外国 為替 取引 と は

取引の考え方

取引の考え方
実際には「みなし額面」などの調整が入ることが多い

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

株を売るタイミングの考え方について質問です。

米国株取引を始めて3ヶ月の初心者です。8銘柄中、買った時より上がった株と下がった株が半々くらいですが、全体としては30%くらい増えているので嬉しいです。

買ってからどうするのかまで考えずに買ってしまい、利確も損切もしたことがありません。
今、慌てて、買った後、どうしたらいいのか勉強しはじめました。

損切は、将来性がない=下がっていく、横這いの株の処分。持っても損するから、売って、もっと儲かりそうな株を買うということで納得しました。

問題は利確です。いつしたらいいのか、その考え方がわかりません。

株の基礎の本みたいなのには、20%上がるのが目安で利食いって買いてありました。

でも、私が買った株には、2倍になった銘柄が2つ、1.5倍になった銘柄が1つあり、現状に合いません。

株の銘柄別掲示板を見てると、「今日、瀑上げしたから利確した」といった書き込みをよく見るので、実は、私は既に利確した方が良かったのかなと疑問がわいてきました。

株価は、上げるとだいたい下がります。

上げ下げしながらも右肩上がりで成長していく株を、まだかなり安い株価の時に買っていた場合、ちょっと急に上がったからといって利確してしまうと、下がるのを待ってまた次に買う時は、最初に買った時より高い株価になるので、もうこれ以上は上がらないと判断しない限りは保持するものと思っていました。 取引の考え方

でも、ある程度上がったら一旦利確。その後、すこし下がるのを待って、利確したお金100%再投資すれば、株数は増やせる可能性があるから、そのまま持ち続けず、とにかく瀑上げしたら一旦利確した方が良いと考えるものなんでしょうか?

頭の中が自分でもごちゃごちゃしていて、すっきり質問できていなくてすみません。

とにかく、株の売るタイミングの考え方について、何でもいいので教えて下さい。

回答が長くなるから、この本を読め!とかでもうれしいです。

よろしくお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

貴方の疑問は、株式投資をしたことある人なら誰しもが通る疑問だと思います。
そもそもどこで売るのが正解なんてものはなくて、貴方の投資スタイルがどうなのかによります。
自分のスタイルは、デイトレードなのかスイングでやりたいのか、長期保有なのか、配当に期待してずっと持つのか。これらをミックスするのか。
自分のスタイルを決めたら今度は、企業業績を重視したファンダメンタルズなのか、ローソク足や移動平均線などのテクニカルでやるのか、ミックスさせるのかを決めます。
投資スタイルをまず決めた上で、いつ、どのタイミングで売るのかを決めたら良いと思います。
私はスイングトレードで業績やトレンドを意識しつつ、テクニカルの手法でやってます。テクニカルでやると売り時が明確になるので、もうちょっと上がると思うという希望的観測が抑えられるので、良いと思ってます。 取引の考え方

取引の考え方

1 優越的地位の濫用に対する法規制
独占禁止法(正式には「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」といいます)は、一般消費者の利益を確保するとともに、国民経済の民主的で健全な発達を促進することを目的として、公正かつ自由な競争を制限するおそれのある事業者や事業者団体の様々な行為を規制しています。今回取り上げた取引の当事者間における優越的地位の濫用行為は、同法第19条に定める「不公正な取引方法」の一つとして、禁止されています(※)。
平成21年の同法改正により、公正取引委員会は、優越的地位の濫用行為を継続して行った事業者に対しては、違法行為の是正等を命じる排除措置命令に加え、違反期間中(3年を超える場合は3年を限度とする)の売上額の1%に相当する額の課徴金納付命令を発令できることになりました。すでに外資系の玩具販売店、地方の大手スーパーおよび業界第2位の家電量販店に対して、数億円から数十億円もの課徴金納付を命じた実例が出ています。

2 禁止される行為とその類型
優越的地位の濫用行為とは、自己の取引上の地位が相手方に優越していることを利用して(優越的地位)、正常な商慣習に照らして不当に、法第2条9項5号イロハのいずれかに該当する行為をすること(濫用行為)をいいます。
具体的には、①商品の購入または役務の利用の強制、②協賛金等の負担の要請、従業員等の派遣の要請、その他経済上の利益の提供の要請、③商品または役務の受領拒否、返品、支払遅延、減額、取引の対価の一方的決定、やり直しの要請、その他取引条件の不利益設定等がこれにあたります。
ご相談のケースでは、納入先である大手小売業者が継続的に無償で従業員等の派遣を受けていたわけですから、②の類型に該当する疑いが強いといえます。また、代金減額と返品の要請をしてきた点は、③の類型に該当する可能性が高いといえるでしょう。
これらの行為があったときに、さらにどのような条件が満たされれば違法となるのかについては、公正取引委員会の平成22年11月30日付け「優越的地位に関する独占禁止法上の考え方」(以下「考え方」)が参考になります。
まず、「優越的地位」に関して、この「考え方」によると、「甲が取引先である乙に対して優越した地位にあるとは、乙にとって甲との取引の継続が困難になることが事業経営上大きな支障を来すため、甲が乙にとって著しく不利益な要請等を行っても、乙が受け入れざるを得ないような場合」をいい、その判断においては、個別具体的な事情、とりわけ甲の乙に対する取引依存度、甲の市場における地位、乙にとっての取引先変更の可能性、その他甲と取引することの必要性を示す具体的事情を考慮するものとされています。
誤解を恐れずに要約すると、様々な理由によって特定の取引先と取引を行う必要性が高いために、その要請を断れないほど取引先の立場が強い場合がこれにあたります。
「考え方」に記載されたでは、業界第2位のコンビニエンス・ストア・チェーンや総資産額第1位の銀行などが取引先との関係で優越的地位にある者とされていますが、より小規模の事業者でも排除措置が命じられた例がありますので、ご相談のケースでも納入先の小売業者の優越的地位が肯定される可能性があります。
次に、「濫用行為」ですが、「考え方」によれば、公正な競争秩序の維持・促進の立場から是認される正常な商慣習に照らして不当と判断されるものをいいます。上記の①から③の各行為は、濫用行為とされる可能性の高い行為を類型化したものですが、これらが公正な競争秩序の維持・促進の立場から正当なものと是認される場合には、濫用行為には該当しません。
ご相談のケースでは、納入業者は、納入先の小売業者から従業員等の無償派遣を要請され、これに応じてきていますが、そのような商慣習が現にあるというだけで納入先の行為が正当化されるわけではありません。従業員等の無償派遣による負担が納入業者にとって販売促進につながるなどの直接の利益の範囲内に収まっており、かつ、納入業者としても自由な意思で納入先の要請に応じてきたような特別の事情がない限り、小売業者の要請は、正常な商慣習に照らして不当に納入業者に不利益を与えるものとして、濫用行為と判断される可能性が高いでしょう。
納入先からの商品の納入価格の一律数%カットと売れ残り商品の返品の要請についても、事前に当事者間の契約書等で代金減額や返品の条件についての自由な合意が成立している場合や、納入業者の債務不履行、商品の瑕疵等の特別の事情がない限り、濫用行為にあたるといってよいと考えられます。

3 優越的地位の濫用行為への対処法
優越的地位の濫用行為に該当するか否かは、取引実態に即して個別具体的に判断されますので、事業者が判断することは容易ではありません。仮に違法行為に該当する可能性が高いと考えられるケースでも、取引継続への期待や制裁の可能性を考慮するなどして、泣き寝入りしてきたというのが実情でしょう。しかし、それでは自社の利益や雇用を守ることはできません。
中小企業がご相談にあるような要請を実際に受けたときに、どのような対処が可能か考えてみましょう。
まず、取引先との契約書に取引条件が明示されていれば、それに反するような要請は拒絶できます。契約書がなくても、民法や商法上義務のないことを強要されたときは拒絶できますね。とはいえ、優越的な地位にある相手ですので、面と向かって言いにくい、というときには、専門家である弁護士の助力を得て交渉に臨むことが考えられます。
公正取引委員会に通報したり要請を拒んだことを理由に不利益な取扱いをすることは、それ自体独占禁止法に違反する違法行為です。取引先が制裁をちらつかせてきたときは、迷わず公正取引委員会に相談・申告することを検討するべきです。
近年、公正取引委員会が積極的に優越的地位の濫用行為の摘発を行っていることは、取引上の地位が勝る相手と取引をすることの多い中小企業にとっては追い風といえます。優越的地位の濫用行為を続けても決して得にはならないということを理解してもらえるまで、ねばり強く交渉したいものです。

国内株式のリスクと費用について

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込) 取引の考え方
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

    取引の考え方
  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

【株価とは?】決まり方から時価総額との関係性までやさしく解説

株価とは

実際には「みなし額面」などの調整が入ることが多い

  • 日経平均株価
  • TOPIX(東証株価指数)
  • S&P500

①日経平均株価

日経平均株価とは、日本経済新聞社が東証プライム市場に上場している企業から選んだ225銘柄の平均株価のことです。

  • ファーストリテイリング(9983)
  • 東京エレクトロン(8035)
  • ファナック(6954)
  • ダイキン工業(6367)
  • 富士通(6702)

②TOPIX(東証株価指数)

TOPIX(東証株価指数)とは、①東証一部に上場していた全銘柄と②新たに東証プライム市場に上場/市場区分を変更した銘柄の合計時価総額を対象とした指標です。

日経平均株価TOPIX
発表元日本経済新聞社東京証券取引所
対象銘柄225銘柄2,000銘柄以上
指数算出方法株価平均型時価総額加重型

③S&P500

S&P500とは、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが公表している米国の代表的な株価指数の1つです。

日本とアメリカの代表的な株価指数new

NYダウと比較しても銘柄数が多いことから、 取引の考え方 S&P500は「アメリカ版のTOPIX」 と考えておけばOKです。

  • アップル
  • マイクロソフト
  • アマゾン・ドット・コム
  • フェイスブック
  • アルファベット(Google)

指数連動型の投資は「ETF」がおすすめ

指数連動型の投資商品はいくつかありますが、中でもおすすめなのは 取引の考え方 「ETF(上場投資信託)」 です。

    取引の考え方
  • コストが低い
    →投資信託に比べて信託報酬が安いものが多い
  • リスクを軽減しやすい
    →様々な銘柄に投資でき、分散効果を得やすい
  • 値動きがわかりやすい
    →市場の動きに連動するため、安心して投資できる

ETFは1万円程度の少額からでも購入できるため、投資が初めての方も家計に負担をかけることなく取り組めますよ。

ETFにおすすめのネット証券2選

株価とは?まとめ

  • 株価は株式1つあたりの値段で、需要と供給で決まる
  • 時価総額=株価×発行済み株式数。企業価値を計る際に使われる
  • 指数連動型の投資には「ETF」がおすすめ

投資をする上で株価の理解が深まっていないと、 投資のタイミングが掴めずにかえって損をしてしまう可能性 もあります。

本サイトのLINE公式アカウントでは、あなたの投資生活をサポートする役立つ情報発信を行なっています。

投資をするならIG証券

取扱金融商品が豊富なことや、CFD取引が充実していることから、人気を集めています。

\当サイト限定のレポート/

「いろはに投資」経由で口座開設&取引をすると、「2022年 投資戦略のいろは」を手に入れることが出来ます。
株価推移や商品価格など、2022年の投資戦略に役立てましょう!

取引の考え方

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

Podcast

“ 【株価とは?】決まり方から時価総額との関係性までやさしく解説 ” に対して8件のコメントがあります。

コメントを残す コメントをキャンセル

出来高とは_アイキャッチ

出来高とは?株価と出来高の関係や活用方法を解説!

格付けアイキャッチ画像

【基礎解説】格付けとは?格付け会社や国債の格付けを紹介!

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

FP危険(アイキャッチ)

Podcast更新情報

法人クレカのおすすめは?

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(取引の考え方 株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

【初心者必見】株式投資とは?株主の権利やメリット・デメリットをわかりやすく解説

プロフィール:
中田FP事務所 代表/CFP®認定者/終活アドバイザー/NPO法人ら・し・さ 正会員/株式会社ユーキャン ファイナンシャルプランナー(FP)講座 講師/元システムエンジニア・プログラマー
給与明細は「手取り額しか見ない」普通のサラリーマンだったが、お金の知識のなさに漠然とした不安を感じたことから、CFP®資格を取得。
現在、終活・介護・高齢期の生活資金の準備や使い方のテーマを中心に、個別相談、セミナー講師、執筆などで活動中。

auじぶん銀行からの商品・サービスのご案内

100円から投資をはじめよう

auカブコム証券

人気記事ランキング

  1. 1 インフレとは何のこと?インフレのメリット・デメリット
  2. 2 ローン返済額みんなの平均はいくら?「住宅購入とお金」全国実態調査
  3. 3 利回り、金利、利子、利息。違いは分かる?
  4. 4 リボ払いは損?仕組みと手数料の計算方法を解説
  5. 5 1日4回のチャンスを狙う!為替が動きやすい時間帯とは

関東、関西在住 小中学生の子どもを持つ親に調査!教育・受験とお金事情
(執筆者:auじぶん銀行)

【初心者必見】株式投資の配当金の仕組みと受取方法について
(執筆者:中田 真(ファイナンシャルプランナー))

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる