取引ツール

海外FXでトレーリングストップは不利

海外FXでトレーリングストップは不利
MetaTrader 海外FXでトレーリングストップは不利 5ウェブプラットフォームは、デスクトップターミナルをインストールすることが不可能、またはモバイルアプリケーションを使用することができない場合に不可欠なものです。お好きなOS(Windows/Mac/Linux)のお好きなブラウザから、FXや株式市場の取引をすることができます。市場の分析を詳細に行い、発注をしましょう。アプリケーションをダウンロード/インストールせずに、MetaTrader 5の幅広い機能をお使いいただけます。あなたに必要なものは、インターネットへの接続のみです。

IFC Markets|詳細情報|海外FXの口座開設なら海外FXお役立ちガイド

IFC Markets は IFCM ホールディンググループの傘下企業で、2003年からFXサービスを提供しています。 同グループは投資会社を複数運営しており、銀行とのコネクションが強い点も IFC Markets で取引するうえで大きな利点になっています。 入金1ドル&100通貨単位からの取引というハードルの低さと丁寧な日本語サポートがあり、初心者にも利用しやすい海外FX会社です。顧客資金に保険をかけたり、追証を請求しないゼロカットを採用しており資金保全も万全です。

メタトレーダー4 と NetTradeX の2つの取引ツールを提供しており、MT4 提供業者では珍しい固定スプレットを採用しています。 取引銘柄(FX/貴金属/CFD)を豊富に取り揃えていることでも知られており、フリーマージンに対して最大7%の利息を付与したり、NetTradeX では独自の通貨ペアを作成しポートフォリオを組めるなど、ユニークで魅力的なサービスが提供されています。 2017年にはMT5デモ口座を、そして2018年4月にはNetTradeX向けに変動スプレッド口座を提供、そして2018年6月にはMT5リアル口座を提供開始するなど、日々サービスレベル向上に努めています。

総合ランキング 総合評価 レバレッジ スプレッド 簡単口座開設 サポート 入出金
11 77/100 C B A B B
  • ハイブリット型DMA/STP方式
  • 初心者安心の最低入金額と最小取引量
  • 入念な顧客資金保全
  • 業界最高レベルのCFD銘柄数
  • 独自ペアを作れる「合併商品」

ハイブリット型DMA/STP方式

IFC Marketsの注文執行方式は、DMA方式とSTP方式を注文サイズによって使い分けています。どんな取引量であっても、ディーリングデスクなしの注文処理を利用できることには変わりありません。
1)1,000万ドル相当以上の大規模注文:リクイディティプロバイダーへ直結のDMA方式
2)100万ドル~1,000万ドル相当の中規模注文:インターバンク市場で流すSTP方式

初心者安心の最低入金額と最小取引量

IFC Markets (IFCM) は、NetTradeX Beginner口座(ビギナー口座)とMT4 Micro口座(マイクロ口座)で、海外FX業界最小レベルの入金額と取引量を設定しています。
両口座タイプでは、100円からの最低入金が可能です。
NetTradeXビギナー口座では、さらに、100通貨からの取引も可能となっています。

HyperSpeed NEXT トレール注文・時限成行注文の便利な使い方

「トレール」とは、「追跡」という意味です。トレール注文とは、レートの上昇・下落を追跡して、自動的に決済注文価格が変動する決済専用の注文方法です。 相場が有利な方向(利益が増加または損失が減少する方向)に動いた場合には、決済価格も相場を追跡して有利な価格に変更 されます。 相場が不利な方向(利益が減少または損失が増加する方向)に動いた場合には、変動せず最後に変更された価格 に留まります。トレール注文では、この相場に追随する値幅(トレール幅)を設定して注文します。

例えば、買のポジションを持っているときに「トレール幅=50銭(pips)」でトレール注文を出したとします。
レートが上昇(有利方向に変動)した場合は、決済価格も現在レートから50銭の幅を保って一緒に上昇していきます。レートが下落(不利方向へ変動)した場合は、決済価格は変わりません。レートが有利に動く限りその利益を追っていくことができ、 一番有利になったレートから50銭下回ったところで決済 することが可能なのです。

買建玉にトレール注文を発注した場合のイメージ

逆に売のポジションに対して「トレール幅=50銭(pips)」でトレール注文を出したとすると、レートが 海外FXでトレーリングストップは不利 下落(有利方向に変動)し続ける限りは決済されず、 レートが最安値から50銭上昇(不利方向に変動)した場合に 決済 されます。

売建玉にトレール注文を発注した場合のイメージ

トレール注文は便利な機能ですが、トレール幅をどのくらいに設定するべきかは相場の状況により考えてください。 トレール注文は逆指値と同様の効果 がありますので、激しく動いているときに トレール幅を狭くしすぎるとすぐに決済(損切) になってしまいます。逆に、なるべく決済されないように 海外FXでトレーリングストップは不利 トレール幅を広くしすぎると、取れていたはずの利益が少なくなったり、損切となったりする 場合があります。

ストリーミング注文+トレール注文で利便性向上!
新規のストリーミング注文と同時に、決済のトレール注文を発注することができます。

例えば、為替相場が大きく動いている時、新規注文と同時に決済のトレール注文を出しておくと……
・為替相場のトレンドに乗って大きく値上がり(値下がり)してから決済できる
・ポジション成立後、急激にトレンドが反転するケースに備えたリスク管理ができる(逆指値と同様の効果)
というように、トレード時の利便性が向上します。

トレール注文を出してみましょう!

ではトレール注文の発注方法を見ていきましょう。
※トレール注文は「HyperSpeed NEXT」からのみ発注、変更、取り消しが可能です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる