暗号資産オプション取引の基本

加重移動平均線について

加重移動平均線について
移動平均線は、相場の上昇・下降・停滞などのトレンドを判断するテクニカル指標ですが、売買シグナルから一時的に逆方向へ行く 「ダマシ」が出やすい弱点もあります。

FX で勝つための 加重移動平均線について 移動平均線 活用法

一般的にローソク足を用いて価格変動を確認しますが、ローソク足だけでは、特に初心者の場合、細かい上げ下げを繰り返す価格変動からトレンドを見抜くのは難しいものです。
今、相場は「上昇トレンド」なのか、それとも「下降トレンド」か、あるいはトレンドが出ていないのか。相場に出現するトレンドをしっかりと見抜くことが、相場で利益を出すための重要なポイントなのです。
では、「初心者でも価格変動からトレンドを上手に見抜くためにはどうすれば良いのか?」という疑問を感じると思いますが、そこで役立つのが、 移動平均線 なのです。

移動平均線 を使うメリットとは?

【1】 価格変動をなめらかにする
【2】 ある期間に売買した人がどれくらい稼いだのか、損をしたのか分かる

移動平均線 でのエントリーポイント

移動平均線 は、テクニカル分析の中でも「エントリーポイント」が比較的発見しやすいという特徴があります。 加重移動平均線について
移動平均線 を使ったエントリーポイントとは、 移動平均線 と価格が交差した局面であり、その時、買いのエントリーポイント(買い場)を“ゴールデンクロス”、売りのエントリーポイント(売り場)を“デッドクロス”といいます。

どのように 移動平均線 と価格が交差すると、ゴールデンクロスなのか、あるいはデッドクロスなのか。
そして、なぜそれが買い場なのか、売り場なのか、というとこまで理解することが、 移動平均線 でエントリーポイントを探すうえで重要となります。 加重移動平均線について
それでは、「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

ゴールデンクロス

ゴールデンクロスは、価格が 移動平均線 を上抜いた時、または、短期 移動平均線 (5日や10日)が長期 移動平均線 (20日、25日、50日、100日、200日など)を下から上抜いた時です。


なぜ、ゴールデンクロスは買いエントリーのポイントなのか

デッドクロス

デッドクロスは、価格が 移動平均線 を下抜いた時、または、短期 移動平均線 加重移動平均線について が長期 移動平均線 を上から下抜いた時です。


なぜ、デッドクロスは売りエントリーのポイントなのか

移動平均線 を活用した具体的なトレード戦略

移動平均線 を活用することで、「ゴールデンクロス」「デッドクロス」から買い場、売り場を見抜きやすくなることを解説しました。
しかし、ゴールデンクロスとデッドクロスは必ずしも正しいエントリーポイントを示すわけではなく、しばしば“ダマシ”と言われる誤ったエントリーポイントを示す場合があります。

さらに、 移動平均線 を使ったエントリーポイントの見抜き方は、 移動平均線 を2本使ってゴールデンクロスとデッドクロスを探す方法だけではありません。
移動平均線 を3本使った『 移動平均線 大循環分析』という、究極の 移動平均線 分析法があります。何だかとても難しそうな手法に感じるかもしれませんが、キーポイントをしっかりと押さえれば使いこなせるようになります。
そして、そのキーポイントをあなたに分かりやすく伝えてくれるのは、投資の学校の専属講師を務める小次郎講師です。

勝てる投資家を育成する達人



移動平均線 の3本使い「 加重移動平均線について 移動平均線 大循環分析」


移動平均線 大循環分析は、短期、中期、長期の3本の 移動平均線 を使って、「買い」が確率的に有利な局面、「売り」が確率的に有利な局面、つまりエッジ(優位性)のある局面を簡単に見抜くことができるテクニカル指標のことです。
短期、中期、長期、それぞれの 移動平均線 のパラメーターですが、小次郎講師は基本値として、

・短期=5日 移動平均線
・中期=20日 移動平均線
・長期=40日 移動平均線

としています。
このパラメーターの値は、大循環分析によって見つけたエッジのある局面と、実際の値動きのズレを観察して、 加重移動平均線について 移動平均線 の日数を短くしたり長くしたりして、エッジが発生するタイミングを自分で調整していきます。

移動平均線 大循環分析の一番の特徴は、大相場を逃さずに利益を狙うことができる点です。
投資では、100%勝てる方法は無く、勝ったり負けたりを繰り返しながら、トータルで利益を上げることが大切です。そのために重要なことは、損失を最小限に抑えることと、大きなトレンドが出た時に、利益をしっかりと取ることです。

そんな 移動平均線 大循環分析で肝となるのが、3本の 移動平均線 (短期、中期、長期)の並び順です。3本の 移動平均線 の並び順は、次の6通りあります。

※上から並べた時の順番です。

①短期→中期→長期
②中期→短期→長期 加重移動平均線について
③中期→長期→短期
④長期→中期→短期
⑤長期→短期→中期
⑥短期→長期→中期

移動平均線 大循環分析の6つのステージ

移動平均線 大循環分析のキーポイントである、①~⑥の 移動平均線 の並び順には、次の図の様な法則があります。

価格変動によって、3本の 移動平均線 の並び順は変化していきますが、基本的に(7割くらいの確率で)上図の矢印の方向(正順)で循環していきます。
残り3割の確率は、逆方向(逆順)に動くことがありますが、それは一時的なものであり、最終的には正順に戻ります。また、ステージ変化の推移は、正順でも逆順でも必ず一段階ずつ変化していきます。 加重移動平均線について
つまり、①~⑥の各ステージの 移動平均線 の並び順をすべて理解することで、次の展開を先読みできるようになります。

この6つのステージの中で、特に注意が必要なのが、ステージ①ステージ④です。それぞれ確認してみると、ステージ①は上から「短期→中期→長期」の並び順です。
ステージ①のとき、3本の線がすべて右肩上がりに推移しているとき、 買いのチャンスとなります。
また、ステージ④は上から「長期→中期→短期」の並び順であり、3本の線がすべて右肩下がりに推移しているとき、 売りのチャンスとなります。 加重移動平均線について
なぜ、ステージ①が買いのチャンスで、ステージ④が売りのチャンスなのか。

上図から分かるように、パラメーターが短い 移動平均線 の方が動きが速いため、上昇トレンドが発生すると、ステージ①の並び順へと推移していきます。そのため、ステージ①が買いのチャンスのある局面となります。

また、こちらの図のように下降トレンドが発生するときは、短い 移動平均線 から速く下降していくため、ステージ④の並び順になります。そのため、ステージ④の局面が売りのチャンスとなるのです。
それ以外の4つのステージでは、上昇トレンドから下降トレンド、または下降トレンドから上昇トレンドへの転換する局面、あるいはもみ合いの局面にあたります。
では、それぞれのステージで一体どのような戦略を持ってトレードをすれば良いのか、または気を付けないといけないのか。そんな疑問を感じる人が多いかもしれませんが、小次郎講師は各ステージごとに適したトレード戦略を導き出しました。


早仕掛けと試し玉のタイミング

大循環分析における早仕掛けのポイント

●ステージ5、6のとき3本の 移動平均線 すべてが右肩上がりのとき
●ステージ1のとき短期線と中期線は上昇、かつ長期線が横ばいのとき
●ステージ6で短期線と中期線が上昇、かつ長期線が横ばいのとき

大循環分析における試し玉のポイント

●ステージ5で短期線と中期線が上昇、かつ長期線が横ばいのとき
●ステージ6、1のとき短期線が上昇、中期線が横ばい、長期線が下降しているとき

手仕舞いのポイント

まず、買いポジションにおける基本的な手仕舞いのポイントは、ステージ①から正順でステージ②に変化するとき、あるいは逆順でステージ⑥に戻るかのどちらかになったときです。
しかし、ステージ①で3本すべての 移動平均線 が上昇し、間隔が大きく開いた後に価格が下がり始めると、短期線が最も早く変化します。
そのため、短期線が中期線とクロスしてステージ②へ移行する可能性が高いため、買いポジションの手仕舞いとしては、ステージ①からステージ②へ移行したタイミングが簡単に判断できる手仕舞いポイントです。

加重移動平均線について


移動平均線 の豆知識

最後に、 移動平均線 に関する豆知識を紹介します。 加重移動平均線について

移動平均線 の公式

ここまで 移動平均線 を使ったエントリーや決済のタイミングを見極めるための活用法を紹介してきましたが、投資の学校の専属講師である小次郎講師は、「本当に“勝てる投資”をしたいのなら、計算式を理解しなければならない。理解できなければ、テクニカル分析は使いこなせない。」といいます。
テクニカル分析の計算式は、複雑そうに考える人もいるようですが、実は簡単に理解できる計算式ですので、ここでしっかりと覚えてください。
移動平均線 の計算式は、

n日 移動平均線 =(本日の終値+昨日の終値+一昨日の終値+…+(n-1)日前の終値)÷n日

分かりやすいように、5日 移動平均線 を例にしてみます。

5日 移動平均線 =(基準日の終値+前日の終値+2日前の終値+3日前の終値+4日前の終値)÷5日

移動平均線 の種類

先程紹介した 移動平均線 の計算式は、単純 移動平均線 という最もシンプルかつ基本となるものです。それ以外にも 加重移動平均線について 加重移動平均線について 移動平均線 の種類がありますので、紹介していきます。

●加重 移動平均線
直近の価格ほど、より重視したものであり、下記計算式のように平均する期間の初日を1とすると、2本目は2倍、3本目は3倍…というように、最後はn倍の加重をかけて平均しています。

●指数平滑 移動平均線
直近の価格をより重視し、一定期間内の平均値でなく、保有データの数値をすべて計算します。特徴としては、単純 移動平均線 に比べると直近の値の影響が大きく敏感に反応しますが、加重 移動平均線 よりは反応は遅い感じになります。

今回は数あるテクニカル指標の中でも、人気のある「 移動平均線 」について解説しました。トレンドを見抜くために、 移動平均線 加重移動平均線について は有効なテクニカル指標でありますが、100%確実に見抜くことが出来るわけではありません。
あくまで、参考に活用できるツールであることを理解し、実践のトレードで活用してみてください。

僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、
大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

【超基本!】FX移動平均線の種類・手法、簡単な組み合わせ術も大公開

FXの移動平均線とは

分析方法

FX初心者

テクニカル指標にはさまざまな種類がありますが、中でも最も一般的な分析方法がこの移動平均線

移動平均線とは、ある一定期間の平均価格を線でつないで結んだもので、トレンドの方向などを見るために利用します。

ボリンジャーバンドやMACDなど他のテクニカル指標にも応用されているため、最初に覚えておくとチャート分析がグンと楽になりますよ。

FX投資家

以下、移動平均線の種類・手法・初心者向け組み合わせ術についても一緒に確認していきましょう!

移動平均線とは?FXでの見方は?

テクニカル指標は、値動きの方向性を判断するトレンド系、買われ過ぎ or 売られ過ぎを判断するオシレーター系の2つに分けられますが、移動平均線はトレンド系テクニカル指標の代表格で、相場のトレンドが把握しやすくなります。

移動平均線の使い方

ローソク足が移動平均線より上の場合、平均値より高いので買いの方が優勢であることがわかります。買いの力が強ければ強いほど、移動平均線の上昇角度も急になります。

逆にローソク足が移動平均線より下の場合は、平均値より低いので売り優勢です。このときも移動平均線の角度が急なほど売りの力が強いことが分かります。

さらに、現在のレートが移動平均線からどのくらい離れているかを見る方法もあります。

FX初心者

FX移動平均線 3つの手法・使い方

手法1. ゴールデンクロス・デッドクロス

ゴールデンクロスとデッドクロス

対象期間が長いほど動きが緩やかになり、反対に期間が短いほど急になります。

FXトレーダー

短期移動平均線が長期移動平均線を、下から上へ交差することをゴールデンクロスといいます。長期的な平均値よりも短期的な平均値の方が高いため、上昇トレンドへの転換サインとなります。

反対に、短期移動平均線が長期移動平均線を、上から下へ交差することをデッドクロスといいます。長期的な平均値よりも短期的な平均値の方が低いため、下降トレンドへの転換サインとなります。

手法2. グランビルの法則

移動平均線を使った分析方法では、グランビルの法則も有名です。主に、以下のパターンで利用できます。

トレンドの継続や転換を狙う

まずは、トレンドの継続を狙う手法。為替レートが移動平均線に近づいた後、反転したタイミングで押し目買い戻り売りをします。

  • 押し目買い…上昇トレンドが続いているときに、レートが移動平均線の近くまで下がった後、反転して上昇することを狙って買うこと。
  • 戻り売り…下降トレンドが続いているときに、レートが移動平均線の近くまで上がった後、反転して下降することを狙って売ること。

次に、移動平均線に対する上抜け or 下抜けを見て、トレンドの転換を狙う手法。

移動平均線に戻るタイミングを狙う

また、移動平均線に戻るタイミングを狙う手法もあります。

手法3. サポートライン・レジスタンスライン

サポートライン(支持線)

レジスタンスライン(抵抗線)

FX移動平均線のデメリット・欠点

移動平均線は大きなトレンドが出ている相場(トレンド相場)には強いのですが、反対にもみ合いが続いている相場(レンジ相場)に弱いという欠点があります。

レンジ相場では平均値の近くでレートが行ったり来たりしているため、タイムラグの影響を受けやすく、本来は買いどきの場面でも売りサインが出てしまうこともあるのです!

このようにシグナルがズレれてしまうことをダマシというのですが、移動平均線を使うときは要注意です。

FX移動平均線 4つの種類

単に移動平均線といっても、実はいくつか種類があります。今回は単純移動平均線を前提に解説していますが、念のためサラッと紹介しておきます。

種類1. 単純移動平均線(SMA)

最も基本的なもので、一般的には単に「移動平均線」という場合、この単純移動平均線のことを意味します。

ボリンジャーバンドとは、統計学の標準偏差と正規分布に基づいて価格が変動する範囲を予測するテクニカル指標です。 エフ男 加重移動平均線について 小難しい言葉並べてインテリぶってないで、もうちょい簡単に教えてちょ …失礼しました。「偏.

FXの移動平均線(SMA・EMA・WMA)の違い&エクセルでの計算式・計算方法・関数について解説!

FXでよく使われる移動平均線(Moving Average)は3種類!それぞれの特徴・MT4の設定方法

単純移動平均線(Simple Moving Average = SMA)

「移動平均線 = SMA」と言ってもほぼ差し支えがないくらいよく使われていますが、 古いデータも含めて全て平等の扱いになる為、直近の値動きに対して反応が鈍いことが欠点 だと言われています。そして、その欠点を補う為にEMAやWMAが開発されて使われています。

MT4のインジケーター「Moving Average」をチャートに挿入する際(もしくは設定の修正をする際)、下記の通り「移動平均の種別」を「 simple 」にするとSMAがチャートに反映されます。

SMA MT4設定方法

指数移動平均線(Exponential Moving Average = EMA)

直近のローソク足の終値を2倍にして平均値を出すことで、最新の値動きを重視しているのがEMA です。SMAの次にトレーダーに使われていますが、線の傾きが早く変わるのでトレンド転換のサインを早く認知できるというメリットと、 その反面騙しに引っかかりやすいというデメリット があります。

MT4のインジケーター「Moving Average」をチャートに挿入する際、下記の通り「移動平均の種別」を「 Exponential 」にするとEMAがチャートに反映されます。

EMA MT4設定方法

加重移動平均線(Weighted Moving Average = WMA)

直近のローソク足だけ重視するEMAとは異なり、 データが新しいものほど比重が徐々に大きくなるようになっているのがWMA です。EMAと同様、トレンド転換のサインを早く認知できるメリット・騙しに引っかかりやすいデメリットがありますが、WMAをトレードで使っているトレーダーは日本では今のところまだそんなに多くないのではないかと思います。

MT4のインジケーター「Moving Average」をチャートに挿入する際、下記の通り「移動平均の種別」を「 Liner Weighted 」にするとWMAがチャートに反映されます。

WMA MT4設定方法

移動平均線(SMA・EMA・WMA)の計算式の違いをエクセルで解説

踊るネコ

それでは、SMA・WMA・EMAの具体的な計算方法についてエクセルを使って簡単に解説していきます。以下の表に適当に終値の数値を入れましたが、 SMA・WMA・EMAの5日線の値がこの場合いくつになるか を記載していています。
※6月10日-13日の最初4日間は5日線の算出ができないので空白にしています。

終値SMAEMAWMA
6月10日500
6月11日400
6月12日500
6月13日600
6月14日500500500513
6月15日10,0002,4003,6673,680
6月16日5,0003,3203,6004,547
6月17日1,0003,4203,0173,773
6月18日503,3102,7672,650

単純移動平均線(SMA)の計算方法・関数

「6月14日」のSMA =(500 + 400 + 500 + 600 + 500) ÷ 5 = 500

一番左上のセルをA1 とした場合、以下のような関数になります。下方向にコピペするだけで翌日以降のSMAも算出されます。
※下記は5日線の場合の関数です。目的に応じて修正してご利用ください。

=SUM(B2:B6)/5 もしくは =AVERAGE(B2:B6)

指数移動平均線(EMA)の計算方法・関数

「6月14日」のEMA =(500 + 400 + 500 + 600 + 500 + 500 ) ÷ (5 + 1 ) = 500

一番左上のセルをA1 とした場合、以下のような関数になります。下方向にコピペするだけで翌日以降のSMAも算出されます。
※下記は5日線の場合の関数です。目的に応じて修正してご利用ください。

加重移動平均線(WMA)の計算方法・関数

「6月14日」のWMA =(500 × 1 + 400 × 2 + 500 × 3 + 600 × 4 + 500 × 5 ) ÷ ( 1 加重移動平均線について + 2 + 3 +4 +5 ) = 513

一番左上のセルをA1 とした場合、以下のような関数になります。下方向にコピペするだけで翌日以降のSMAも算出されます。
※下記は5日線の場合の関数です。目的に応じて修正してご利用ください。

EMAとWMAは最新データの比重が大きく、反応速度が速い!

6月14日の時点では終値に大きな変化がない為、どれも殆ど同じ数値ですが、6 月15日に急騰した時にEMAとWMAがそれに反応してSMAよりも大分数値が大きくなっている のがわかるかと思います。

SMAはスイングトレード向きで、EMA・WMAはデイトレ・スキャルピング向き?

ただ、検証して再現性が確認できているのであれば 別にどれを使っても問題ないと思います。 加重移動平均線について ちなみに私はSMA派ですが、EMAやWMAと比較して絞ったというわけではなく、SMAでずっと検証してきたからそのまま使い続けているだけで、特に深い意味があるわけでもないです。

現在GEMFOREXでは 新規口座開設2万円ボーナス&上限200万円の入金100%ボーナス キャンペーン を開催中!

5月から4ヵ月ぶりに初回2万円ボーナス復活&入金100%ボーナスは引き続き週1回開催ですね。5月は第5週目に当たる月末に5回目の100%ボーナスを予想に反してやってきましたねw 尚、今回からボーナス上限が 500万円⇒200万円 加重移動平均線について に下がってますのでご注意ください。

移動平均線とグランビルの法則【ざっくり解説】

ざっくりテクニカル分析

移動平均線

移動平均線(Moving Average)とは

①単純移動平均線(SMAまたはMA)Simple Moving Average

単純移動平均線 とは、 ある一定期間における複数の終値の平均値を単純に出し、それを線で結んだもの です。平均値は毎回計算されるためその平均値が時間とともに移動していくことから「移動平均」を呼ばれます。

  • 市場の大まかな流れを把握することができる
  • WMAやEMAに比べて「だまし」が少ない
  • 常にタイムラグが発生し、市場の急速な変化に対応できない
  • チャートが示すトレンドのシグナルの発見が遅くなる

②加重移動平均線(WMA)Weighted Moving Average

加重移動平均線 とは、 単純移動平均線の一定の期間において直近に近いほど平均値が大きくなるようにした線 です。直近の値になればなるほど加重をかけていますので、現在の値に、より敏感に反応するようになります。

  • 単純移動平均線に比べてタイムラグが少ない
  • チャートが示すトレンドのシグナルの発見が単純移動平均線より早くなる
  • 市場の大まかな流れを把握できない
  • 「だまし」が多くなる

③指数平滑移動平均線(EMA)Exponential Moving Average

指数平滑移動平均線 は、加重移動平均線よりさらに直近の値に敏感になるように、 期間に近づけば近づくほど加重していくのではなく、直近の値のみを加重させます 。加重移動平均線よりさらに現在の値に敏感に反応するようになります。

  • タイムラグが最も少ない
  • チャートが示すトレンドのシグナルの発見が最も早い
  • 短期トレード向け
  • 一番、市場の大まかな流れを把握できない
  • 一番「だまし」が多くなる
  • もっとも敏感であるが故、チャートが大きく乱高下しているときや、横ばいでほとんど動かないときは、ちょっとした価格の変化で大きく動いてしまう

移動平均線の「期間」について

期間について

移動平均線の期間についてよく使われるのが、 「5日」、「25日」、「75日」 ですが、これは「日足チャート」を見た際の移動平均線であることに注意が必要です。

すなわち、例えば「75」という期間は「ローソク足75本」という意味なので、日足チャート(ローソク足1本が1日分)で「 75(本) 」であれば、それはそのまま「 75日移動平均線 」となりますが、

「4時間足チャート」であれば、ローソク足1本は4時間分ですので、「 75 」という期間は「75(本)×4(時間)=300時間= 12.5日移動平均線 」となります。

逆に4時間足チャートで「75日移動平均線」を表現したいのであれば、「75日×24(時間)=1800時間」「1800(時間)÷4(時間)= 450(本) 」となります。

ちなみに、「5日」、「25日」、「75日」という期間がメジャーなのは、1960年代にグランビルがグランビルの法則を発表した当時、株式相場は1週間にだいたい 5営業日 、1ヶ月はだいたい 25営業日 、3ヶ月はだいたい 75営業日 だったからです。しかし、現在は株式市場や他の市場はもっと営業していますから、例えば、「5日」、「20日」、「60日」のように修正した方が正確かもしれませんね。その意味で、休日を除いた為替市場の年間営業日がだいたい200日程度であることから「 200日移動平均線 」もよく使われます。

期間の組み合わせについて

短期期間 「5」「10」「15」「20」「21」「25
中期期間 「40」「50」「60」「75
長期期間 「100」「200

なお、週足レベルであれば、「 13週 加重移動平均線について 」「 26週 」「 52週 」、月足レベルであれば「 12ヵ月 」「 24ヵ月 」「 60ヵ月 」「 120ヵ月 」も一般的です。

移動平均線の使い方

移動平均線から分かること

【移動平均線の位置】

・チャートより上 上昇トレンド(その期間の平均より株が買われている)
・チャートより下 下降トレンド(その期間の平均より株が売られている)

【移動平均線の向き】

・移動平均線が上向いている トレンドの方向性は上昇方向
・移動平均線が横ばい トレンドの方向性はレンジ
・移動平均線が下向いている 加重移動平均線について トレンドの方向性は下降方向

【移動平均線の角度】

・移動平均線の角度が急 トレンドの力が強い(急激に売られ買われている)
・移動平均線の角度が緩やか トレンドの力が弱い(売りと買いの攻防が拮抗している)

※期間が長ければ長いほど上記の示すものも強くなる(信頼性が増す)
※期間が長ければ長いほどチャートが移動平均線を頻繁に下回ったり上回ったりしないので、例えば、 25日移動平均線 や 75日移動平均線 をチャートが下回った場合は売りの期間が長引くことに警戒しなければならない

移動平均線

移動平均線

移動平均線の弱点

移動平均線は、相場の上昇・下降・停滞などのトレンドを判断するテクニカル指標ですが、売買シグナルから一時的に逆方向へ行く 「ダマシ」が出やすい弱点もあります。

移動平均線の弱点を補う方法

    加重移動平均線について
  • 移動平均線を、異なる期間で複数表示する
  • MACDなどのオシレーター系インジケーターを追加で表示する

複数の移動平均線を組み合わせた例

複数の移動平均線

移動平均線の設定

移動平均線をチャートへ表示する際は、最低限下記 2箇所の設定 をします。

移動平均線パラメーター

  1. 期間: 希望の数値を入力
  2. 移動平均の種別: プルダウンから選択

移動平均線の「期間」

移動平均線の期間とは?

移動平均線の期間(数値)は、ローソク足の本数を意味しています。 「移動平均線の期間=ローソク足の本数」 で計算されるので、チャートの時間足により期間が異なります。

  • 月足=20ヶ月分
  • 週足=20週分
  • 日足=20日分
  • 4時間足=80時間分
  • 1時間足=20時間分
  • 15分足=5時間分
  • 1分足=20分分

移動平均線の期間の数値について

加重移動平均線について
時間足 移動平均線の期間
15分足 4、8、12、16、20、24、48、64、96など
1時間足 4、8、12、24、36、48、72、96、120など
日足 5日、10日、20日、21日、25日、50日、75日、100日、200日など
週足 13週、26週、52週など
月足 12ヶ月、24ヶ月、60ヶ月など

各時間足における期間(数値)の考え方としては、 キリが良い数値が使われることが多い という点です。

  • 15分足 で4本の期間の場合は、1時間分の移動平均線が表示されます。
  • 1時間足 で24本の期間の場合は、1日分の移動平均線が表示されます。
  • 日足 で、5本の期間の場合は、5日分(1週間分)の移動平均線が表示されます。

移動平均線「期間」はどの数値が良い?

  • 短期移動平均線: 5、8、12など
  • 中期移動平均線: 20、25、75など
  • 長期移動平均線: 100、200など

移動平均線の期間

移動平均線の「種別」

  • 単純移動平均線(MA) :MT4の表記は「Simple」
  • 指数移動平均線(EMA) :MT4の表記は「Exponential」
  • 平滑移動平均線(SMMA) :MT4の表記は「Smoothed」
  • 加重移動平均線(WMA) :MT4の表記は「LinearWeighted」

加重移動平均線について 移動平均線の種類

単純移動平均線(MA又はSMA)

単純移動平均線は、 過去の一定期間における終値の平均値 で算出されています。
例えば、日足チャートにおける21MAであれば、過去21日分の終値の平均値がチャートに表示されます。

SMA = SUM (CLOSE (i), N) / N

  • SUM = 合計
  • CLOSE (i) = 現期間の終値
  • N = 計算に使われる期間の数

指数移動平均線(EMA)

指数移動平均線は、 過去の一定期間における終値の平均値に平滑化定数を掛けて 算出されています。
価格の動きに遅れを取る単純移動平均線の問題を解決する為に考え出された移動平均線です。

EMA = (CLOSE (i) * P) + (EMA (i -1) * (1 – P))

  • CLOSE (i) = 現期間の終値
  • EMA (i -1) = 1つ前の期間の移動平均の値
  • P = 価格の値を使用するパーセント

平滑移動平均線(SMMA)

平滑移動平均線は、 EMAを改良した移動平均線でSMAやEMAよりもなめらかな平均線になります。
単純移動平均線よりも長期的なトレンドを見るのに役立ちます。

SMMA = (SMMA (i -1) * (N -1) + CLOSE (i)) / N

  • SMMA (i-1) = 1つ前の足の平滑移動平均
  • N = 平滑化期間
  • CLOSE (i) = 終値

加重移動平均線(WMA)

加重移動平均線は、 指数移動平均線よりも直近の価格を重視した移動平均線です。
期間毎に各終値を掛け合わせて計算され、直近価格のデータが一番大きくなります。

LWMA = SUM (CLOSE (i) * i, N) / SUM (i, N)

  • SUM = 加重移動平均線について 合計
  • CLOSE(i) = 終値
  • SUM (i, 加重移動平均線について N) = 重み係数の合計
  • N = 平滑化期間

どの移動平均線「種別」を使うのが良い?

EMA

どれを使っても問題ないですが、世界的には 「EMA(指数移動平均線)」が最も多く使われています。 (日本国内に限ると、単純移動平均線が多く使われています)
単純移動平均線よりも直近の値動きに早く反応する為、短期売買をするときは 売買のタイミングを逃すことが少なくなる為です。
加重移動平均線について

移動平均線の設定まとめ

移動平均線をMT4/MT5へ表示するには?

MT4移動平均線表示

取引プラットフォームのMT4/MT5には、標準で移動平均線(Moving Average)が備わっています。
移動平均線をMT4/MT5へ表示するには、画面左側の「ナビゲーター」から 「インディケータ」→「トレンド」→「Moving Average」を選択し、表示させたいチャートへドラッグ・アンド・ドロップ するだけと簡単です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる