外為オプション取引

ETFと投資信託どっちを選ぶべき

ETFと投資信託どっちを選ぶべき

知っていましたか? 業界最低水準の運用コスト を、
将来にわたってめざし続ける *
ファンド があることを。 そのブランド名は・・・

注)『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the ETFと投資信託どっちを選ぶべき Year 2021』は投信ブロガーの投票を運営委員会が集計したランキングです(投票者数:180 名)。 投票期間:2021年11月1 日~11月30日。投票対象:2021年10月31日までに設定された投資信託(ETF 含む)。
『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020』は投信ブロガーの投票を運営委員会が集計したランキングです(投票者数:185 名)。 投票期間:2020年11月1日~11月30日。投票対象:2020年10月31日までに設定された投資信託(ETF 含む)。
『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019』は投信ブロガーの投票を運営委員会が集計したランキングです(投票者数:222 名)。 投票期間:2019年11月1日~11月30日。投票対象:2019年10月31日までに設定された投資信託(ETF 含む)。
『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018』は投信ブロガーの投票を運営委員会が集計したランキングです(投票者数:241 名)。 投票期間:2018年11月1日~11月30日。投票対象:2018年10月31日までに設定された投資信託(ETF 含む)。
※それぞれ、海外籍ETFについては、日本の証券会社を通じて買付可能なもの。
※将来の運用成果等を保証したものではありません。
過去の受賞状況はこちらから(「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year2021」HPに移動します)
http://www.fundoftheyear.jp/2021/

長期の資産形成において、
コスト目線は大切です!

運用利回りが同じファンドに投資した場合、 運用コストが低い(コストを抑えた)ファンドのほうが、パフォーマンスは優位 になります。

ご参考:運用コストの違いによるパフォーマンスの優劣:信託報酬の違いによる例
(イメージ図)

イメージ図イメージ図イメージ図

信託報酬控除前の運用利回りを年率3%と仮定。(10,000円で運用スタート)
各信託報酬の場合のパフォーマンスの違いを示しています。
上記グラフは信託報酬の大小が長期的にパフォーマンスへ与える影響を明示するためのシミュレーション(複利にて計算。税金・手数料等は考慮しておりません。)であり、各インデックスファンドの将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。

ETFと投資信託どっちを選ぶべき

個人投資家4800人調査 (4) 値上がり・配当・優待・・・ どの銘柄に期待しますか? [映像あり]

日経CNBC 田中 彰一解説委員

値上がり率

  1. 1:NxG_DX +6.15%
  2. 2:USテクノロ +5.37%
  3. 3:ゼロ・コン +5.13%
  4. 4:テレバeコ2 +5.10%
  5. 5:ゼロコン予分 +5.02%

値下がり率

  1. 1:みらいC -5.ETFと投資信託どっちを選ぶべき 59%
  2. 2:米配年4なし -5.35%
  3. 3:デジタヘルス -5.09%
  4. 4:ロシ債2 -4.44%
  5. 5:ロシ債毎 -4.41%

投信ニュース

新興国債券型投信、QUICKファンドスコアで比較

投資信託で長期の資産形成に取り組むなら、それに適したファンドを選びたい。長期投資にふさわしいかどうかの視点でランク付けした「QUICKファンドスコア」は、投信選びの参考になる指標の一つだ。今回は新興国…続き (26日 12:00)

  • 先進国債券型投信、QUICKファンドスコアで比較
  • バランス型投信、QUICKファンドスコアで比較
  • 新興国株式型、QUICKファンドスコアで比較

■投資信託サーチ

投信コラム

バランス型ファンドの運用効率、比率変動型がトップ

投信運用、円安で「為替ヘッジなし」が有利に

20代ショウさん、老後2000万円問題で積み立て.

「米国成長株投信D」、年初来の資金流入額トップに

実際の運用年数より長い「平均保有期間」とは

債券ファンド、3月の資金流入額1位はグローバル型

投信ランキング(解説)

値上がり率

  1. 1:NxG_DX +6.15%
  2. 2:USテクノロ +5.37%
  3. 3:ゼロ・コン +5.13%
  4. 4:テレバeコ2 +5.ETFと投資信託どっちを選ぶべき 10%
  5. 5:ゼロコン予分 ETFと投資信託どっちを選ぶべき ETFと投資信託どっちを選ぶべき +5.02%

値下がり率

  1. 1:みらいC -5.59%
  2. 2:米配年4なし -5.35%
  3. 3:デジタヘルス -5.09%
  4. 4:ロシ債2 -4.44%
  5. 5:ロシ債毎 -4.41%

資産運用の経験や目的から選ぶ

余裕資金で資産を運用

長期でコツコツ資産形成

まだ間に合う老後資金

大切な資産、堅実に

運用資産別に選ぶ ETFと投資信託どっちを選ぶべき (解説)

値動きから選ぶ

1年週次 ETFと投資信託どっちを選ぶべき 1年週次 | 5年月次 5年月次 | 10年月次 10年月次

各ファンドタイプの値動き 各ファンドタイプの値動き 各ファンドタイプの値動き

リスクとリターンから選ぶ

※リスクとリターンのバランスを判断する目安として、両者の数値が等しくなる水準で点線を描画しています。斜線より左上の部分に位置するファンドは、右下のファンドよりもリスク比でリターンが高かったことを示します。
<グラフの操作方法>
グラフをクリックすると周辺部を拡大します。閲覧したい箇所をドラッグして拡大することもできます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる