内部者取引

外国為替チャート

外国為替チャート
  • 『外為年鑑』(外国為替情報社 年刊) (FNグローバル 年刊 外国為替チャート 【Z41-5869】)
    1959年から1961年までは月ごとの、1962年以降は日ごとの、過去1年間の主要通貨の対ドル、対円の為替レートなどが掲載されています。(目次)
    (国際連合統計局 年刊 【Z41-124】)
    国際連合の総合統計書です。年ごとの対ドルの為替レートが掲載されている版がありますが、統計項目の変更により、掲載されていない版もあります。(目次)
    (東銀リサーチインターナショナル 1985 【YQ2-1309】) (東銀リサーチインターナショナル 年刊 【Z41-4989】)
    日ごとの対円の為替レートなどが掲載されています。平成4(1992)年版をもって刊行を終了しました。
  • 『外国経済統計』『外国経済統計年報』(日本銀行 年刊)
    戦前から平成7(1995)年まで刊行されていた日本銀行の年報です。外国為替相場に関する情報が掲載されています。
  • 『金融事項参考書』(大蔵省 年刊)
    戦前に刊行されていた大蔵省の年報です。外国為替相場に関する情報が掲載されています。
    (International Monetary Fund 年刊 【Z61-A112】)
    国際通貨基金(IMF)の金融統計資料です。年ごとの対米ドルの為替レートが掲載されています。2018年版をもって刊行を終了しました。国際通貨基金ホームページ内IMF Dataに統計がリストアップされています。

外国為替市場

USDJPY: USDJPYのギャンチャート(゚Д゚)ノ

ここの白線の越え方で色々と考えられますね、でも落ちそう(*´Д`) ギャンの見方として円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなります。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、斜めの白線、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この3つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定めることが出来ます。

EURGBP: #すばるライン

◆EUR/GBP◆ ◆トレード手法紹介◆ 👉分析 :テクニカル分析のみ 👉使用時間軸 :4時間足,日足 👉トレードスタイル :スイングトレード 👉注文方法 :アラーム⇨成行注文 👉決済方法 :OCO方式 👉利確to損切回数.

USDCAD: #すばるライン

◆USD/CAD◆ ◆トレード手法紹介◆ 👉分析 :テクニカル分析のみ 👉使用時間軸 :4時間足,日足 👉トレードスタイル :スイングトレード 👉注文方法 :アラーム⇨成行注文 👉決済方法 :OCO方式 👉利確to損切回数.

GBPJPY: 【FXポンド円】11連続陽線後に現れた陰線!

ポンド円は11営業日連続陽線後に陰線が出現。 この陰線が踊り場入りを示唆するのか、下落トレンド入りを示唆するのかを見極める局面となった。 初心者にも分かりやすく解説しました。 #fx初心者

外国為替チャート USDCHF: トレンドレスな相場に手を出すな。

【取りにくいトレンドレスな相場に手を出すな】 ボリンジャーバンドやADXをフィルターとして使い、トレンドがある相場の時期を炙り出しましょう。 トレンドが出ている期間の押し目買い戻り売りはもちろんですが、 続いていたトレンドレスな状態からトレンドが出ていくところに乗ると、トレンド相場の初動を捉えられますね。 抵抗帯からの反転を捉える、難しい先乗りはまだ苦手、という人でも、伸びやすい相場を選別できれば後のりで勝機はあります。 トレードで一番やられるのは方向感、ボラがない時に手を出し、買ってやられ、売ってやられを繰り返すパターン。 トレンドレスな相場つきに付き合わないのも技術のうちです。 チャートに表示しているのはオリジナルインジケーターです。

USDJPY: 【FXドル円】じり高でショートを打つタイミングはあるのか?!

ドル円は20年ぶりの高値をつけている。 この中でショートを打つとしたらどのような場面なのか。 逆張りをしたい人は焦らず戦略を練りたい場面。 初心者にも分かりやすく解説しました。 #FX初心者

AUDJPY: オージー円 50bp大幅利上げで上昇 レジスタンスを抜けるか?

チャートは日足です。 オレンジのフィボナッチ、96円付近のレジスタンスが意識されている展開で、 先ほどオーストラリア中銀の予想以上の利上げが発表され大きく上昇しましたが、レジスタンスを抜けきれず戻ってきています。 今週に入ってからドル円をはじめとしたクロス円が大きく上昇し、オージー円も上昇してきている中での今回の上昇でした。 ドル円が現在少し調整をしており、一旦はオージーも調整が入ると思いますが、また同じ96円付近のレジスタンスは目指してくるのかなと思います。 そこを突破するのかどうかは分かりませんが、今週のドル円(円安)の勢い次第では突破も全然あり得ると思います。 96円付近のレジスタンスを越えれば97、98円が見えてきますので、そこは積極的にエントリーしていきたいです。

USDJPY: ドル円は結構大事なポイントかもしれませんね。

ドル円の日足です。 上昇してきましたね。今は前回高値付近です。 今後はこのまま上昇していくんでしょうか?もし上昇していくようならドル円はどこまで上がるか解らないぞ。という雰囲気になりそうですね。多分今より上にショートの損切りも有ると思いますし走るかもしれません。 また、新高値更新しない場合は「上は堅い。USDは高いからロングする人がいない。」となってしばらくは上昇しない。と判断しても良くなるかもしれません。ただの勘ですけど。 先週のローソク足の値幅が大きいのが気になるんですよね。ちょっと急すぎないかと。でも、アメリカ国債の金利はまだ上昇トレンドだしFRBもタカ派姿勢だし、素直に上昇すると判断してついて行くしかないんでしょうか?

USDJPY: 20年ぶりの円安水準に【米ドル円】

(USDJPY)米ドル円 週足 今日のテーマ ・現状分析 ・チャートは動く相場と動かない相場が混在している 動かない相場が動き出すとトレンド相場になりやすいことを理解しよう。

USDJPY: 【自分メモ】2022/6/6~ドル円

①環境認識 日足→上目線 4時間足→上目線。三角持ち合いを上抜け 1時間足→上目線 ②まとめ 各時間足は上目線。なんだかんだドル高円安トレンド継続 調整下落したところをロングしたいが、入りやすそうな押し目を 作らずに上昇しそう。。。 ※表示インジゲーター 20EMA→オレンジ色 外国為替チャート 75EMA→青色 200EMA→紫色 デイリーピボット→白色 ウィークリーピボット→緑色 ※ライン設定色 週足→緑色 日足→白色 4時間足→黄色 ※トレードマイルール ・チャートを21時~0時までしか見ることができないため、その時間内で エントリー~決済までする。 ・4時間足・1時間足の目線が一致するときにエントリー

GBPUSD: GBP/USD 6/2 #すばるライン🐝

【エントリールール】 *環境認識で使用する時間足* 長期→日足 中期→4時間足 短期→1時間足 *エントリーする時間足* 4時間足でスイングトレード *注文方法* 指値注文 IFO注文 注文時に利確 損切り位置を決定し、その後分割利確を設定する *トレードルール* 中期チャネルに順張り 中期チャネル上限下限付近へ到達後に短期チャネルを上抜け 短期トレンドが中期トレンド方向へ転換(高値安値更新を確認)水平線エントリー 根拠は2つ以上 *R/R* .

USDCHF: #すばるライン

◆USD/CHF◆ ◆トレード手法紹介◆ 👉分析 :テクニカル分析のみ 👉使用時間軸 :4時間足,日足 👉トレードスタイル :スイングトレード 👉注文方法 :アラーム⇨成行注文 👉決済方法 :OCO方式 👉利確to損切回数.

USDJPY: 【USDJPY】日足と1h足から戦略を考える

日足は131円台の高値をつけてから押しが入り、数日前からまた上昇を始めています。 一方、1時間足ですが、上昇トレンド途中の三角保合いを上抜けしました。 では1h足で狙うのにどこがターゲットになるのか?を考えてみました。 まずは直近高値の131.350円です。 ここも上抜けしていくと、目先の目標と考えられるのが一目均衡表のV計算値です。 具体的には 押しの分だけ高値に足し合わせた値を目標値にする考えです。 ここでV計算値を考えると押しは約5円なので、131.350円+5円=136.350円が一先ずの目安となり得るかなと思います。 目安の目標値についてはいろいろな考え方がありますので、自分にフィットした利食い幅を見つけるのも大事だと感じます。 それでは本日は以上です。 ご覧頂きありがとうございました!

AUDJPY: 超シンプルなチャートで分析・トレード!!三角レンジ抜けて大きく上昇!日足上昇トレンド復活!

前回の投稿の通り、三角レンジをブレイクで買い。 目標の93円〜94円をクリア! 95円にも到達しました(^_^) 順調です! 次の目標は4/20高値付近になります。 トレールでついていきます。 ご参考 前回投稿

AUDJPY: 超シンプルなチャートで分析・トレード!!三角レンジブレイク。日足上昇トレンドに復帰の兆しか?

前回5/18に >日足上昇トレンドに復帰に向うか? というタイトルで投稿していますが、その後はトレンド感なく89円-91円のレンジでの推移が続いていました。 そして昨日は、ようやくレンジ上限91円をブレイク。 ・上辺が91円のレジスタンスライン ・斜辺は5/12安値からの安値の少しずつの切り上がりのライン。 で、構成された三角レンジの上辺をブレイクした形になりました。 三角レンジブレイクです。 ただ、この三角レンジブレイクは4/20を頂点とした大きな下降の流れから反発の途中でできているので、 大きな上昇の流れの中でできた場合とは違い、弱いかもしれませんが、 小さめのリスクで仕掛けられるので、ここから買っていきたいと思います。 ストップは91円割れ 当面の目標は93円〜94円。 順調に上昇ならいつも通り一部は利益確.

為替レートの調べ方

    (内閣府 月刊 【Z3-812】)
    各国のGDPや主要株価など、海外の経済動向に関する指標が掲載されており、月ごとの対円の為替レートがわかります。
  • 「国際経済特集」(『財政金融統計月報』(中和印刷 月刊 【Z3-2776】))
    『財政金融統計月報』で年に1回行われる特集です。「各国通貨単位、対米ドル相場(平均)の推移」が掲載されており、過去数年分の年ごとの対ドル為替レートがわかります。また、財務総合政策研究所ホームページ内「刊行物」のページの「財政金融統計月報」に『財政金融統計月報』のバックナンバーの一部が掲載されており、「既刊号ダウンロードへ」の「国際経済」に「国際経済特集」の特集号が掲載されています。
    (東洋経済新報社 月刊 【Z3-555】)
    ビジネスに関する統計を掲載した情報誌です。昭和14(1939)年から平成24(2012)年まで刊行されていました。初期は月ごとの、その後は日ごとの対円の為替レートが掲載されています。
    (東京銀行調査部 月刊 【Z3-461】)(国立国会図書館デジタルコレクション:図書館送信 )
    昭和24(1949)年から平成6(1994)年まで刊行されていた東京銀行の月報です。日ごとの対円、対米ドル為替レートなどが掲載されています。
    (International Monetary Fund 月刊 【Z51-G37】)
    昭和23(1948)年から刊行されている、国際通貨基金(IMF)の金融統計資料です。月ごとの対米ドルの為替レートなどが掲載されています。2018年12月をもって刊行を終了しました。国際通貨基金ホームページ内IMF Dataに統計がリストアップされています。

外部サイトへのリンク

  • 『外為年鑑』(外国為替情報社 年刊) (FNグローバル 年刊 【Z41-5869】)
    1959年から1961年までは月ごとの、1962年以降は日ごとの、過去1年間の主要通貨の対ドル、対円の為替レートなどが掲載されています。(目次)
    (国際連合統計局 年刊 【Z41-124】)
    国際連合の総合統計書です。年ごとの対ドルの為替レートが掲載されている版がありますが、統計項目の変更により、掲載されていない版もあります。(目次)
    (東銀リサーチインターナショナル 1985 【YQ2-1309】) (東銀リサーチインターナショナル 年刊 【Z41-4989】)
    日ごとの対円の為替レートなどが掲載されています。平成4(1992)年版をもって刊行を終了しました。
  • 『外国経済統計』『外国経済統計年報』(日本銀行 年刊)
    戦前から平成7(1995)年まで刊行されていた日本銀行の年報です。外国為替相場に関する情報が掲載されています。
  • 『金融事項参考書』(大蔵省 年刊)
    戦前に刊行されていた大蔵省の年報です。外国為替相場に関する情報が掲載されています。
    (International Monetary Fund 年刊 【Z61-A112】)
    国際通貨基金(IMF)の金融統計資料です。年ごとの対米ドルの為替レートが掲載されています。2018年版をもって刊行を終了しました。国際通貨基金ホームページ内IMF Dataに統計がリストアップされています。

外国為替チャート

3つのリスクとコンプライアンス強化の提案

外国為替情報を担当者の手入力で対応している企業は数多くあります。
「毎日ルーチンで対応しており、何も問題ない」と経営者や管理職のほとんどはお考えかもしれません。
しかし、万が一にでも発生する可能性のある入力ミス、入力漏れが起こった際に必要な過誤訂正の作業負担の重さ、検証データとして必要な過去分のデータ収集の手間など、トラブル発生時のリスクまで理解、認識されている企業では、QUICKのデータ配信サービスをご活用頂くケースが増えております。

FX事業会社や海外の無料サイトで情報収集は十分、と言われるお客様もいらっしゃいます。しかし、突然のサイト閉鎖、誤データ配信、開示内容に関する問合せ先がない、という場合に、代替手段も無い、質問もできないような乏しい信頼性の情報源を利用していても、無料だからしようがない、他を探せばいいというものでしょうか? 外国為替チャート
企業収益を左右しかねない重要な外国為替情報は、多少の運用コストをかけてでも、高い信頼性と継続性のものを入手されるべきではないでしょうか。
コールセンター窓口や、過去データの取得まで可能なQUICKの提供であれば、万全の体制でお客様の業務に活用頂けます。

毎日取れているデータが、情報提供元の障害で取れなくなってしまった。復旧時間まで待たないといけない、翌日の早朝対応が必要になっていまう、当日の清算作業に支障が出るというリスクも決して見逃すことができません。
「QUICK APIs」を運用しているインフラシステムは、金融機関でも導入されているQUICKサービスの情報配信システムをバックボーンとしています。システムの冗長化、運用システムの24時間監視、迅速な障害復旧体制を完備し、お客様の日々のご利用を最大限サポートします。

「QUICK APIs」による
外国為替データ取得のメリット

「QUICK APIs」を利用し、月額4 万円から導入可能!

これら外国為替データ入手に関するあらゆる不安を簡単に解決するのが、QUICK が提供している「QUICK APIs」です。
「QUICK APIs」は、WebAPI によって簡単かつ安価にさまざまなデータが取得できるサービス。外国為替データでは、国内3 メガバンク約30 通貨ペア、外国銀行の対顧客レート(TTM/TTS/TTB*)190 通貨ペアの外国為替レートを入手することができます。
(*)TTS:電信売相場、TTB:電信買相場、TTM:電信仲値相場WebAPI での提供なのでワンアクセスで簡単にデータ取得ができ、正式契約からデータ取得開始まで数日で可能。当然のことながらヒストリカルデータ(過去データ)も用意しています。費用は、ご利用の通貨ペア数や月間取得頻度によって変わってきますが、おおよそ月額4 万円より導入することができます。

「QUICK 外国為替チャート APIs」の仕組み

為替ニュース

googleplay appstore

■店頭外国為替証拠金取引「LIGHT FX」及び店頭暗号資産証拠金取引「LIGHT FXコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■LIGHT FXにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■LIGHT 外国為替チャート FXコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、LIGHT FXコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■LIGHT FXにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

外国為替チャート


マイカーローン


教育ローン


かぎんローンF


リフォームローン


太陽光発電リフォームローン


かぎんWEBフリーローン


かぎんカードローンS(エス)


かぎんカードローン

そなえる


保険商品


確定拠出年金


相続関連業務


遺品整理


見守りサービス

サービス・セミナー

経営・事業支援

資金調達サポート

決済事務効率化(EBサポートサービス)

会社情報


頭取あいさつ


ブランドについて

IR情報

企業の社会的責任(CSR)/SDGsへの取り組み


公益財団法人かぎん文化財団のご案内


地域社会への貢献活動


地域行事への参加


環境への取り組み

貯める・増やす

_

外国為替相場一覧表

外国為替相場一覧表

ご利用上のご注意

  1. ここに掲載されたレートは、鹿児島銀行がこのレートでお客さまとお取り引きすることを確約するものではありません。
    お取り引きに際しては必ず鹿児島銀行の本支店の店頭でご確認いただきますようお願いいたします。
  2. 当方の運用上の制約から、掲載される情報には若干の時間差が生じます。
    時間帯によっては実際と異なるレートが掲載されている場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  3. 掲載されているレートは最終更新日時時点でのものであり、あくまで目安としてご利用ください。
    次の取扱開始時点のレートを予告するものではありませんのでご注意ください。
  4. 10万米ドル相当額以上のお取り引きの適用相場は、市場実勢相場を基準に別途決定いたします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる