口コミ

ラインの引き方と売買の仕方

ラインの引き方と売買の仕方
IPO コラム

Macで「プレビュー」を使用してPDFのテキストをハイライトする/アンダーラインを引く/取り消し線を引く

Macの「プレビュー」アプリケーション で、変更したいPDFを開きます。

すばやくテキストをハイライトする/アンダーラインを引く/取り消し線を引く: テキストを選択し、「ハイライト」ボタン の横にある下矢印をクリックして、ハイライト、アンダーライン、または取り消し線を選択します。

ハイライトモードを使用する: 「ハイライト」ボタン をクリックし(グレイに変わります)、「ハイライト」ボタンの横にある下矢印をクリックして、ハイライト色、アンダーライン、または取り消し線を選択します。これで、テキストを選択すると、選択したハイライトスタイルが自動的にテキストに適用されます。

PDF内のすべてのハイライトを表示する

Macの「プレビュー」アプリケーション で、変更したいPDFを開きます。

契約書を訂正する方法とは?訂正方法と注意点を解説

判例紹介

代表取締役の意思に反して行われた業務担当取締役の取引によって第三者に損害を与えた…

事実関係 A社は宝石類の輸出入・販売等を目的とする株式会社であり、Yはその代表取締役でした。 Yは業務担当取締役(専務)であるBから、Xよりダイヤモンド原石を購入する提案を受けましたが、Yが強硬に反対し、重役会議ではBの提案は通りませんでした。 ところが、Bは勝手にXとの間でダイヤモンド原石の売買契約を締結し、事情を知らない事務員に約束手形を振り出させ、Xに交付しました。 Xに交付した手形が不渡りになったため、XはYに対し、商法旧266条ノ3による損害賠償を求めました。 判旨 裁判所は、「代表取締役は、対外的に会社を代表し、体内的に業務全般の執行を担当する職務を有する機関であるから、善良な管理者の注意をもつて会社のため忠実のその職務を執行し、ひろく会社業務の全般に亘つて意を用いるべきものである。 されば、他の業務担当取締役や事務担当者のなす職務執行の監視を怠つたり、それらの者の不正行為ないし任務懈怠を看過するに至る場合には、自ら悪意又は重大な過失により任務を怠つたものと解せざるを得ない。 しかしながら、他の業務担当取締役から職務執行に関して提案ないし進言を受けた場合に反対である旨の意見 […]

  • ネクスパート法律事務所
  • 2019年7月22日
  • 判例紹介

コラム 契約書

契約書締結までの流れと確認事項を解説

企業間でのビジネスや個人間での取引において、日常的に契約書を目にすることがあると思いますが、どのような流れを経て契約書を締結しているのでしょうか? ここでは契約書締結までの流れと、契約書締結までに確認すべき事項を解説します。 契約書締結までの流れ 契約書締結までの流れは以下の通りです。 1.契約内容の確認 2.契約書(案)の作成 3.契約書(案)の修正 4.契約書の作成・取り交わし 契約内容の確認 契約書を作成する前に、契約書に記載する項目・合意事項(具体的な契約内容・金額・条件など)を当事者間で入念に確認します。 契約書(案)の作成 契約内容の確認後、当事者のどちらかが契約書(案)を作成します。当事者が保有している契約書のひな形などをベースとして、契約内容に沿ったものに変更しても良いでしょう。 契約書(案)の修正 作成した契約書(案)を当事者間で確認し、必要に応じて加筆・修正します。契約締結後に契約書の修正がある場合、当事者間の合意により契約書を直接修正、場合によっては変更契約書の取り交わしも必要となるため、記載事項に誤りが無い […]

    ラインの引き方と売買の仕方
  • ネクスパート法律事務所
  • 2021年4月23日
  • コラム 契約書

コラム 会社設立

会社を設立する時の資本金について

会社を設立する際に、資本金の金額をいくらにするのか考えることがあります。 この記事では、資本金の意味や金額の決め方、使用や増資に関する知識をご説明します。会社を設立する際の参考にしていただければ幸いです。 ラインの引き方と売買の仕方 会社設立における資本金とは 資本金とは、会社を運営するための元手・運転資金のうち、返済する必要のないお金のことをいいます。 会社設立のため集めた資金・スタート時のお金 株式会社においては、会社が発行した株式と交換に払い込まれたお金です。合同会社においては、発起人が出資したお金のことを資本金といいます。 株式会社でも、創業当初から広く株主を集めることは難しいため、最初は創業者がすべての株を引き受け、自己資金で設立することがほとんどです。 会社の体力・規模を示す 資本金は1円からでも設立できることになりましたが、会社を設立登記するためにも費用がかかります(株式会社であれば25万円程度)。 事業所を借りる場合には賃貸借契約に必要な初期費用や、広告宣伝費等も必要でしょう。 資本金は会社を運営する […]

  • ネクスパート法律事務所
  • 2021年4月27日
  • コラム 会社設立

IPO コラム

IPOに絶対不可欠な3つの「監査」を解説!

会社に関する「監査」には、以下の3つがあります。 企業内による「内部監査」 監査法人などの第三者による「外部監査」 監査役による「監査役監査」 IPOのためには、監査の効率化と品質向上を行い、コーポレートガバナンスを充実させる必要があります。 ここでは、それぞれの「監査」について説明します。 IPO監査~①内部監査 内部監査は法令上定められていません。 しかし、IPOにおいて内部監査部門を設置し、実質的な内部監査を行うことは必須要件となっています。 ここでは、内部監査について説明します。 内部監査とは 一般社団法人日本内部監査協会の内部監査基準において、内部監査の本質について以下のように定めています。 内部監査とは、組織体の経営目標の効果的な達成に役立つことを目的として、合法性と合理性の観点から公正かつ独立の立場で、ガバナンス・プロセス、リスク・マネジメントおよびコントロールに関連する経営諸活動の遂行状況を、内部監査人としての規律遵守の態度をもって評価し、これに基づいて客観的意見を述べ、助言・勧告を行うアシュアランス業務、および特定の経営諸活動の支援を行うア […]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる