初心者向けFXトレード

分析方法や分析ツールについて解説

分析方法や分析ツールについて解説
広告手段の例としては、SNSの拡散や口コミサイトへの掲載が挙げられます。
ロイヤルユーザーが広告をすることで、 新規顧客の目に留まる可能性が増える のです。

Googleアナリティクス4って何? 変更点と新たにできるようになることを解説!

現在使用されているUAは、2013年にリリースされたサービスです。当時と比較すると、ユーザーがインターネットを閲覧する行動や、環境が様変わりしているというのがリニューアルの背景にはあります。 近藤さんによると、UAから変わった点としては、取得可能なデータ、デバイスを横断した計測、レポート画面、機械学習の大きく4つだと言います。 【取得可能なデータ】 UAでは、サイト内のクリックやページスクロールなどのイベント計測を個別に設定することができましたが、その設定にはスキルが必要なため、収集されていないことが多い状況でした。 しかし、GA4では機能改善がなされ、動画再生やスクロール等ページ内での行動が自動的に習得できるようになりました。これは、 現代のウェブ閲覧行動の多様化に対応したもので、ページ閲覧数よりもページ上でどんな行動をしたかが重視されるようになったからです。 【デバイスを横断した計測】 従来、スマホとパソコンなど、異なるデバイスでサイトを閲覧した場合、別々の訪問としてカウントされていましたが、GA4では、デバイスが違っても同じユーザーとしての認識が一部可能になりました。 【レポート画面】 UAでは100近くレポート項目がありましたが、GA4では20未満と大幅に減少。シンプルで見やすくなった一方、気になる項目は、自分でカスタムレポートを作成することが必要となりました。 「見たいポイントが人によって違うので、レポートを自分で作ってねという方式に変わっています。なので、はじめに自分に合ったレポートを作るっていうところがすごく苦労する点かなと思います」 【機械学習】 データを読み解き、打ち手に繋げるスキルが今まで必要でしたが、機械学習を使って成果の予測をたてたり、成果に繋がりやすいお客さんに広告を出したりできる機能が新たに追加されました。 また、近年クッキー規制や広告のトラッキングを自分で拒否することなどが当たり前になってきたことに伴い、クッキーを使って今まで取っていたデータがとれないケースが出てきました。その場合のデータの欠損も機械学習で補うことができ、分析の観点とユーザーのプライバシー保護の観点の両方をカバーしているアップデートです。 このようにUAと比較すると、用語、見るべき指標、計測のルール等が、まるで別ツールかのように大きく変化しているため、移行を難しいと考える人も一定数います。 しかし近藤さんは、GA4では出来ることがかなり増え、より人の実態に即したデータが取れると期待しており、今すぐに移行に向けて行動した方がいいと考えています。 「移行はデメリットではなく、今まで知りたかったけれど知れなかった、ページ内のふるまいや行動が計測できるようになったので、よりマーケティングに使えるというのが、一番大きな変革だと思います」 「2022年の6月末までに設定をしておけば、2023年の7月以降も昨対(昨年対比)の数値がとれるので、可能であれば今年の6月までにデータだけは取れるようにしておきましょう」 また、設定だけではなく、セミナーを開いている会社や、情報発信をしている個人がいるので、情報収集を積極的にして、今から新しいものを触っておいて慣れておくのがおすすめだそうです。 かく言う近藤さんも、GA4はまだまだ勉強中ということです。 「今までGAを触ってきた方より、初めてアクセス解析に触れる人の方が、新しいものを0ベースで触るので飲み込みが早いんじゃないかなと思います」 ぜひこれを機に、初心者の人ほど解析にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

競合サイトの調査方法とは?使われる指標や調査方法などを解説

SEO

お問い合わせはこちら

競合サイトの調査を行う理由

競合他社の戦略が想定できる

ニーズ調査などに活用可能

競合調査で使用される指標

アクセス数

キーワード検索

競合サイトを見つける方法

自社サイトで重視するキーワードを決定する

決めたキーワードで検索上位のサイトを調査する

競合サイトを調査するメリット

注目を集めるホームページ作成のための情報を得られる

競合他社の顧客像などが把握できる

競合サイトの調査で活用できるフレームワーク

• Consumer(コンシューマー)……消費者
• Cost(コスト)……費用
• Convenience(コンビニエンス)……利便性
• 分析方法や分析ツールについて解説 Communication(コミュニケーション)……意思疎通

SWOT分析

• Strength(ストレングス)……強み
• Weakness(ウィークネス)……弱み
• Opportunity(オポテュニティ)……機会
• Threat(スレット)……脅威

VRIO分析

• Value(バリュー)……価値
• Rarity(レアリティー)……希少性
• Imitability(イミタビリティ)……模倣可能性
• Organization(オーガナイゼーション)……組織

バリューチェーン

人気の競合サイト調査ツール

Gyro-n SEO

• スタータープラン:月額500円 ※3か月無料利用可能
• ライトプラン:月額4,500円
分析方法や分析ツールについて解説 スタンダードプラン:月額9,600円
• プレミアムプラン:月額16,800円

SimilarWeb

eMark+

• 自社や競合サイトに訪れたユーザーの細かな属性がわかる
• PCユーザー20万人、スマホユーザー10万人からなる独自データ
• モニター会員へのアンケートも可能

• eMark+ Free:無料
• eMark+:初期費用10万円、月額10万円~
• eMark+ Pro:初期費用30万円、月額30万円~
• eMark+ Premium:初期費用30万円、月額45万円~

• 年齢や性別
• 職業や収入
• 居住地や家族構成

ahrefs

• 14兆の膨大なリンクデータにより、被リンクを調査
• 想定流入キーワードやSNSのリアクションがわかる
• キーワードごとのボリュームを把握できる

• ライト:月額99$ ※7日間7$のトライアル期間あり
• スタンダード:月額179$ ※7日間7$のトライアル期間あり
• アドバンスド:月額399$
• エージェンシー:月額999$

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる