バイナリーオプションのコツ

分散投資のメリットは

分散投資のメリットは
例えば、毎月1000円積み立てるとして、投資する株式の価格が1株100円だとすると、10株購入できる。翌月に価格が1株150円に上がると6.7株購入となり、さらに翌月、1株50円に下がると20株購入となる。そうして3カ月に分けて購入すると、3000円で合計36.7株が買えたこととなり、1株あたりの価格は81.7円となる。一方、一定額ではなく毎月10株ずつ一定数で購入した場合は、初月1000円、翌月1500円、翌々月500円となり、3000円で30株買え、1株あたりの価格は100円となる。比較してみると、一定額で購入した方が単価が抑えられていることがわかる。

「できることなら、価格がもっとも下がったタイミングで買い、もっとも上がったタイミングで売ることが一番です。しかし、値動きは予測できませんよね。もし、全財産を一括で投資したら、値動きが気になって、仕事も手につかないでしょう。そうなることを避けるには、『積立』での運用が適しています。投資するタイミングを分散させることで、リスクを減らし、少しずつお金を増やす効果が狙えるのです。『ドルコスト平均法』が必ず儲かるというわけではありませんが、価格が下がった時は仕入れ時なので、一定額の積み立ては有利になるといえます」

投資の三大原則「長期」「積立」「分散」ってなんでいいの?

複利効果
複利とは、運用によって得た利益をさらに運用することで、元本が増えていくこと。例えば、100万円を投資して年間の利益が10万円出た場合、翌年は合計額の110万円が元本となる。これを続けていけば、年々元本が増え、利益も大きくなっていくのだ。

「投資は売買することで利益を得るもの、と考えてしまいがちですが、『複利効果』を期待するなら、売ってはいけません。売らずに利益を積み重ねていくことが、さらなる利益につながるからです。金融庁では、長期投資がいかに有効かというデータも出しています」

国内外の株式・債券に100万円を積立・分散投資した場合の収益率(実績)

出典/金融庁「つみたてNISAについて」(平成29年6月)資料

「積立」で投資タイミングを分散し“仕入れ時”分散投資のメリットは を狙う

ドルコスト平均法
金融商品を一定額で、定期的に買い続ける手法のこと。金融商品は価格が変動するため、安いタイミングで買い続けると損するように思えるが、一定額で買い続けることで、価格が下がった時こそ多くの口数を買うことができる。そして、価格が上がった時には値下がり時に多く買えた口数が働いてくれる。

例えば、毎月1000円積み立てるとして、投資する株式の価格が1株100円だとすると、10株購入できる。翌月に価格が1株150円に上がると6.7株購入となり、さらに翌月、1株50円に下がると20株購入となる。そうして3カ月に分けて購入すると、3000円で合計36.7株が買えたこととなり、1株あたりの価格は81.7円となる。一方、一定額ではなく毎月10株ずつ一定数で購入した場合は、初月1000円、翌月1500円、翌々月500円となり、3000円で30株買え、1株あたりの価格は100円となる。比較してみると、一定額で購入した方が単価が抑えられていることがわかる。

「できることなら、価格がもっとも下がったタイミングで買い、もっとも上がったタイミングで売ることが一番です。しかし、値動きは予測できませんよね。もし、全財産を一括で投資したら、値動きが気になって、仕事も手につかないでしょう。そうなることを避けるには、『積立』での運用が適しています。投資するタイミングを分散させることで、リスクを減らし、少しずつお金を増やす効果が狙えるのです。『ドルコスト平均法』が必ず儲かるというわけではありませんが、価格が下がった時は仕入れ時なので、一定額の積み立ては有利になるといえます」

性質の異なる商品に「分散」させて成長のチャンスを捉える

三大原則実践で10年後に資産増加の可能性あり

出典/モーニングスター(https://www.morningstar.co.jp/)

ミニ株って何?メリット・デメリットやおすすめ証券会社を紹介!

ミニ株(単元未満株)って何?ミニ株投資のメリット・デメリットやおすすめ証券会社を紹介

電子金融取引では、金融サービス業者や接続業者のコンピュータシステム、通信回線の障害等により、取引画面になかなか接続できなかったり、画面上で利用しているサービスが突然中断されてしまう可能性を常に伴っています。 このような場合には、業者との連絡手段としてe-mailを利用することもできなくなるおそれがあります。したがって、電子金融取引を利用するにあたっては、電話連絡先等、ネットワークを経由しない連絡手段も予め確認しておいた方がよいでしょう。

引用:金融庁

さらに、ネット証券であれば、自分が好きなタイミングで手軽に取引ができたり、銘柄情報をインターネットで詳しく調べることができたりと豊富なメリットがあります。

各証券会社のミニ株・単元未満株の名称を確認しておく

証券会社によってミニ株・単元未満株の名称が異なります。
例えば、SBI証券は「S株」、マネックス証券は「ワン株」、auカブコム証券は「プチ株」、LINE証券は「いちかぶ」と呼ばれます。
また、証券会社によっては手数料やルールなども異なるため、自分が利用したい証券会社の内容についてしっかりと確認しておきましょう。

ミニ株(単元未満株)投資ができるおすすめの証券会社は?

LINE証券「いちかぶ」 リアルタイム約定の取扱銘柄数が豊富

ミニ株(単元未満株)って何?ミニ株投資のメリット・デメリットやおすすめ証券会社を紹介

サービス名いちかぶ
手数料無料
※「取引コスト」として基準価格の0.2%~1.0%を上乗せ
約定即時約定
取引時間日中取引:9:00~11:20、11:30~12:20、12:30~14:50
夜間取引:17:00~21:00
取扱銘柄1500以上

LINE証券のいちかぶは、リアルタイム約定の取扱銘柄数が豊富な単元未満株です。業界大手のSBI証券は約定タイミングが固定されており、リアルタイムでの取引はできないため、LINE証券「いちかぶ」の強みといえるでしょう。往復の日中取引コストは0.4%~1.0%と業界最低水準です。

積立投資への過信は禁物! あまり語られていないデメリットとは何か

最近は積立で投資を始めるという人が急速に増えています。好調な株式相場に加え、多くのメディアで「積立投資のメリット」を取り上げていることも、そうした傾向を後押ししているようです。もちろん、積立投資は有効な投資手法であるのは事実。しかし、万能とまで言えるのか? デメリットは存在しないのか? AB未来総研の後藤順一郎所長による連載「資産運用の『当たり前』を疑え」の第3回では、皆さんのそんな疑問にお答えします。

積立投資は本当に最強の投資手法なのか?

あわせて読みたい

慶應義塾大学理工学部 非常勤講師、投資信託協会 客員研究員。1997年慶應義塾大学理工学部卒業。富士銀行(現みずほ銀行)に入社し、法人向け融資業務などに従事。2000年からはみずほ総合研究所で、主として企業年金向けの資産運用/年金制度設計コンサルティングに携わる。06年一橋大学大学院国際企業戦略研究科にてMBA取得。同年4月アライアンス・バーンスタインに入社。現在はマルチアセット戦略のプロダクト担当。また、DC・NISAビジネスの推進及びAB未来総研にて顧客向けソリューション/リサーチ業務も兼務している。共著書に『年金基金の資産運用-最新の手法と課題のガイドブック-』(東洋経済新報社)などがある。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる