言えます。秘密鍵は取引所が保有していますので、もし何かしらの事件があって、取引所が暗号資産の移転を禁止してしまったら、法的な手段を使わずして取り戻すことは難しい。過去に何回かあったように、取引所がハッキングされて、暗号資産が流出することもあります。

――個人が安全に保有するには、取引所の外に置いたほうがいいということですか?

ジョナサンさん:個人が暗号資産を安全に管理するのによく使われているのは「ハードウェアウォレット」です。これは秘密鍵を管理するために設計された専用のハードウェア。スマホやパソコン内のアプリやクラウド、サーバーで管理するのではなく、専用の物体で暗号資産を管理します。

――危ないウォレットアプリですね……。どうやって見分ければいいのでしょう?

ジョナサンさん:正直、一般の方がそれを見分けるのは難しくて…。技術に詳しい人にお金を払ってウォレットアプリの監査をしてもらうくらいしか方法はないですね。でもそのお金が出せるのならハードウェアウォレットを買ってください。安いものなら3000円くらいからありますから。ということでオススメはハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットにも様々なレベルのセキュリティのものがありますが、総じてウォレットアプリよりもセキュリティが高かったりします。

――ハードウェアウォレットと取引所のウォレットの使い分けが必要ということですね。

ジョナサンさん:もちろん、ハードウェアウォレットにも紛失や盗難などのリスクが伴います。そういう意味でもリスクを分散させることが大事です。例えば7割の暗号資産はハードウェアウォレットに置き、残りの3割を取引所に置いて、値段の動きがあったらある程度売買できるようにしておこうとか。長期的に投資している人は100%自分で管理しても良いと思います。

暗号資産が取引所から流出!利用者がしてはいけないこととは

――取引所がハッキングされて、暗号資産が流出してしまった場合に利用者はどう対応すればいいのでしょうか?

ジョナサンさん:流出が起こってしまったときに、一番してはいけないのは「焦ること」。

――いや、どうしても焦ってしまいますよ……。

ジョナサンさん:ですよね。でも、焦らないこと、それに加えて「取り出さないこと」も大切です。取引所がハッキングされたからと言って、焦って自分の暗号資産を取り出そうとしないでください。ハードウェアウォレットに取り出すならまだしも、どこのものとも分からない、セキュリティが非常に甘いウォレットアプリを焦ってダウンロードして、そこに移したりしたら…。そのウォレットにウイルスが仕込んであって、暗号資産をすべて抜き取られるという可能性もあります。

あなたがハッキングに遭う可能性もあります

――ハードウェアウォレットにせよ、ウォレットアプリにせよ、取引所ではなく私たち個人のウォレットがハッカーに狙われることもありますよね?

ジョナサンさん:実際にそのような事例も報告されています。ふたつ紹介しましょう。

――暗号資産に限った話ではありませんが、十分に注意したいですね。

今回のまとめ

ジョナサン・アンダーウッドさん FLOCブロックチェーン大学校 校長
ビットバンク株式会社 チーフビットコインオフィサー
アメリカ出身のビットコイン研究者。ビットコインのオープンソース、ウォレットプロジェクトの開発や、プロトコルを定める提案などに参画。2017年日本において、ブロックチェーンエンジニアが技術や知識を学ぶ場が少ない現状を打破したいという想いからブロックチェーン大学校株式会社を設立。2018年FLOCブロックチェーン大学校校長に就任。 ブロックチェーン教育、および暗号資産(仮想通貨)のセキュリティ問題に関しては、国内でも有数の識者であり、メディアを通じての啓蒙活動も積極的に行っている。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる