仮想通貨で儲ける方法は

ブロックチェーンが社会を変える

ブロックチェーンが社会を変える
出典:国土交通省 不動産IDのルール検討の前提について
https://www.mlit.go.jp/common/001425358.pdf

CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報

アイトス 裏メッシュブルゾン ホワイト Lサイズ

04/15 06:15

アイトス 裏メッシュブルゾン ホワイト Lサイズ

04/15 11:51

04/12 12:37

04/11 12:18

04/08 12:29

納期:注文受付後3~6営業日後の出荷(取り寄せもしくはメーカー直送品)

アイトス 裏メッシュブルゾン ホワイト Lサイズ

■サイズ・色違い


■商品内容
アイトス 裏メッシュブルゾン ホワイト Lサイズ


■商品スペック
胸・背中にプリント・刺繍可能な裏メッシュ付きブルゾン。
●ブルゾン
●色:ホワイト
●素材:ポリエステルタフタ
●サイズ:L(着丈67×肩幅56×袖丈60×胸囲126cm)
●名入れについては販売店にお問い合わせください

10分でスマホ充電満タン完了な時代がやってくる。日本発の植物由来のサスティナブルなバッテリー

翁 詠傑(おきな・いんけつ)
PJP Eye株式会社取締役。
世界をより良くする事に貢献できる人間になるために米国に留学。南カリフォルニア大学のマーシャル・ビジネススクールを卒業。 卒業後、Tokyo Expressで日中米国間の国際貿易をシステムを活用して自動売買を習得。その後、株などの金融の自動売買などの会社を設立。ITを活用した商品の国際間売買やAI、ブロックチェーン、IoTなどの先端技術を用いてビジネスを国際的に構築する。
​バッテリーの先端技術を活用して、世界中の人々に電気を届けて、持続可能な世界を作るビジョンに共感。PJP Eye株式会社のCIO(Chief Intelligence Officer)として、取締役に就任。

関連記事を読む

(text: HERO X 編集部)

RECOMMEND あなたへのおすすめ

CONVERSATION 2020.01.17

CONVERSATION 2018.03.06

ブロックチェーンが社会を変える CONVERSATION 2018.ブロックチェーンが社会を変える 03.08

CONVERSATION 2020.09.04

CONVERSATION 2018.04.03

“支える”ではなく“揺らす”!?佐野教授が辿り着いた世界初の歩行支援理論とは【the innovator】中編

岸 由利子 | Yuriko Kishi

ACSIVE(アクシブ)とaLQ(アルク)のすみ分けとは

佐野:ACSIVE(アクシブ)とaLQ(アルク)は、いずれも、振り子とバネの力だけで、歩く力をアシストする無動力歩行支援機ですが、少しすみ分けをしています。製造背景についてお話すると、ACSIVE(アクシブ)が、義足や電動車いすなどの福祉用具の開発を手がける今仙技術研究所であるのに対し、aLQ(アルク)は、その親会社であり、自動車部品の製造を専門とする独立系メーカーの株式会社今仙電気製作所で行われています。

また、ACSIVE(アクシブ)は、脳卒中などで体の片側にまひが残る方、足の振り出しが困難な方など、基本的には、歩行に障害のある方をアシストするためのもの。対して、aLQ(アルク)は、ACSIVE(アクシブ)をさらに軽量化し、健康な方にも、より健康を目指す方にも、手軽に使えるように開発したものです。毎日のウォーキング、レジャーや旅行など、歩くことを楽しみたい方や、生活範囲を広げたい方の歩行をアシストするためのものです。 装着感も、ACSIVE(アクシブ)は膝下にしっかりと、 aLQ(アルク)は膝上に軽やかに留めるという違いを出しています。

杉原:ユーザーの方からはどんな反響がありますか?

佐野:ご高齢の方がaLQ(アルク)を使うと、「10年くらい前に戻った気がする」とおっしゃるケースもあります。その頃の歩き方を明確に覚えているわけではありませんが、「機械に作られた動きではなく、自然な感じで歩きやすくなった」という声を多くいただきます。

杉原:階段の昇り降りも、アシストできるのですか?

佐野:バネの力が継続してかかるようになっているので、下支えで脚をシュッと上げてくれます。手すりを引き上げないと上がらなかった脚が、わりとトントン上がるようになったという方もいますね。カーボンのフレームを、 太ももから膝下まで沿わせてあるので、 階段を下る時に起きる膝のふらつきは抑えられます。ただ、あくまで歩く力をアシストするためのものなので、膝や足首にかかる負担を直接的に軽減することはできないのですが、「膝の痛みが減った」と言われる方も中にはいらっしゃいます。

手軽なaLQ(アルク)に、予想外の反響!?

佐野:ACSIVE(アクシブ)の場合は、歩行に障害のある方が同伴者と来られるケースがほとんどです。普段の歩き方や病状など、時間をかけてお聞きした上で、試着を行っていきます。良ければ、購入されるという流れなのですが、 aLQ(アルク)の方が価格的にも手頃ということもあって、購入される方の感覚が、ACSIVE(アクシブ)とはまた少し違うんですね。 ふと立ち寄られた店で試着された方がそのまま付けて 帰られたり、二台目を買うために 再度問い合わされた方 もいます。旦那さんなのか、親御さんなのか、どなたのためのものなのか分からないのですが、二台目を購入するケースは初めてだったので驚きました。

杉原:(スマートフォンを触りながら)対談中にすみません。今、僕aLQ(アルク)を買っちゃいました(笑)。先日、退院したばかりの叔父に贈りました。

佐野:ありがとうございます(笑)。

杉原:aLQ(アルク)をつけたまま、走れますか?

佐野:走っても、違和感はありませんが、走りをアシストするためには、また別の創意工夫が必要になってくるかと思います。少し関連することを言いますと、 リオパラリンピックの100×4mリレーで 銅メダルを獲得した陸上競技の ある障がい者アスリートの方が、ACSIVE(アクシブ)を 使ってくださっていました。走る前に、足さばきのイメージトレーニングとして使われていたようです。

佐野明人(さの・あきひと)
国立大学法人 名古屋工業大学
大学院工学研究科 電気・機械工学専攻 教授
1963年岐阜県生まれ。1987年岐阜大学大学院工学研究科修士課程修了。1992年博士(工学)(名古屋大学)。2002年スタンフォード大学客員研究員。受動歩行・走行、歩行支援、触覚・触感などの研究に従事。2009年「世界で最も長く歩いた受動歩行ロボット」でギネス世界記録認定。2014年9月、世界初の無動力歩行支援機『ACSIVE(アクシブ)』を実用化。2017年6月、ACSIVE(アクシブ)をベースに、健康づくりのために、誰もが手軽に使える無動力歩行アシストをコンセプトに開発した『aLQ(アルク)』を発表。2010・2011年度日本ロボット学会理事、2015・2016年度計測自動制御学会理事。日本機械学会フェロー、日本ロボット学会フェロー。

不動産IDとは? 整備される背景やメリット・今後の予定。LIFULL HOME'S PRESSは、住宅の最新トレンドや専門家による正しい住宅情報を発信していきます【LIFULL ブロックチェーンが社会を変える HOME'S PRESS/ライフルホームズプレス】

不動産IDとは? 整備される背景やメリット・今後の予定 ブロックチェーンが社会を変える

不動産IDとは

国土交通省は不動産IDに係るルール整備について検討している

国土交通省は不動産IDに係るルール整備について検討している

国土交通省は不動産IDに係るルール整備について検討している

出典:国土交通省 不動産IDのルール整備について
https://www.mlit.go.jp/common/001425355.pdf

不動産IDが検討されている背景

出典:国土交通省 不動産IDのルール検討の前提について
https://www.mlit.go.jp/common/001425358.pdf

これまでの動き

産官学の不動産分野の関係者により「不動産IDルール検討会」が開催されている

産官学の不動産分野の関係者により「不動産IDルール検討会」が開催されている

第1回の不動産 IDルール検討会の議事概要
https://www.mlit.go.jp/common/001428563.pdf
を見ると、「不動産IDに係る方針については基本的に賛成」となっており、方向性としては概ね賛同を得ている状況にある。既にID化された後の前向きな検討事項が議論されており、不動産IDが整備される実現性は高いといえる。

不動産IDが整備化されるメリット

不動産IDの導入により、不動産業界全体の生産性向上や市場の活性化及び透明化などが期待される

不動産IDの導入により、不動産業界全体の生産性向上や市場の活性化及び透明化などが期待される

不動産IDの整備にはさまざまなメリットが期待されている。
まず、不動産会社は直接的に恩恵を受けるものと思われる。
不動産IDによって情報が紐付けされれば、各社が仲介等で行っている情報の収集や名寄せにかかる労力を大幅に削減できる。意外に思うかもしれないが、不動産会社は対象物件の場所を特定するだけでも時間を要しているときがある。

不動産IDの導入により、不動産業界全体の生産性向上や市場の活性化及び透明化などが期待される

出典:国土交通省 不動産IDの活用方法及びメリット
https://www.mlit.go.jp/common/001431117.pdf

不動産IDの整備化に向けた課題

今後の予定

不動産ID整備の運用ルール等のガイドラインが公表される予定だ。またガイドラインが公表された際は本サイトでも詳細をご紹介したい

不動産ID整備の運用ルール等のガイドラインが公表される予定だ。またガイドラインが公表された際は本サイトでも詳細をご紹介したい

2022年 01月17日 11時00分

竹内 英二

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社LIFULLは一切の責任を負いません。

LIFULL HOME'Sで探す

「竹内 ブロックチェーンが社会を変える 英二」のオススメ記事

「買う」のオススメ記事

人気記事キーワード

住まいのトレンドニュース 「買う」 人気記事ランキング

05月29日( 日 )にアクセスが多かった記事はこちら

LIFULL HOME'Sで
探す

編集部通信

本サイトについて

LIFULL HOME'S PRESSからのおすすめ記事や住まいに関するお役立ち情報などをお届け!

不動産IDとは? 整備される背景やメリット・今後の予定。LIFULL HOME'S PRESSは住まいの情報(オピニオン、トレンド、知識、ノウハウなど)を掲載。住まいに関するさまざまな情報から、一人ひとりが楽しみながら住まいをプランし、自信の持てる住まい選びができるよう応援します。【LIFULL HOME'S PRESS/ライフルホームズプレス】

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる